日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●カーリング精神からすれば、藤澤にとっては当然の行為だったが・・・・「反則だ。綺麗なのに心まで美しい」

f:id:hs34728:20180224170657p:plain

藤澤五月、敗戦後の“ある行動”に韓国も賛辞「心まで美しい」「真のスポーツ精神」

 

日韓戦で敗れるも…韓国メディア「真のスポーツマンシップを見せた」

平昌五輪は23日、カーリング女子準決勝で日本は韓国に延長戦の末に7-8で惜敗し、決勝進出ならず。24日の3位決定戦でイギリスと銅メダルをかけて戦うことになった。スキップの藤澤五月が涙を流したが、敗戦直後に韓国と健闘を称え合うシーンが話題を呼んだ。韓国メディアも「真のスポーツマンシップを見せた」と称賛している。

「日本カーリング主将の藤澤五月が涙を流して話した言葉」と特集したのは、韓国紙「中央日報」だった。

記事によると「決勝進出を逃した日本カーリング代表チームのスキップの藤澤五月が涙を流した」と藤澤が悔し涙に暮れたことを紹介。会見で「悔しいのひと言しか言えません」と話し、試合展開を振り返り、韓国チームを称えたことなどを伝えている。そして、記事で特筆していたのは、試合後のあるシーンだった。

「藤澤は競技を終えた後、韓国選手たちに近寄って先に握手を求めて、真のスポーツマンシップを見せた」

このように記している。延長戦、7-7で迎えた運命の11エンド。最後のキム・ウンジョンのショットで試合が決すると、沸き立つ韓国の選手たちに向かい、藤澤から握手を求めた。悔しさを押し込め、素直に健闘を称え合った姿勢を「真のスポーツマンシップ」と表現している。

 

韓国で人気の藤澤、ネット上で反響「心まで美しい」「小平もそう、人格が素晴らしい」

今大会、「オルチャン(最高の顔)」の愛称が付き、清純美女として韓国ファンの間で人気沸騰した藤澤。試合後、ネット上でも藤澤に対する反応が続々と集まっている。

「藤澤さんの笑顔をもう一度見たい…ガンバレ」
「この選手は本当に圧倒的に上手だった」


「負けたけど一番きれいだった」
「反則だ。綺麗なのに心まで美しい」


「対戦相手だったけど、あなたは最高でした。銅メダルが必ず獲れますように」
「もし、カーリング個人戦の種目があったなら、金メダルは藤澤だと思う。とても上手だった」


「日本選手も頑張った。負けをすぱっと認める姿は本当に美しい。全てのエンドを笑いながら進めて。真のスポーツ精神に値します。イギリスとの次の試合に勝って一緒に表彰台に上れるといいですね」

このようにコメントが相次ぎ、「小平もそうだけど、人格が素晴らしい」とスピードスケート女子500メートルで銀メダルに終わったイ・サンファ(韓国)と抱擁を交わし、慰めた小平奈緒を引き合いに出して称える声もあった。

元来、審判がおらず、競技者ジャッジ制による、お互いのフェアプレーにより成り立っている競技。

カーリング精神からすれば、藤澤にとっては当然の行為だったのかもしれないが、決勝を逃したライバル韓国戦の後でも変わらずに貫いた姿勢は、大きな称賛の的になっている。(THE ANSWER編集部)

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

●韓国の大学生調査 敵国1位は日本で54.3%、北朝鮮は21.4%

f:id:hs34728:20180223000233p:plain

韓国の抗日史観に立てば、戦後にアメリカの後押しで大統領になった李承晩より、日本統治時代に抗日運動に身を投じ、英雄ファンタジーを持つ金日成、つまり北朝鮮に国としての正当性があるように見えてしまうのだという。これが若い世代になると国家の正統性云々といった発想は薄まるものの、それでも反日親北の傾向は依然としてある。

2012年8月に韓国の求人情報サイト「アルバモン」が国内の大学生718人を対象に、韓国の友好国と非友好国に関するアンケート調査を実施したところ、「韓国に非友好的な敵国」として「日本」を挙げたのは半数以上の54.3%にのぼり、2位の「北朝鮮」(21.4%)を大きく上回った。日本人にとっては衝撃の結果だ。

こうしたメンタリティーは韓国社会全体を覆っている。

昨年大ヒットした韓国映画コンフィデンシャル/共助』は、韓国と北朝鮮の刑事が極秘でタッグを組んで捜査をするというストーリー。北朝鮮側刑事を演じたのは、日本でも人気のあるイケメン俳優ヒョンビンで、警官というより特殊部隊のような壮絶アクションを繰り広げる。

日本でヒットした『シュリ』や『JSA』でも、北朝鮮工作員や兵士が「純粋無垢な存在」として描かれた。

「韓国では北朝鮮の人々に、経済成長によって韓国人が失ってしまった朝鮮民族本来の素朴さや優しさのイメージを抱いている。だからそういうキャラ付けをしがち」(韓国の新聞記者)

