日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●なんじゃそりゃ~

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191019-00000014-ykf-int

 

100年前の韓国臨時政府「旭日マーク」債権で資金集め!? 韓国の高校教科書に写真掲載も…識者「写真が闇に葬られる可能性ある」

10/19(土) 16:56配信

夕刊フジ

100年前の韓国臨時政府「旭日マーク」債権で資金集め!? 韓国の高校教科書に写真掲載も…識者「写真が闇に葬られる可能性ある」

韓国は、自衛艦旗である「旭日旗」を「軍国主義の象徴」などとイチャモンを付け、似たマークを見つけては世界中でクレームを付けている。韓国国会までが、来年の東京五輪の競技場への「旭日旗」の持ち込み禁止を求める決議を行った。こうしたなか、独立前の韓国臨時政府が米国で発行した債券の背景に「旭日マーク」がしっかりと描かれていたことが分かった文在寅ムン・ジェイン)大統領率いる韓国は今後も、異常な批判を続けるのか。

韓国臨時政府は、日本の朝鮮半島統治下の1919年、独立運動家らによって中国・上海で設立されたという。独立運動の資金を工面するため、米国で発行されたのが、問題の債券(公債)だ。

この債券の写真が『世界の教科書シリーズ24 韓国近現代の歴史』(明石書店)に掲載されていた。韓国の高校生が2003年から10年間ほど使用した検定教科書『高等学校韓国近現代史』を日本語訳した書籍である。

「Republic of Korea(=大韓民国)」と記された100ドル相当の債券だが、表題の後ろに光のような筋が放射状に広がる、まさに「旭日マーク」が描かれているではないか。

韓国での「旭日旗」や「旭日マーク」へのアレルギーは異常だ。

海上自衛隊の艦船が「旭日旗」を掲げることに抗議し、少しでも似ているデザインを見つけると「撤去せよ」と大騒ぎする。韓国国会は先月30日、2020年東京五輪パラリンピックの際、「旭日旗」の競技場への持ち込みを禁じる措置を国際オリンピック委員会IOC)や大会組織委員会に求める決議を採択した。

異常な執着心だが、自国の独立運動資金が「旭日マーク」の債券で集められていたことに、どのような反応をするのか。

韓国事情に詳しいジャーナリスト、室谷克実氏は「問題の検定教科書が出たころは、まだ旭日旗が批判の矢面に立つことはなかった。その後、人為的にアレルギーが強まった。あきれたことに、紅ズワイガニが足を広げる絵を載せた包装紙や、放射線状に具材が並んだ王宮料理の鍋料理まで批判している。今後、この債券デザインは『先祖の恥だ』として、写真が闇に葬られる可能性は十分ある」と語った。

 
 
 
 
 

 

 

 

●中国で習氏「忠誠心」試験開始 メディア対象 アプリに「データ窃取機能」も

https://news.infoseek.co.jp/article/sankein_wor1910210010/

 

中国メディアの記者や編集者を対象に、習近平国家主席共産党総書記)の政治思想に関する試験を受けることが義務付けられ、今月、試行が始まった。落第すると国内記者証の更新が認められないという。

当局の報道統制が厳しさを増す中、記者たちは習氏への「忠誠心」まで要求されている。一方、試験に使用するアプリにはスマートフォン内のデータを窃取する機能があることが21日までに、米独機関の調査で判明した。

党中央宣伝部は8月、国内の報道機関向けに出した通達で、アプリ「学習強国」を利用した試験を受けなければ記者証を発行しないと言明した。習氏の姓をもじった「学習強国」は、同氏が各地で行った講演や発言の記事・映像などをまとめたニュースアプリ。

党中央宣伝部が企画し、中国電子商取引(EC)最大手アリババグループが開発、今年1月に運用を始めた。かつて文化大革命紅衛兵たちがこぞって手にした毛沢東語録にも例えられる。

中国メディアによると、内容は「習近平による新時代の中国の特色ある社会主義思想」や習氏の宣伝思想工作などについて。試験は各報道機関が指定した場所で各自のスマホを使って行われ、1時間半ほど。120点満点で80点以上が合格となる。落第者は、1回だけ追試が認められる。

「学習強国」は官製メディアのサイトよりも党の宣伝色が濃厚で、本人の「累積点数」が表示されることも特徴だ。アプリを開いたり、記事や映像を閲覧したりするたびに点数が蓄積され、習氏や党への“忠誠度”が数値化されていく

米独の調査機関が調べたところ、「学習強国」にはスマホに保存されたメッセージや電話番号、写真、位置情報、ネット履歴などのデータを抜き取る「バックドア」の機能があることが判明した。米ワシントン・ポスト(電子版)が報じた。アプリの管理者側が遠隔操作で、スマホの音声レコーダーを作動させることまで可能だという。

