日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●どの口が言っているのだ?

北朝鮮 日本の長距離巡航ミサイル導入を批判
12月14日 14時30分北朝鮮情勢

 

北朝鮮の国営メディアは、日本が新たに戦闘機に搭載する長距離巡航ミサイルを導入することを発表したことに関連し、朝鮮半島情勢の悪化を口実に再び侵略の夢を実現しようとしている」と主張して批判しました。

 

小野寺防衛大臣は今月8日、新たに戦闘機に搭載する長距離巡航ミサイルを導入することを正式に発表し、「導入はいわゆる敵基地攻撃を目的としておらず、専守防衛に反するものではない」と述べました。

 

これに関連して、14日付けの北朝鮮朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は、日本メディアを引用する形で、ミサイル導入の関連費用として、防衛省がおよそ22億円を来年度予算案に追加で盛り込むよう要求したと伝えました。そのうえで「日本が朝鮮半島情勢の悪化を口実に再び侵略の夢を実現しようと、悪辣(あくらつ)にふるまっている」と主張し、ミサイルの導入を批判しました。

 

防衛省が導入することを発表した長距離巡航ミサイルは、最も射程が長いもので、これまで自衛隊保有してきた戦闘機のミサイルの5倍以上で、能力上は北朝鮮も射程内に入ることになり、国営メディアの報道からは、日本のミサイル導入への北朝鮮の警戒心がうかがえます。

 

 

 

 

広告を非表示にする

●韓国で流行する反日ファストフード

「独島チキン」のあきれるキャンペーン用ポスター

韓国は今や日本以上のファストフード天国となっている。マクドナルドやケンタッキーフライドチキンなど外資系はもちろんのこと、トッポギやキンパブ(のり巻き)、ピンス(かき氷)など、韓国ならではのファストフードを楽しむことができる。

当然、競争も激しく潰れていく店も少なくない中、ここ数年めきめきと支店を増やしているのが、フライドチキンのフランチャイズチェーン「独島チキン」だ。

韓国事情に詳しい文筆人の但馬オサム氏はこう語る。

「言うまでもなく、独島は韓国が不法占拠し、自国領土であると主張してやまない島根県竹島のこと。慰安婦もそうですが、独島は韓国人の反日愛国心を刺激してやまない単語。それをちゃっかり商売に利用して成功を収めたわけです」

韓国では毎年10月25日を「独島の日」と呼んでいる。1900年のこの日、朝鮮王の高宗が独島を朝鮮領と宣言したというのが、その由来だそうだ。


但馬氏は「公民合わせて各種イベントが行われますが、独島チキンでも特別セールを実施しています。そのキャンペーン用ポスターを見て、日本人ならまずあきれること請け合いでしょう」と言う。

ポスターでは竹島は日本の領土」と話す子供に、独島チキンで一撃を加える一徹(イルチョル)アボジ(父親)と、それを見守る明子(ミョンジャ)姉さんが描かれている。元ネタは「巨人の星」で、もちろん、無断使用だ。「バシッ」という擬音は日本語そのまま。確信犯的にやっているのだろう。

但馬氏は「韓国では2005年、独島防衛(独島侵略をもくろむ日本から島を守るという設定)の広報CMに1970年代、韓国で人気のあったアニメ映画のロボットキャラ『テコンV』を起用しましたが、このテコンV自体、日本のロボットアニメの草分け『マジンガーZ』のパクリであることが指摘されています。

日本を叩くことに日本のアニメや漫画のキャラクターを使う。それに対し何の葛藤も廉恥の心も動かないところは、さすが韓国人としかいいようがありません」と指摘する。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

●モンゴル互助会に八百長疑惑があるとの報道は以前からあるが・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171129-00533597-shincho-spo

f:id:hs34728:20171129234206p:plain

貴乃花」の不可解な態度を読み解くカギは“八百長” 協会に突きつけた停戦条件は…

 

横綱日馬富士(33)による貴ノ岩(27)への暴行事件が明るみに出てから、はや2週間。ついに横綱の引退にまで発展したこの問題では、相撲協会に報告しないまま警察に被害届を提出し、メディア取材に無言を貫くなど、渦中の貴乃花親方(45)の対応には不可解な点が指摘される。その頑なな態度を読み解くカギは「八百長」にあった。