日本を扱う韓国映画がことごとく反日的なのとは対照的である。

週刊ポスト2018年3月2日号

 

 

 

広告を非表示にする

●これは国民性。気の毒だが、治すには大手術がいるだろう。

f:id:hs34728:20170331213241j:plain

【平昌五輪】「うその会見まで?」謝罪でさらにバッシング激化 キム・ボルム選手を追い詰める韓国ネット世論

「韓国キム・ボルム選手(25)」の画像検索結果

平昌冬季五輪のスピードスケート女子団体追い抜きのレース後の、敗戦を仲間の遅れのせいにするような発言をきっかけに、韓国国内でバッシングにさらされているキム・ボルム選手(25)が記者会見で謝罪した。

 

しかしこの会見を受け、動画投稿サイト「ユーチューブ」の書き込み欄やツイッター上には21日までに、「うその記者会見まで?」といった批判が計1万件以上も殺到。キム・ボルム選手をさらに追い詰めている。

 f:id:hs34728:20180221225553p:plain

20日の記者会見で、キム・ボルム選手は「私の発言で多くの人が傷ついたと思う」と言って涙をこぼした。しかし、ネットユーザーは「記者会見というより国民大詐欺劇だ」「世界中に恥をさらしただけでなく、記者会見で国民の怒りを買った」「傲慢なインタビュー!だ」などと、さらにバッシングの度を強めている。

 

韓国国内ではしばしば、ネット上での行き過ぎた個人攻撃が繰り返されてきた。ときには自殺するまで追い込む事例もある。

 

2008年1月、当時26歳だった女優で歌手のユニさんが自宅で自ら命を絶った。ネット上での整形疑惑が引き金だった可能性が伝えられている。

 

同じ年の10月には、女優のチェ・ジンシルさんが自宅で死亡しているのが見つかった。39歳だった。ネット上での金銭問題に絡む中傷に悩み、自殺したとみられている。

 

同年、こうした事態を重く受け止めた韓国政府と当時の与党ハンナラ党自由韓国党の前身)は、ネット上の誹謗(ひぼう)中傷に厳罰を科し、本人確認を強化する「サイバー侮辱罪」の導入を検討し始めた。

 

この法案は、中傷された本人の告訴なしに当局が捜査できるほか、罰則を強化する方針も盛り込まれている。ネット上での全面実名性も叫ばれている。

 

 

 

 

広告を非表示にする

●たとえ日本を罵る中国人でも「いざ訪日すると、帰国時には日本を称賛」

http://news.searchina.net/id/1653739?page=1

初めて日本を訪れた中国人は日本には学ぶべきものが多すぎる

毎年、数多くの中国人が日本を旅行で訪れている。リピーターも増加しているが、訪日中国人の大半は「初めての訪日」という場合が多いため、こうした人びとにとっては日本で見るもの、聞くもの、すべてが新鮮に映ることだろう。

 

それでは初めて訪日した中国人たちは、日本に対して具体的にどのような感想を持つのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本を訪れた中国人による手記を掲載し、「日本を訪れると中国との違いに圧倒されると同時に、日本に学ばなければならないという気持ちになる」ことを伝えている。

 

日本と中国は隣国同士ではあるものの、様々な点で大きな違いがあり、記事は「初めて日本を訪れた中国人は日本には学ぶべきものが多すぎる」と感じてしまうと指摘。

日本人の民度の高さ、礼儀正しさ、街の環境や秩序など、細かい点において日中は大きな違いがあると同時に、その違いは「中国にとって欠けているもの」ばかりだと指摘した。

 

この中国人筆者は日本滞在中に中国大使館を訪れる機会があったようだが、日本国内にあるはずの中国大使館は「乱雑で、汚れていて、うるさかった」と紹介。

床にゴミが落ちていたり、落書きがあったりと、日本の街中の光景と対照的で、同じ日本国内という事実が大きな対比となって、非常にショックだったと伝えた。

 

中国人旅行客にとって、日本に滞在するのはわずか数日間ではあるもの、その時間は非常に濃密であると同時に、衝撃に満ち触れた旅程になると指摘。

日本を訪れる前は日本を罵っていても、いざ訪日して帰国の途に着くころには日本を口々に称賛するようになっているのが初めて訪日した中国人の特徴だと指摘している。

 

(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

●平昌五輪】「人間性も金メダル級」 ライバルたたえた小平奈緒を韓国メディア絶賛

f:id:hs34728:20180219234640j:plain

スピードスケート女子500メートルで18日、優勝した小平奈緒が競技終了後、2位に終わった最大のライバル、李相花(イ・サンファ)に歩み寄り、健闘をたたえ合った姿が韓国内で感動を呼び、韓国メディアは「スポーツの力を見せつけた」などと大きく報じている。