共産党は当初、約9千万人の党員全員に対して「学習強国」のダウンロードと実名登録を求めたが、反発や不満の声が多く義務化は撤回。ただ国内で約1億人がユーザー登録をしているとされる。記者を対象にした試験は、習氏や党への「忠誠心」を試すだけでなく、記者にアプリのダウンロードを義務付けることでその情報管理を徹底する意図もありそうだ。

 

 

 

 

●この男の本性がでただけの事。腹黒い悪魔である。

中国分裂を図る者は「体を打ち砕かれ骨は粉々にされて死ぬだろう」、国家主席

 

AFPBB News

ネパールの首都カトマンズで開かれた歓迎夕食会で演説する中国の習近平国家主席。現地紙ライジング・ネパール提供(2019年10月12日撮影、提供)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】香港で4か月にわたり民主派のデモが続いている中、中国の習近平(Xi Jinping)国家主席は、中国の分裂を図る者は「体を打ち砕かれ骨は粉々に」されるだろうと述べた。中国外務省が13日、明らかにした。

習氏がこの恐ろしい見解を示したのは週末のネパール訪問中のこと。外務省によると習氏は、「いかなる地域であれ、中国から分離させようとする者は体を打ち砕かれ骨は粉々にされて死ぬだろう」と述べ、「中国の分裂を支持するいかなる外部勢力も、中国人からは妄想をしていると見られるだけだ」と指摘した。

習氏はこの発言で具体的な地名には触れなかったが、13日には香港で再び警察の機動隊と民主派のデモ隊が衝突した。台湾との中国の緊張状態も続いている。中国は、「外部勢力」が香港のデモをあおっていると非難してきた。

もっとも、中国が世界中から非難を受けるリスクを負ってまで、民主化運動を武力弾圧して多数の死者が出た1989年の天安門(Tiananmen)事件のような動きに出るとみている専門家はほとんどいない。

【翻訳編集】AFPBB News
 
 
 
 
 
 
 

●韓国人、台風19号の被害に狂喜乱舞!「日本おめでとう。早く滅亡しろ」「自業自得。永遠に災害が続き天罰を受ける民族だ」

f:id:hs34728:20191013165938p:plain

f:id:hs34728:20191013163744p:plain

f:id:hs34728:20191013163557p:plain

「韓国人、台風19号の被害に狂喜乱舞!」の画像検索結果

f:id:hs34728:20191013170321p:plain

https://hosyusokuhou.jp/archives/48862678.html

f:id:hs34728:20170331213241j:plain

 

(以下、韓国人の反応)

・反省のない悪質な戦犯国に天罰が下る。

 

・これは薬だ。台風に地震放射能と延々と災害が続く。お前ら猿どもは先祖代々のカルマを背負い、海の中に消えるまで天罰を受ける運命だ。

 

・歴史的に悪事を重ねて天も怒りを警告するのです…

 

・呪われたサルの国は、私たちが何もしなくても、いつかは自然災害で徐々に地球から消えるだろう。歴史意識さえないバカどもの死は祝福であり、崇高である。ゴミのような人間をきれいにしてくれるから…

 

・今度は募金なんてしないでください

 

・日本のスーパーの陳列台で韓国ラーメンだけ残ったよ。日本ボイコットは、日本が滅びるまで行きましょう。

 

・強制徴用で亡くなった方が悔しくて、日本の国に罰を与えるのだ~この際、津波まで来い!

 

・スーパー台風もう1つ追加して。台無しにして捨てなければならない

 

関東大震災の時みたいに、腹いせにまた韓国人たちに責任を求めるね。

 

・ふふふ温かい記事。リニューアルオープン

 

・富士山爆発もカモン~

 

・台風のため、日本マートが品切れ事態だというのに農心ラーメンはそのまま残っているね。
この中でも、韓国食品不買運動する嫌韓に満ちた日本

 

靖国神社をひっくり返せ

 

・被害があまりにも少ないですね…ㅠㅠ

 

・日本おめでとう笑 早く滅亡しろ

 

・侵略根性がなくなるまで苦しめ!反省することを知らない民族

 

 

 

 

 

●日本を抜きにして不買運動ができるのか?

 

韓国で長年愛される“さつまいもスナック”の原材料が「日本産」で波紋。なぜ?

 

韓国で長年愛される“さつまいもスナック”の原材料が「日本産」で波紋。なぜ?

