日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●大ヒットドラマ『逃げ恥』のパクリ疑惑が持ち上がった韓国の人気ドラマ

f:id:hs34728:20171121082918p:plain

昨年の今頃にTBSで放送され、最終回では視聴率20.8%を記録するなど大ヒットしたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。

恋ダンス」が社会現象になったことも記憶に新しいが、放送終了から約1年が経ったいま、お隣・韓国で『逃げ恥』がちょっとした注目を集めている。

 

韓国でも放映されて話題に

そもそも『逃げ恥』は昨年末の放映時に韓国のケーブルテレビ局『チャンネルW』で放映。日本から1週間遅れて放送されていた。しかも、日本との放映の時間差を少しでも短縮するために、毎週金曜日に最新話を字幕なしで放送していたほどだ。

 

ただ、放映終了から1年が経って韓国でふたたび注目を集めるようになった理由はいただない。ケーブルテレビtvNで今、毎週月曜・火曜に放送中のドラマ『この人生は初めてなので』が、『逃げ恥』とそっくりだと言われているのだ。

ケーブルテレビ局放映のドラマとしては異例とも言える3.8%の高視聴率記録している『この人生は初めてなので』は、IT企業に勤める草食系男子ナム・セフィ(イ・ミンギ)が、“家なし職なし”の文系女子ユン・ジホ(チョン・ソミン)と契約結婚を交わすストーリー。

ナム・セフィは、論理的かつ無感情に話をする、コミュニケーションが苦手な男性だ。異性に関心がなく、結婚にも否定的だった彼がユン・ジホとの契約結婚を決断した理由の一つは、彼女が掃除オタクであることだった。

 

「放送を重ねるごとに加熱する盗作疑惑」

こうしたストーリーや登場人物のキャラ設定は、どこか『逃げ恥』を想起させるが、似ている点はほかにもある。劇中には、主人公の二人がバスの中で結婚について相談するシーンや、会社の同僚たちが偽装結婚を疑う場面も登場するのだ。

それだけに韓国メディアも、「『この人生は初めてなので』、日本のドラマを書き写した?」(『文化日報』)、「『この人生は初めてなので』、放送を重ねるごとに加熱するパクリ疑惑」(『スポーツ京郷』)と、逃げ恥との類似性にスポットライトを当てている。

韓国では何かと日本作品と類似した作品が俎上に上がるが、『この人生は初めてなので』もその疑惑がかけられたのだ。

 

同作に盗作疑惑が持ち上がった一因には、脚本を担当したユン・ナンジュン氏が、過去にも同様の疑いをかけられてきたこともあるだろう。

2010年に放送されたドラマ『カタツムリ考試院』は高野秀行の小説『ワセダ三畳青春記』と、同年放送のドラマ『偉大なケチュンビン』は、奥田英朗の小説『空中ブランコ』の盗用だと批判されていた。

韓国には、過去にも三島由紀夫作品の盗用疑惑にさらされた大物女性作家がいたが、ユン・ナンジュン氏も同じように盗作疑惑がかけられているのだ。

 

放送局は「リメイクでも盗作でもない」と反論

もっとも、翻って言えばそれだけ韓国における『逃げ恥』の知名度が高いとも言える。実際、視聴者からは「『逃げ恥』がなかったとしたら、このドラマ(『この人生は初めてなので』)は生まれていただろうか」との感想も寄せられている。

韓国で『逃げ恥』が放映されていた頃、「35歳の独身男、就活に失敗した妄想女、世話焼きの叔母に優雅な独身貴族など、韓国でも通用するキャラ設定がいい」という声があったが、いっそのこと、「このドラマは『逃げ恥』のリメイク」したほうが、いらぬ疑惑も招かなったような気もする。

韓国では日本ドラマのリメイクが多いだけに、そのほうが余計にスムーズだったのではないか、と。

 

ただ、tvN側は「リメイクでも盗作でもない」と反論しているが、それでもドラマを見た視聴者は『逃げ恥』を思い浮かべてしまう。盗作疑惑の真相は知る由もないが、いずれにしても、いまなお韓国において『逃げ恥』のインパクトが強烈に残っているということは間違いなさそうだ。