***

貴ノ岩がガチンコ力士だというのは有名です」

と話すのは、今回の事件を機に来日し、日本のメディアをさんざん引っ掻き回して去った元旭鷲山である。“汚い相撲は取らない”と常々公言していた貴ノ岩は、モンゴル人力士が出入りする錦糸町のカラオケバーでも、八百長について不満をぶちまけていたという。

その裏には「モンゴル互助会」への批判があるわけだが、当然、それは他のモンゴル勢の耳にも入る。暴行事件が起きた10月25日の夜には、日馬富士ら参加者たちから、そうした貴ノ岩の“態度の悪さ”への叱責が始まり、その最中にスマホを触っていた貴ノ岩日馬富士が激怒し……というのが暴行事件の経緯である。

これを踏まえ、

「“八百長”“ガチンコ”というキーワードを含めて事件全体を捉えると、クリアになります」

貴乃花親方に近い相撲協会関係者は語る。貴乃花親方の“八百長嫌い”は現役時代から徹底していて、

「そのようなキーワードが見え隠れするような事件について協会に報告しても揉み消されるのは目に見えている。だから協会からの聞き取りをはぐらかし、貴ノ岩本人への聴取を拒否し続けているのです」

一方で貴乃花親方は早々に警察を介入させ、民事訴訟も辞さない構えを見せているが、これも“八百長”という言葉を供述調書や裁判記録に残すため、とこの関係者は指摘する。

「警察や裁判所が事実を把握し、それが公になれば協会の八角理事長も動かざるを得なくなる。貴乃花親方の狙いはそこにあるのです」

つまり今回の事件を機に、「モンゴル互助会」の殲滅を協会に求めている、というワケなのだ。11月30日発売の「週刊新潮」では、横綱白鵬(32)の疑惑の十番勝負を検証すると共に、日馬富士の暴行事件について詳しく報じる。

週刊新潮」2017年12月7日号 掲載

新潮社

 
広告を非表示にする

●「反日」に血道を上げる韓国

韓国、異常な反日で“韓光”客減の自業自得 文政権から加速、日本人「嫌な思いをするだけ」

11/28(火) 16:56配信

韓国、異常な反日で“韓光”客減の自業自得 文政権から加速、日本人「嫌な思いをするだけ」

 

反日」に血道を上げる韓国が、自業自得の危機に陥っている。韓国観光公社が発表した報告書で、日本人の海外旅行先として韓国の順位が下落し続けていたのだ。日本への理不尽で度重なる嫌がらせが、日本人の対韓感情を悪化させているのは間違いなさそうだ。

聯合ニュースの記事によると、日本人の旅行先調査で、韓国の順位は2014年の5位から、15年に9位、16年には10位に下がった。今年は北朝鮮による軍事的威嚇や円安で、さらに下落する見通しだという。

「韓国に行かない理由」(複数回答)としては、「韓流以外に興味を持てる対象が必要だ」が31・4%でトップ。「円安」(29・7%)、「良い印象がなく再訪の意思がない」(25・8%)、「経済・時間的余裕がない」(11・1%)、「韓日関係の悪化」(9・8)%などが続いた。

この結果について、朝鮮近現代史研究所の松木國俊所長は「韓国には格安チケットもあるので、円安はあまり関係ないだろう。韓流ブーム自体がしぼんだうえ、反日』で盛り上がる韓国に行っても『嫌な思いをするだけだ』という気持ちが日本人にあるのだろう」と分析した。

確かに、韓国の「反日」は異常だ。

ドナルド・トランプ米大統領が7日に訪韓した際の晩餐(ばんさん)会には、元慰安婦が招待され、韓国が不法占拠する島根県竹島周辺で捕れた「独島エビ」が料理として提供された。