韓国ではヘテ製菓のヒット商品として知られる“さつまいもスナック”「おさつ」の主材料に、注目が集まっている。

主材料である「さつまいもパスタ」が日本産と表記されており、“日本不買運動”が拡大する韓国で波紋が広がっているのだ。

そもそも「おさつ」は、ヘテ製菓と日本のカルビーCalbee)が合弁で設立した「ヘテカルビー」という会社に技術サポートを受けた商品だ。

ヘテとカルビーの両社は1990年代初めにその合弁会社を設立したが、1997年にヘテ製菓が通貨危機で不渡りを出しながら、合弁会社は解体された。その後、ヘテが江原道の工場を現物出資し、カルビーもそれと同レベルの現金を投資して「ヘテカルビー」が2011年に再設立された。

2003年、韓国市場に登場した「おさつ」は発売直後から月平均売上25億ウォン(約2億5000万円)を記録するほどの人気を集めた。その人気は現在も続いており、昨年もとある大型マートのスナック売上高10位内に入るほどのヒット商品だ。

また「おさつ」は日本でも30年ほど販売されている人気スナックで、日本式のブランド名を韓国でもそのまま使用している。感嘆詞である「おー!」と、日本語の「さつまいも」を合わせて作った商品名だ。

しかし韓国ではすっかり人気スナックとして定着していることから、もともと日本のお菓子というイメージがない。そのため主材料が「日本産」であることに驚いているわけだ。

ヘテ製菓の「おさつ」。袋の後には「日本産」(赤丸部分)と明記されている

 

原材料も日本を経て供給される。「おさつ」の主材料である「おさつパスタ」は、小麦粉、冷凍さつまいも、さつまいもパウダー、でん粉などを混合して作る。韓国で流通している商品の原産地表記内容を見ると、「おさつパスタ」の原産地は日本と明記されている。

食品などの表示・広告に関する法律第4条、食品などの表示基準によると、原材料は、食品または食品添加物の製造・加工、または調理に使用される物質として最終製品に含まれていることをいう。

食品の製造・加工時に使用したすべての原材料名を、多く使用した順序に従って表示しなければならない。ヘテ製菓側は「おさつパスタ」の含有量は公開していないが、最初に表記された「おさつパスタ」は同商品で最も多く使われた材料であるわけだ。

ヘテ製菓側は「カルビーとの合弁会社なので、“おさつパスタ”の細部の原材料がどの国から輸入されたのか、詳細なレシピは技術的な問題で公開できない」としながら、「小麦粉はアメリカ産など、それぞれ別の国の原材料を使用しており、日本で1次加工されるため、“日本産”と表記しているだけで、韓国内の工場で生産されるヘテ製品」と話した。

ヘテ製菓側は、消費者の不安解消などのために、原材料の国産化を検討中だ。ヘテ製菓の関係者は、「技術的な問題などの関連事案を検討し、味と品質を維持する方向で国産化を検討中」と話した。

 

 

 

 

 

●何でもする中国共産党!

中国、ネットから人気アニメ「サウスパーク」を削除 作者が、ひにくたっぷりの「謝罪」

10/8(火) 18:09配信

CNN.co.jp

(CNN) 過激な描写や痛烈な社会風刺で知られる米国の人気アニメ「サウスパーク」のコンテンツがこのほど中国のインターネットから削除された件について、同作品の作者がツイッターに声明を投稿し、公的に「謝罪」した。

削除のきっかけとなったエピソードのタイトルは「Band in China」。ハリウッド映画を批判の対象とし、映画制作の過程でどれだけ中国の検閲に抵触しないための工夫が施されているかを描いた。

歯に衣着せぬ批判や風刺をいとわないその内容から、サウスパークはもはや中国ではほとんど存在しない作品となっている。米芸能誌ハリウッド・リポーターによると、中国政府は国内の配信サービスやソーシャルメディアなどから、サウスパークに関するコンテンツやコメントをすべて削除したという。

中国側の措置を受け、サウスパークの作者であるマット・ストーントレイ・パーカー両氏は、8日までにツイッターで「公式な謝罪」を表明した。

その中で両氏は「米プロバスケットボール協会(NBA)と同様、ぼくらは中国による検閲を歓迎する。よその国に入り込み、その国民の心情に目を光らせる行為を喜んで受け入れる。ぼくらだって、自由と民主主義よりもお金の方を愛しているからね」と述べた。

さらに「偉大なる中国共産党万歳! 今年の秋が豊作になりますように! ほら、ぼくらっていい子でしょ、中国さん?」とつづった。

NBAヒューストン・ロケッツゼネラルマネジャーGM)、ダリル・モリー氏は6日、ツイッターで香港の民主化要求デモへの支持を表明した。これに対し、中国バスケットボール協会はロケッツとのあらゆる提携を打ち切る意向を発表。中国の国営テレビもロケッツの試合を放送しない方針を示した

NBAは7日、モリー氏の見解について、中国のNBAファンの多くを深く傷つけるものだったとして、遺憾の意を表明していた。

 

 

 

 

●韓国は4カ所原子力発電所の二十数基の原子炉が、毎年約200兆ベクレルのトリチウムを排出している

 https://www.dailyshincho.jp/article/2019/10080800/?all=1

 

文在寅に利用される小泉進次郎 韓国はなぜこれほど日本バッシングに固執するのか?


 

「韓国」に利用される「小泉進次郎」(2/2)

国際原子力機関IAEA)総会で“汚染水への懸念”を示すなど、韓国は福島第1原発事故に絡めた日本への嫌がらせを続けている。放射性物質を除去した処理水の安全性、その処理手段は海洋放出しかないことについては、前回で述べた通りである。が、小泉進次郎環境相は、原田義昭環境相の“海洋放出”発言について謝罪。韓国に塩を送ってしまった形だ。

***

ところで、福島の処理水を「不安視」するわが環境相は、韓国が原発から毎日、海に流し続ける水には、不安を感じないのだろうか。

「韓国には4カ所の原子力発電所に二十数基の原子炉があり、毎年約200兆ベクレルのトリチウムを排出しています。またCANDU炉というカナダ型の原子炉が3基稼働中で、これは日本の軽水炉にくらべトリチウム排出量が桁違いに多い。日本の処理水が危険なら、韓国の人たちは、まず韓国内から逃げなければならなくなります」(東工大先導原子力研究所特任教授の奈良林直氏)

そもそも、世界で稼働している四百数十基の原発はみな、安全性に問題がないとして、トリチウムを含む処理水を放出している。大臣が、その事実を無視して謝罪などしようものなら、

風評被害がさらに加速してしまうのではないか、と危惧します」(東大の岡本孝司教授/原子炉工学)

そればかりか、

「玉ねぎ男こと、法務大臣のチョグク氏の疑惑から、国民の目を逸らさなければならない現状において、小泉進次郎さんの言動は、文在寅政権にとって大きな援軍になります」

f:id:hs34728:20190822112550p:plain

文在寅大統領

と話すのは、龍谷大学の李相哲教授である。

小泉純一郎が語った息子「進次郎」は“若造で力不足”

「韓国は徴用工裁判に始まって、日本を困らせようと必死でしたが、大きな打撃を与えられていません。IAEAでの発言は、日本にダメージを与える苦肉の策で、日本の環境は放射能で汚染されている、という国際世論を喚起できれば、東京五輪を控えて日本が困ると考えているのです。その主張にはなんら正当性はありませんが、事実や数字を無視するのはいつものこと。なにしろ、文大統領は、“福島原発のせいで何千人が死んだ”とまで口にしたほどですから」

環境大臣なら反論すべき

それにしても、なぜこれほど日本バッシングに固執するのかといえば、

「経済政策がうまくいかず、北朝鮮との関係改善も進んでいない状況で、来年4月の総選挙に勝つには反日しか方策がない。もう一つは、チョグク氏の不正疑惑から世間の目を逸らすためです。韓国国内でチョグク法相への反発は日増しに強まり、9月23日にはチョグク氏の自宅の家宅捜索も始まりました。経営に関わっている疑いのある投資ファンドや娘が通った学校などへの捜査を行い、外堀が埋まってきたので、いよいよ本陣に乗り込んだのでしょう。検察はかなり慎重に事を進めているはずですが、それでも家宅捜索に踏み切ったということは、かなりの証拠が得られていることを意味します。今回もハードディスクなどを押収していて、実質的に、法相が被疑者として捜査を受けている状況です」

そして李教授は、

小泉純一郎元総理が原発の危険性を訴え、息子の進次郎さんもそれに準じる動きをすれば、韓国の“日本の原発は危険だ”という論理に、一定の説得力を持たせることになります。韓国としては、これを利用しない手はありません」

と締める。韓国に塩を送った小泉大臣だが、

IAEAでの韓国側の主張は、事実および科学的根拠に基づかず、わが国へのいわれのない風評被害を及ぼしかねず、極めて遺憾」

という、外務省大臣官房報道課の回答の意味が、おわかりになるだろうか。

政治アナリストの伊藤惇夫氏がいう。

「原田前大臣の発言の否定は、“原発の処理水の海洋放出は危険だ”というメッセージにも捉えられかねません。無用のパフォーマンスによって風評被害を大きくしているばかりか、韓国につけ入る隙を与えています。環境大臣なら、韓国の言いがかりに対して、科学的事実にもとづき毅然として反論すべきなのに、お詫びばかりで、韓国にはなんら反論していない。これでは、彼らの主張を容認しているかのような印象さえ与えてしまいます」

発信する力はあっても中身は空っぽ、という評価が定着しつつある小泉大臣だが、空疎な発言は今回のような被害も生む。セクシーであるより前に、そのことを学ぶべきではあるまいか。

週刊新潮」2019年10月3日号 掲載