 

 

広告を非表示にする

【産経抄】騒げば騒ぐほど、世界は韓国の過去の悪行に注目する 11月11日

http://www.sankei.com/column/news/171111/clm1711110003-n1.html

 

9月19日付小紙朝刊は、ベトナム戦争に派遣された韓国軍兵士が、現地女性を性的暴行するなどして「ライダイハン」と呼ばれる混血児が生まれた問題を取り上げていた。岡部伸ロンドン特派員が、英国に犠牲者を救うための民間団体が設立されたことを報じた記事である。

 

▼この団体によると、韓国兵が13、14歳の少女を含むベトナム女性数千人を暴行した結果、生まれたライダイハンは5千~3万人に上るという。ベトナム戦争終結後は置き去りにされ、共産党政権下で「敵国の子」として差別、迫害された。

 

▼やりきれない歴史の暗部だが、悲劇はそれだけではなかった。記事を読んだ「シンクタンク戦略大学」の北岡俊明代表が、小欄に『ベトナム戦争の韓国軍の大量虐殺事件を世界に告発する』と題する冊子を送ってくれた。北岡氏らが平成25年と26年、ベトナム各地で調査した内容をまとめたものである。

 

▼北岡氏らが各地の犠牲者の名前が刻まれた慰霊碑を調べたところ、犠牲者は二千数百人を数えた。慰霊碑や墓が存在しない犠牲者や、未調査地域を含むベトナム全土では1万~3万人に達すると冊子は推定している。

 

▼特に1004人もの犠牲者が出た中部・ビンアンの慰霊碑には、暴行され火に焼かれて殺される少女の姿や、機関銃で住民を撃ち殺す韓国兵を描いた壁画も設置されている。にもかかわらず、韓国政府はこれまでベトナムに対し、謝罪の意を文書で示したことはない。

 

▼日本の官憲が強制連行したわけでも性奴隷にしたわけでもない慰安婦について、韓国が騒げば騒ぐほど、世界は韓国の過去の悪行に注目する。トランプ米大統領との晩餐(ばんさん)会に元慰安婦を招いた文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、かえって墓穴を掘ったのではないか。

 

 

 

 

広告を非表示にする

●中国人が海外に持ち出してはいけない8つの習慣

                                       f:id:hs34728:20170727092046p:plain

2017年11月10日、今日頭条は「中国人が海外に持ち出してはいけない8つの習慣」とする記事を掲載した。

まずは「大声で話してはならない」こと。記事は、仏パリの観光名所に中国語で「静かにしてください」と注意書きが張られていることを紹介。「中国人は食事の時も大声で話し、買い物中も騒がしく討論する。公共の場で大声で電話をかける。静けさを好む外国人には迷惑だ」とした。

次に「安いものに群がらない」こと。「外国では試食コーナーをよく見るが、中国人がいると悲惨になる」とし、「無理やり割り込んだり、知り合いを大声で呼んだりするからだ」と説明した。

3つ目は「買う時にしつこく選ばない」こと。「果物などをひとつひとつ触ってこねくり回してはいけない。せっかく箱にきれいに並べられていても台なしだ。スーパーの卵も同様」と指摘した。

4つ目は「バスや電車で席取りをしない」こと。米サンフランシスコのケーブルカーは、優先席に中国語で「高齢者や障害者の席です」と書かれているという。

5つ目は「許可なく写真を撮らない」こと。これも中国人がやってしまいがち。記事は「観光地や他人を写す場合は必ず事前に了解を得よう」と呼びかけている。

6つ目は「ホテルのロビーのソファでは寝ない」こと。米ロサンゼルスのホテルのロビーで、ソファに大の字で眠る中国人女性を見て、従業員が「病気か」と驚いたこともあるというエピソードを紹介した。

7つ目と8つ目は「ところかまわず用を足さない」ことと、「トイレで用を足したらきちんと水を流す」こと。パリのルーブル美術館には、こうした行為に注意するよう促す中国語の張り紙が張られているという。