松木氏は、「文在寅(ムン・ジェイン)政権になってから、日本への嫌がらせが加速した。文政権は米国と中国にペコペコして、独自の外交をできていない。経済もうまく回っていない。『支持を維持するためには反日しかない』という考えではないか。これでは、日本人の嫌韓感情が回復する見通しはない。『韓国に観光客を寄越せ』というのはとんでもない。自業自得だ」と話している。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

●中国、北米全域射程の新型ICBMを近く配備か

中国、北米全域射程の新型ICBMを近く配備か

11/27(月) 20:02配信

読売新聞

【北京=竹内誠一郎】中国中央テレビは26日、中国軍が開発を進めてきた新型大陸間弾道ミサイルICBM「東風(DF)41」が来年前半にも配備されるとの見通しを伝えた。

f:id:hs34728:20171128234002p:plain


核弾頭10個を搭載可能で北米全域を射程に収めるという。トランプ米政権が進める最終段階高高度地域防衛(THAAD(サード))の在韓米軍配備などに対抗する狙いがあるとみられる。

DF41の射程は従来より数千キロ・メートル長い1万2000~1万4000キロ・メートルで、命中誤差は100メートル程度。固体燃料型の採用で燃料注入の時間が不要で迅速な作戦行動が可能となり、自動車や列車など移動式発射台も導入されているという。

中国の軍事専門家は、多弾頭化が進み敵国のミサイル迎撃システムを突破する能力が「非常に強まった」と指摘。別の専門家は、米露の最新ICBMと比較しても「一部の技術では上回っている」と強調した。

 

 

 

広告を非表示にする

●<シェア自転車>中国で大手破綻 保証金トラブル続出

「<シェア自転車>中国で大手破綻 保証金トラブル続出」の画像検索結果

中国で急速に普及したシェア自転車が転換期を迎えている。大手の小藍単車(ブルー・ゴー・ゴー)が経営破綻したほか、退会時に返ってくるはずの保証金が返金されないトラブルも続出している。過当競争で値下げ合戦が過熱し、業界の淘汰(とうた)が始まった格好だ。

「私の保証金を返して」「会社に電話したけどつながらない」。ブルー・ゴー・ゴーの破綻が明らかになった今月中旬以降、中国のソーシャル・ネットワーキング・サービスSNS)は利用者の悲鳴で埋め尽くされた。

中国で本格的にシェア自転車のサービスが始まったのは2016年。わずか2年弱で70を超える運営会社が参入し、中国だけで1500万台を超える自転車が街中に配置された。

一方で仕組みは各社ほぼ変わらないため、業界では他社との差別化を狙い、利用料をゼロにするキャンペーンが常態化していた。

シェア自転車を利用するには、登録時に100元(約1700円)~300元程度の保証金を支払う必要がある。解約時に返ってくる仕組みだが、先の見えない値下げ合戦に、中国では早くから「積み立てておくべき保証金を運転資金に回しているのでは」とささやかれてきた。

中国共産党機関紙、人民日報によると、各社が利用者から集めた保証金は100億元を超えるという。運営会社側は「移動履歴などビッグデータの提供で利益を得ており、無料でも問題ない」(関係者)と説明していたが、大手の破綻で業界の「自転車操業」が裏付けられた形だ。突如、サービスを停止したり、保証金の返還が滞ったりする運営会社も続出しており、混乱はさらに拡大しそうだ。

背景には、業界の寡占化を進める大手の戦略が見え隠れする。業界最大手を争う「ofo」には中国のネット大手、阿里巴巴集団アリババグループ)が、ライバルの「摩拝単車」(モバイク)には同じくネット大手の騰訊(テンセント)が出資。ネット大手の豊富な資金力をバックに率先して無料キャンペーンを仕掛け、両社で計9割超のシェアを占める。

両社は海外進出も積極的に進めており、中国発のシェア自転車サービスの先導役を果たしているが、一方で自転車の路上放置などサービスそのものが抱える課題が顕在化し、進出先で社会問題になるケースも少なくない。日本でも普及の兆しが見え始めただけに、発祥の地・中国の現状は注目を集めている。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