小平は金メダル確定後、涙を流す李に駆け寄って抱擁し、韓国語で「よくがんばった」と慰労。2人は「同じチームの選手が金、銀を獲得したかのよう」(中央日報電子版)に互いをたたえ、ともに場内の歓声に応えた。

小平は直後の会見で、ソウルで開かれた過去のW杯で李を初めて破り、優勝した際のエピソードを披露。帰路を急ぐなか、李が空港までのタクシーを手配し料金を支払ってくれたと明かし、「悔しいはずなのに助けてくれた。人としても選手としても尊敬できる」と話した。李も「小平とのレースで嫌な気持ちになったことがない」と応じ、韓国経済(電子版)は「2人の友情にアイスリンクも溶けるほどだ」と伝えた。

また、小平が五輪新記録を打ち立てた直後、歓声に沸く会場の日本人ファンらに対し、口元に指を当て静かにするよう求めたジェスチャーも話題に。直後の組で李が出走を控えていたことから「スタートに影響を与えないよう配慮した」と注目が集まり、各紙は「小平の人間性も金メダル級だ」とするネット上での評判を伝えた。

李は自身のSNSに、小平が李の肩を抱いて韓国旗を手にとり、健闘をたたえる写真を掲載。「韓日戦に感動した」と記した。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

●小平奈緒、涙の李相花と抱き合い健闘称える

f:id:hs34728:20180218231415j:plain

◇平昌冬季五輪スピードスケート女子500メートル(2018年2月18日)

平昌五輪は18日、スピードスケート女子500メートルが行われ、国内外で同種目24連勝中の小平奈緒(31=相沢病院)が36秒94で五輪新記録をマーク。悲願の金メダルを獲得した。

ライバルは五輪3連覇を狙う地元・韓屋代表の李相花(イ・ソンファ)。テレビCMにも出演する国民的ヒロインの出陣とあって今大会初めて超満員となった江陵オーバル。これまでは空席も目立った会場だが、びっしり埋まったスタンドでは韓国旗と日の丸の旗が揺れた。

小平は全16組中14組目のインスタートで出場。大舞台の重圧に負けず五輪新を記録。続く15組目に走る李にプレッシャーを掛けた。郷亜里砂(30=イヨテツク)と同走の李は観客の大声援を背に受けたが、37秒33で2着だった。

レース後、3連覇を逃した李は太極旗を手にしながら号泣。小平は李のもとへ向かい、抱き締めて言葉を掛ける。李は小平のねぎらいに反応し2人でウイニングラン。互いの健闘をたたえる美しい姿があった。

 

 

 

 

広告を非表示にする

●外国人から見た日本人と韓国人=「ヨーロッパ人がこんなにも日本を好きだったとは!」―韓国ネット

http://www.recordchina.co.jp/b99485-s0-c30.html

 

f:id:hs34728:20170331213241j:plain

2014年12月31日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「ヨーロッパの人たちが考える日本人と韓国人」と題するブログが掲載された。以下はその内容。


僕はドイツで働いている。会社にはヨーロッパを中心にさまざまな国の人がいて、昼休みにはいろいろな国の文化について話をする。ある日の話題は、アジアの国々についてだった。ヨーロッパ人たちは日本人について、「人に迷惑をかけないすばらしい国民性だ」と称賛し、悪く言う人は一人もいなかった。

 

「日本人は内心では嫌だと思っていても、顔や口には出さないからいい人に見られるのだろうか?」と不思議だった。そのほかにもアニメや和食、若者のファッションなどについて楽しそうに情報交換をしていた。ヨーロッパの人たちがこんなにも日本のことを好きだとは思っていなかったので、正直驚いた。

一方、韓国人については、「お互いに助け合う文化で情に厚い国民性だと言えるが、厚かましいと感じることも多い」と言った。

 

日本やヨーロッパでは、親しい間柄でもお互いに迷惑をかけないように気を遣い合う。しかし韓国人は、親しくなると助けてもらうことを当たり前に思う傾向があり、一度でも頼みを断ると、すねて連絡が来なくなることもあると話していた。

全体的に、ヨーロッパの人たちは韓国の文化には興味がないという印象だったし、韓国について知っている人でも、

 

「韓国人は上司の機嫌ばかりを気にしている」とか、

「きれいな女性はほとんど整形している」、

「わがままな女性が多く、男性が尊重されない」など

悪いところばかりを認識していた。明らかに韓国よりも日本に好意的な感情を持っていた。

そのほかにも、地下鉄の切符を買う時、日本語の案内はあるが韓国語の案内はないことや、初めて会った人にはいつも「日本人ですか?」と聞かれることなど、ドイツで生活していて、韓国人としてのプライドが傷付く瞬間が少なくない。

 

ヨーロッパで日本よりも韓国の人気が高くなる日はいつかやって来るだろうか?(翻訳・編集/篠田)

 

 

 

 

広告を非表示にする