記事は、「似たようなケースは多くある。最近は少なくなった事例かもしれないが、中国が『礼儀の国』であることをお忘れなく」と訴えている。

 

(翻訳・編集/大宮)

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

●中国人に影響を与えた日本のアニメTOP10

中国人に影響を与えた日本のアニメ

中国版ツイッター・新浪微博は5日、「中国人に影響を与えた日本のアニメTOP10」と題したコラムを掲載した。コラムは新浪微博から認証を受けたアカウントの執筆によるもので、同アカウントは日本のアニメや漫画に関して数多くのコラムを発表している。

同コラムで10位に選ばれたのはジブリの名作千と千尋の神隠し

 9位は2016年まで連載していたBLEACH(ブリーチ)」

8位には野球漫画の名作「タッチ」

 

7位は日本の長寿アニメちびまる子ちゃんが選ばれた。
海外で多くのファンを持つONE PIECE(ワンピース)」は意外にも6位で、ワンピースにも劣らない人気作である

 NARUTO -ナルト-は5位だった。

4位には日本のサッカー漫画の代名詞といえるキャプテン翼が入り、

 

実写化や映画化など近年になっても話題が尽きないドラゴンボールが3位に入った。

 

2位はバスケ漫画の金字塔といっても過言ではないスラムダンクが選ばれ、栄えある

 

1位はドラえもんだった。

ランキングは作者の個人的な意見の性質が強いが、近年の人気作から過去の名作など、日本のアニメや漫画が幅広く中国人に受け入れられていることを垣間見ることができる。(翻訳・編集/内山)

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

●文在寅(ムン・ジェイン)が「米国は韓国の同盟だが日本は同盟ではない」と明言した

f:id:hs34728:20171106120654j:plain

                                                 f:id:hs34728:20171106120728j:plain

f:id:hs34728:20171106120850j:plain

 

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が9月に米ニューヨークで行われた韓米日首脳会談で「米国は韓国の同盟だが日本は同盟ではない」と明言したと、青瓦台(大統領府)関係者が5日、聯合ニュースに明らかにした。文大統領の発言に対しトランプ米大統領は「理解する」と答えたという。

文大統領が日本との同盟関係について明確に線引きをしたのは、韓米日3カ国の安全保障の協力が軍事同盟に発展することは受け入れられないとの立場を強調するためとみられる。

文大統領は3日、シンガポールメディアとのインタビューでも、北朝鮮の核・ミサイルを巡る韓米日の連携について、「軍事同盟の水準にまで発展することは望ましくない」との見解を示した。

これは韓米日軍事同盟に対する中国の懸念を払拭(ふっしょく)すると同時に、軍事同盟を結ぶほど韓日関係が整理されていないとの判断を示したものと受け止められる。

旧日本軍の慰安婦問題に対する責任を日本がきちんと果たしていないといった韓国の国民感情を踏まえて同盟は考慮できないとの立場を示したものだ。

軍事同盟となれば合同軍事演習で日本の自衛隊が韓国の領海や領空に入ることになるが、韓国の国民感情的に受け入れるのは難しい上、朝鮮半島で有事が発生した場合に自衛隊朝鮮半島入りする根拠となる点も懸念される。

青瓦台関係者は「国民感情から日本との関係は制限的な協力関係にならざるを得ない。軍事同盟にまで発展すれば国民が受け入れられない」と強調した。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

●バカタレ、こちらこそお断りだ。勝手に自滅しろ。

f:id:hs34728:20170209224312j:plain

                                          f:id:hs34728:20170209231531j:plain

f:id:hs34728:20170331213241j:plain

文大統領「韓米日連携が同盟になること望ましくない」 日本に警戒感も

11/3(金) 21:59配信

 