●米国メディア「日本より先に謝罪すべきだ」

http://www.sankei.com/west/news/170120/wst1701200001-n1.html

2017.1.20 11:00
【エンタメよもやま話】韓国軍が数千人ベトナム女性を強姦し、慰安婦にしていた…米国メディア「日本より先に謝罪すべきだ」


ベトナム戦争時、韓国軍がベトナム人女性に行った極悪非道の数々について、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は国際社会に向けて謝罪すべきだと訴える2015年10月13日付の米FOXニュースのオピニオン面(電子版)

さて、本コラムはこれまで、欧米の音楽や映画にとどまらず、国際政治や経済、IT(情報技術)、宇宙開発、食(グルメ)、健康、動物愛護、環境保護、UFO&地球外生命体騒ぎに至るまで、国内外を騒がせるニュースをすべて“エンターテインメント”ととらえ、他のメディアと違った視点でご紹介してきました。

 

なので、やはりこの問題についてもご紹介せねばなりません。昨年末に韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦像が設置された一件についてです。

 

ご存じの通り、日韓両政府は一昨年末の合意で慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的に解決されたことを確認した」との認識で一致。

 

日本側はこの合意に基づき昨年、元慰安婦支援などに10億円を拠出するといった合意内容を着実に履行しました。

 

ところが韓国側はソウルの日本大使館前の慰安婦像は「地方自治体の責任」などと主張し、撤去に動かなかったどころか、釜山の日本総領事館前に2つ目の慰安婦像が設置されたことを容認したのでした。

 

こうした韓国側の一連の行為や対応は、外国公館前での侮辱行為を禁じたウィーン条約を無視する立派な国際法違反に当たります、なので当然ながら日本政府は駐韓大使を一時帰国させるといった対抗措置に出ました。

 

これに対し、当の韓国側や日本在住の反日勢力、そして、なんちゃって左翼の連中が、真面目に反論するレベルに至らない低レベル過ぎる屁理屈を並べ立てています。

 

こう書くと反日勢力などから「偉そうなことをほざくな」と言われそうですが、当の韓国政府を含め、こうした連中は、この問題に対して意見できる立場にないのです。なぜか。理由は簡単。少しばかり世界の物事の裏を分かっている人々の間では既に有名な話なのですが、慰安婦問題について国際社会に深く深く謝罪せねばならないのは、実は韓国の方なのです。今回の本コラムでは、その理由についてご説明いたします。

 

 

■13歳少女をも韓国軍が強姦…“ライダイハン”混血児は約3万人

 

今年1月で5年目に突入した本コラムのネタ探しで海外メディアの電子版を巡回していて、このニュースを見つけたときは、本当に驚いたのと同時に、自分のモノの知らなさに恥じ入ったものでした。そして“いつか絶対このコラムで書いてやる!!”と思っていたのですが、遂にその日が来ました。

2015年10月13日付の米FOXニュースのオピニオン面(電子版)です。見出しはこうです。「朴(槿恵=パク・クネ)大統領は韓国がベトナムで行った性暴力について公に謝罪すべきである」

 

どういうことかと言いますと、このFOXニュースのほかにもさまざまな欧米、そして当の韓国のメディアが報じているのですが、ベトナム戦争(1960年代後半から1970年代初め)時、米の同盟軍としてこの戦争に参戦した韓国軍が多くのベトナム女性を強姦(ごうかん)し、彼女たちを韓国兵のための慰安婦として強制的に働かせていたというのです。

 

前述のFOXニュースによると、約40年前、現(韓国)大統領の父親で(当時の軍の)司令官、朴正煕(パク・チョンヒ)は32万人以上の米同盟軍(つまり韓国兵のことですね)をベトナムに派兵したといい、この戦争の間、韓国兵は13歳から14歳(の女性)を含む数千人のベトナム女性に対し激しい強姦または性的暴行を行ったと明言。

 

そして、強姦されたことによって多くの女性が妊娠・出産し、彼女たちが産んだ混血児が現在、ベトナムには5000人から3万人存在すると説明します。

 

そして、韓国軍がベトナムで行ったこうした極悪非道な行為に対し<朴大統領は世界で最もパワフルな女性の1人である。父親が率いた兵士たちが膨大な数にのぼる罪のない女性たちに対し、犯した犯罪を公に謝罪することは、間違いなく彼女の権限の範囲内にある。なのに、そうした謝罪をしないで、日本に対し、第二次世界大戦時の韓国の慰安婦に対する性的暴力について謝罪を求めることは、朴大統領の道徳的権威を傷付けるだけである>と警告しています。

 

平たく言えば“日本に謝罪を求めるなら、自分たちもベトナムでやらかした残虐行為について

世界に向けて謝罪しろ”ということですね。

 

ちなみにこのFOXニュースのオピニオン記事の投稿者であるノーム・コールマン氏(67)は2003~09年に米ミネソタ州選出の上院議員(保守・共和党)を務め、現在、国家安全保障や外交政策の専門家らで組織する米のNGO非営利団体)「米グローバルリーダーシップ連合(USGLC)」で要職を務めています。

 

 

■韓国軍は「トルコ風呂」という名の慰安所

 

そして、ベトナム戦争に従軍し、捕虜になったことで知られる保守・共和党の重鎮、ジョン・マケイン上院議員アリゾナ州選出)が友人といい、この投稿記事でも<私の良き友人、ジョン・マケイン上院議員ベトナム戦争時、捕虜になった際の恐ろしい日々を振り返る際、戦争は人々の生活に深い感情的・物理的傷あとを残すとしばしば語っていた。韓国兵の手によって無垢(むく)を奪われた多くの(ベトナム人)女性たちは、ベトナム戦争における(誰にも)語られない大きな悲劇である>と記しています。

しかし、この投稿記事では、ベトナム人女性は強姦・性的暴行を受けただけのような書き方ですね。だがしかし。実態は違います。2015年に米国立公文書記録管理局(NARA)の公文書で明らかになったのですが、韓国軍はベトナム人女性を強姦しただけでなく、彼女たちを韓国兵のために設置した「トルコ風呂」(Turkish Bath)という名称の慰安所に集め、韓国兵相手に売春を強要していたのです。

つまり、軍がむりやりベトナム人女性たちを慰安婦にしていたというわけですね。

この件について、2015年4月25日付の韓国の左派日刊紙ハンギョレ(英字電子版)は「日本の反韓感情を鼓舞する主要な力のひとつ、週刊文春が4月2日の“春の特大号”で明らかにした。執筆者は東京放送(TBS)のワシントン支局長Noriyuki Yamaguchi(山口敬之氏、現在フリー記者)で…」とその内容や経緯を伝えました。

 

そして、最後のくだりで、山口氏が文春で「慰安婦問題は国内政治や外交の道具としてではなく、人権問題として真剣に取り組んでいる」と述べた朴槿恵(パク・クネ)大統領がこの件で調査に及び腰になるなら、韓国は自国にとって不都合な真実を無視し、歴史と対峙(たいじ)することを拒否する国だと国際社会に証明することになる、と書いた一文を引用し、こう締めくくりました。

 

<(朴大統領にとって、この一件の調査に乗り出すことは)恐らく不快なことであると思われるが、(文春の記事の)主張に反論するのは困難である。ベトナム戦争中に起きた民間人への虐殺だけでなく、韓国軍が(ベトナム戦争時の)慰安所の運営・管理に関与していたかどうかについて、韓国政府はベトナム当局と協力して真実を見つける時がきたのだ>

 

韓国の大手左派メディアも「これ、さすがにシカトはマズイやろ」というニュアンスで伝えているわけです。

この問題に関しては、2012年に米多国籍バイオ化学メーカー、モンサント(欧米の左派系環境保護団体が目の敵にする企業のひとつ)を批判する公共広告キャンペーンを展開した米左派系NPO非営利団体)「ネイション・オブ・チェンジ」(本部・ニューメキシコ州アルバカーキ)も、自分たちが運営する同名ニュースサイトで2015年12月11日に韓国政府を厳しく批判する記事をアップしました。