【ソウル聯合ニュース

韓国の文在寅(ムン・ジェインは3日、北朝鮮の核・ミサイルを巡る韓米日3カ国の連携について、「軍事同盟の水準にまで発展することは望ましくない」との見解を示した。

東南アジア歴訪を前にシンガポールメディアと行ったインタビューの中で述べた。文大統領は北朝鮮核問題を理由に軍事力強化の動きを見せる日本に対する警戒感も示した。

3カ国の連携について、文は「米国だけでなく、日本との協力も重要になってきているが、あくまでも北の核とミサイルに対応するためのもの」と述べた上で、「日本が北の核問題を理由に軍事大国化の道を歩もうとするなら、(それは)東南アジア諸国連合ASEAN)の国々との関係においても望ましくない」との見解を示した。

韓米同盟について「北の核問題を解決する上で何よりも重要」と述べる一方で、対中関係の重要性にも言及。「中国との協力は経済面だけでなく、北の核問題の平和的解決に向けた戦略的な意味で非常に重要だ」と強調した。

その上で、「米国との関係を重視しながら中国との関係も一層深め、バランスの取れた外交をしていく」との意向を示した。

中国についてはさらに、国連安全保障理事会北朝鮮制裁決議が非常に厳しいものであるにもかかわらず履行するために努力していると評価。

「今後も中国が国連安保理決議を誠実に履行していくことが重要で、そのためにも韓国と中国は連携し、北を交渉のテーブルに着かせるために努める」と述べた。

トランプ米大統領が来週来韓することに関しては「北のミサイルと挑発によって朝鮮半島が極度の緊張状態にある中、韓国の国民に安心感を与える」とした上で「緊張を和らげる効果があるだろう。北の核問題を解決するための決定的な機会になり得る」と期待を寄せた。

 

                                           f:id:hs34728:20160805082329p:plain

http://www.recordchina.co.jp/b197337-s0-c10.html

 

「文大統領は絶対に日本と軍事同盟を組まない」韓国与党議員が断言=韓国ネット「日本との軍事同盟はありえない」「中国の顔色をうかがう親中売国奴

 

2017年11月2日、韓国・ニュース1によると、共に民主党の宋永吉(ソン・ヨンギル)議員が同日、文在寅ムン・ジェイン)大統領は、韓米同盟が韓(米)日軍事同盟になることは絶対に同意しないという確固たる立場を持っている」と述べた。 

宋議員は2日、ソウルプレスセンターで開かれた「2017與時斎(ヨシジェ)フォーラム記者懇談会」に参加して「韓米同盟は北朝鮮の脅威を防ぐために存在している」とし、このように語った。 

これは、朝鮮半島問題に限った米韓同盟が朝鮮半島以外の問題に介入する性格を持った日米韓同盟に拡大することに反対することを意味する。 

宋議員は「中国を仮想的に(敵として)置いた韓米日三角同盟に行くことは明らかで、(そうなることを)牽制している」と強調した。さらに、「中国が最も懸念していることも韓米日軍事同盟」とし、「中国は韓米日同盟が強化され、第2の北大西洋条約機構NATO)になるのを恐れている」と分析した。 

続いて「環球時報も常に韓米日を『小NATO』と称して警戒している」とし、「われわれもやはり、すでに冷戦が崩壊したが韓米日対北中露という第2の冷戦構図が表われることを恐れている」と語った。 

さらに、「第2の冷戦に分裂するのではなく、北東アジアが一緒にウィンウィンとなり、集団安全保障体制を作る構想をしなければならない」とし、「北朝鮮を国際社会に組み入れ、共に繁栄を享受できるようにせねばならない」と主張した。 

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは

「日本とは一緒に行動できないな」

「韓米日同盟が不可能なんじゃなくて、日本との同盟が不可能なんだ」

「日本との軍事同盟はありえない」

など、日本との軍事同盟に否定的な意見が寄せられた。 

その一方で、

「中国にはペコペコしながら、反日感情を煽っている」

「中国は事実上、中露北同盟側じゃないか」

「中国の顔色をうかがう親中売国奴

など、中国寄りになることを警戒する意見もみられた。 

その他に、「韓米軍事同盟は実際は韓米日同盟だ」とするコメントもあった。(翻訳・編集/三田)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