「戦争の傷あと:ベトナム慰安婦」と題されたその記事、なかなかに辛辣(しんらつ)です。

ベトナム戦争時、韓国軍の多くの部隊がベトナム人女性を強姦したり、農民や老人を虐殺するといった残虐行為に手を染め、多くの女性たちが韓国兵のための売春婦として強制的に働かされた…韓国政府は今日に至るまで、この問題をほぼ無視しているが、日本に対しては(当時の)慰安婦のための財政的補償を要求し続けている。(こうした)韓国側の行動は偽善的であり、慰安婦問題を政治的な道具に使っていると言うものもいる。事実、韓国側は日本(の動き)に対抗するため、米大陸で韓米による政治主導のキャンペーン隊を編成した>

 

 

ベトナム戦争中、韓国軍は反共勢力を支援し、自分たちの慰安所設置のため軍の部隊を送り込んだ。当初、韓国兵たちは多くのベトナム人女性を強姦し、その後、慰安所で働くよう強制した。多くの場合、強姦によって子供が生まれ、その子供たちもベトナム慰安婦という性奴隷として働くよう強制された…ベトナムでの慰安所設置とベトナム女性への強姦に加え、韓国軍は非武装ベトナム民間人、主に女性と子供の虐殺という戦争犯罪も犯している。しかし韓国側は韓国兵による強姦で混血児が生まれたことも、性奴隷としてのベトナム慰安婦(の存在)も無視し続けている…>

<日本人の手にかかった(韓国の)慰安婦の命や苦しみを称える彫像が建てられている間、(韓国側は)日本が慰安婦に対する公的責任を負うよう圧力をかけているが、朝鮮戦争ベトナム戦争時に韓国(軍)に(モノのように)使われた慰安婦の窮状は、ほとんど無視されている>

どうですか?。この左派系サイトも前述のFOXニュースのオピニオン記事と同様、日本に謝罪や補償を要求するなら、自分たちがベトナムで行った戦争犯罪を含む極悪非道の行為についてまず国際社会に謝罪すべきだと訴えているわけです。

まあFOXはバリバリの右翼ですが、ハンギョレや、モンサントを目の敵にするネイション・オブ・チェンジといった、日本のなんちゃってではなく、バリバリのダイ・ハードな左翼までが、自分のことは棚に上げ、日本に謝罪を要求し続ける韓国の卑怯なやり口に愛想を尽かしているのです。

しかし、韓国はこれからも自分たちがベトナムでやった悪行の数々については徹底無視を決め込むでしょう。2015年4月7、8の両日付のハンギョレ(英字電子版)によると、ベトナム戦争時の韓国軍による民間人虐殺事件の生存者を招いたイベントが、ベトナム退役軍人協会(VVAK)や韓国のエージェントオレンジ(枯れ葉剤)後遺症戦友会(KAOVA)といった団体の反発を恐れ、直前になって会場をキャンセルし、イベントを中止したのでした。その後、KAOVAのメンバー約300人が、当初予定されていた会場周辺でデモ行進し気勢を上げたのでした…。

この問題について、韓国のソウル大学校国際大学院のパク・デギュン教授は2015年4月7日付ハンギョレ(英字電子版)に「自国のベトナム戦争問題を解決できなければ、日本との歴史問題を解決することはできない」と述べました。全くもってその通りです。

今回の韓国・釜山の日本総領事館前の慰安婦像設置問題について日本政府は、かつてない強行措置で徹底抗戦すべきだと思います。なぜなら、前述したネイション・オブ・チェンジの記事のコメント欄には、こんな書き込みがありました。

「この記事は完全な作り事だ。ベトナム戦争時の韓国軍には慰安婦などいなかったし、韓国政府も(ベトナムの)女性を性奴隷になどしていない。この記事の執筆者が日本人なのは明らかで、自分たちが韓国の慰安婦問題で非難されないよう、こんな作り事を書いたのだ」

こんな反吐がでるほど卑怯な連中には、常識は一切通用しませんからね。 (岡田敏一)

【プロフィル】岡田敏一(おかだ・としかず) 1988年入社。社会部、経済部、京都総局、ロサンゼルス支局長、東京文化部、編集企画室SANKEI EXPRESS(サンケイエクスプレス)担当を経て大阪文化部編集委員。ロック音楽とハリウッド映画の専門家。京都市在住。

 

広告を非表示にする