外客ブームに沸く日本と大幅減少を嘆く韓国

f:id:hs34728:20170331213241j:plain

相変わらずの外客ブームである。最近、日本政府観光局(JNTO)が発表した2017年1-9月の訪日外客数(暫定値)を見ると、昨年同期の入国者数1798万人を17.9%上回る2120万人で、年間で2800万人超のハイペースになっている。

まあ、一昨年までの極めて高い増加率と比較すれば、「ややペース・ダウン」と言えなくもないが、宿泊施設などの日本側の受け入れ態勢上の問題も考えれば、かなり限界に近い数値かも知れない。

この9ヵ月間の訪日外国人を国籍・地域別に見ると、中国人556万人、韓国人522万人、台湾人346万人で、このトップ3だけで全体の67%を占めている。

特に、韓国人の前年同期比の増加率は35.7%と突出しており、このペースが続けば過去最高の年間700万人前後になる。韓国の人口を考えれば、今年1年間だけで、何と韓国民のおおよそ7人に1人が訪日することになるというから驚きである。

韓国人は海外旅行好きで知られている。韓国メディアが「年間2000万人出国時代」と報じたのは2年以上前だから、今年は2200万人近くが外国旅行をすることになるのではないか。

勿論、韓国にも国内旅行を楽しむ人は多く、済州島、ソウル、釜山が人気だそうだが、如何せん見るべき観光地が少なく、すぐに「見尽してしまう」という。

そこで、次に向かう先が近隣のアジア諸国ということになり、日本、中国、台湾、タイ、ベトナムなどが好まれているようだが、中国への旅行は外交問題も絡んで減少傾向にあり、今や、日本がダントツ1位の人気旅行先になっている。

では、韓国人お気に入りの日本の旅行先はどこかというと、韓国の大手旅行会社の調べでは、大阪、沖縄、東京の順だそうである。

特に大阪は韓国の国内旅行先も加えた人気ランキングで済州島に次いで2位に入り、3位のソウルより上位にランクされているという。

そう言えば、日本に在留する韓国人の集住先が大阪・兵庫地域であり、都道府県別でも大阪が東京を上回って第1位である。大阪の街の雰囲気が韓国人に合っているのかも知れない。

ところで、韓国自身は今年に入って外国人旅行客の大幅減少に頭を抱えているようだ。その第一の原因が迎撃ミサイルTHAADの配備が外交問題になって中国人観光客が前年比で半減しそうなことである。

昨年は1724万人の外国人観光客を数えたが、今年は1300万人前後まで落ち込むのではないかと見られている。

この悲観論の背景にあるのは中国との問題だけではない。最近は韓流ブームで外国の女性観光客を集めてきた流れに変調が表れているという。

その最大の原因が一連のレイプ事件で、オーストラリアのメディアによる「女性観光客にとって危険な国」ランキングでは韓国がインドを抜いて第1位になったと報じられている。

事実、日本人の韓国旅行ブームも2012年の352万人(中国を抜いて第1位)をピークにその後毎年2ケタのペースで減少しており、今年は130万人前後と見られている。韓国では、日本人の旅行中の消費が相対的に少ないことから「日本人はケチ」などと言われているようだが、問題はそこにはない。

慰安婦や徴用工の問題、あるいは竹島の領有権をめぐって反日的な言動を執拗に繰り返す韓国官民の対日姿勢に多くの日本人がウンザリしているのではないか。当の韓国人は「歴史問題と旅行は別」と割り切っているようだが、批判される側の日本人はそういう訳にはいかない。

最後に、韓国旅行をめぐる面白いデータを紹介したい。それは外国人観光客のリピート率に関するもので、日本の場合は61.1%なのに対して韓国の場合は38.6%に留まるらしい。

韓国メディアの「連合ニュース」が昨年のデータとして報じたものだが、これは「見るべきものが少ない」という韓国の観光事情のほかに、「旅行中にイヤな思いをした」という感想が多いこととも無関係ではない。

物価も期待したほど安くはないのであろう。私個人は仕事の関係で何度も韓国を訪問し、友人もいるが、私的に観光旅行しようという気にはならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする