読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●デヴィ夫人「日本人はもっと決然と、威厳を持つべきで、こうした意味でも戦後の教育をし直す必要があるのではないでしょうか」

素晴らしい!!

デヴィ夫人が日本の現状を批判「病んでいるうえに他国の顔色をうかがい過ぎ」

デヴィ夫人

 

8日、デヴィ夫人が自身のブログを更新し、日本の現状を「病んでいる」と批判した。

ブログの中で、デヴィ夫人は東京・小金井市で昨年発生した女子大生刺傷事件、横浜市で発覚した原発避難いじめ事件などの事例を持ち出して、まず「本当に日本人の気高い精神はどうなってしまったのでしょう」と嘆いた。

そして、「日本の若者たちが享楽にふけっている裏で、中国はじわじわと日本を侵略し、彼らが大人になるころには日本は植民地化されているかもしれません」「日本の方々が 中国や韓国の反日教育を知らなすぎるのに大変遺憾に思います」と、尖閣諸島や平和の少女像(慰安婦像)をめぐる問題を挙げ、日本の危機意識の欠如に警鐘を鳴らしたのだ。

デヴィ夫人は続けて、「日本は病んでいるうえに、日和見主義者のように他国の顔色をうかがい過ぎです」と、日本の現状を厳しく批判したのだ。さらに、「日本人はもっと決然と、威厳を持つべきで、こうした意味でも戦後の教育をし直す必要があるのではないでしょうか」と、独自の教育論を展開し始める。

そこでデヴィ夫人は、国有地払い下げ問題で揺れ続ける学校法人・森友学園を引き合いに出し、「森友学園の礼儀正しく、善悪を教え、愛国心、正義感を育て、日本人の誇りと自信を持たせる教育に私は 賛同しています」と主張したのだ。

「本来なら日本政府か文部科学省がこうした日本人の教育方針を行うべきです」「現在 多くの病んでいる人々を抱えた日本にこういう学校は必要なのではないでしょうか」と、再び「病んだ日本」に触れつつ、森友学園の重要性を訴えていた。
 
 
広告を非表示にする

●これが韓国の素顔

■阿呆! ■知れば知るほど嫌いになる 和の日本・恨(ハン)の朝鮮 日本を非難することでしか生きられない国

WBCで惨敗の韓国、試合後の観客席がごみだらけに=韓国ネット「これが韓国の素顔」「お金を払っているのになぜ片付けなければならないの?」

8日、韓国でワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の試合が開かれたソウル・高尺スカイドームの試合後の観客席の惨状が伝えられ、ネットユーザーの注目を集めている。資料写真。

写真拡大

2017年3月8日、韓国でワールド・ベースボール・クラシックWBC)の試合が開かれたソウル・高尺スカイドームの試合後の観客席の惨状が伝えられ、ネットユーザーの注目を集めている。

韓国経済によると、韓国は6、7日に高尺スカイドームで開かれたWBCの試合で、第1戦、第2戦ともに惨敗を喫した。さらに、試合後の観客席には食べ残しや紙コップなどのごみが散乱していた。その場に捨てたことがばれないよう、ごみを座席の隙間に押し込んであるケースも多かった。人目につきにくい3、4階は特にひどく、食べ残したチキンや子供用のおかゆまで、さまざまなごみが床に積まれていた。

誰もいなくなった観客席でごみを回収していた競技場の職員は「いつものこと」とため息をついた。回収したごみを競技場の外に運んでいた職員は「いつもよりごみの量が多いようだ」と話した。また、ごみの中には競技場内以外で買ったとみられるものも多かったという。外部からの飲食物の持ち込みは禁止されているが、競技場の前では堂々と飲食物が販売され、観客はコートやかばんに隠すなどして入場していた。さらに、競技場の出入り口には喫煙スペースが用意されていたが、観客は至る所でたばこを吸い、その場に吸い殻を捨てていった。

韓国で競技場のごみが問題になるのは今に始まったことではない。しかし、韓国経済は「ソウルで初めて開かれたプロの国際大会だったという意味でとても恥ずかしい。競技場にはイスラエルやオランダ、台湾の観客も訪れていた。彼らが記憶する韓国の競技場は通路にごみが散乱している姿だろう」と指摘した。また、「今回の大会では惨敗した代表チームだけではなく、観客の未熟なマナーも批判されるべき」とし、「ごみを片付ける文化が自然に定着するよう、ごみ袋を使った応援を取り入れるなど行政的対策も必要だ」と主張した。

この報道に、韓国のネットユーザーからは
「競技力も最悪、マナーも最悪」
「これが韓国の素顔」
「これでは中国と変わらない」
「子供たちも多く集まる場所なのに…」
「メディアのカメラが回っている場所ではちゃんと後片付けをするのに」
 
などのコメントが寄せられた。その他、
「ごみ箱の数をもっと増やせばいい」
「チケット代には掃除代も含まれている」
「お金を払っている私がなぜごみまで片付けなければならないの?」
との意見もみられた。(翻訳・編集/堂本)
 
 
 
 
広告を非表示にする

●韓国・釜山の日本領事館前に「ゴミで作った慰安婦像」が登場!

■阿呆! ■知れば知るほど嫌いになる

f:id:hs34728:20170309085721p:plain

f:id:hs34728:20170309085746p:plain

 

釜山の日本領事館前に設置された「慰安婦像」(韓国では「平和の少女像」と呼んでいる)の隣に「もう一つの少女像」が設置され、韓国社会では波紋を呼んでいる。

まずは、釜山の日本領事館前の「慰安婦像」をめぐる問題を振り返ってみたい。

2016年12月28日、釜山広域市の日本領事館前の歩道に、市民団体らが「慰安婦像」を設置したが、釜山広域市東区当局は、道路交通法違反として像を撤去した。しかし翌日の12月29日、東区に抗議の電話が殺到し、区の業務に大きく支障をきたしたほか、区のサーバーもダウン。12月30日には一転設置を認め、大晦日である31日に除幕式が行われた。

日本はこれに抗議。菅官房長官は「このような措置は極めて残念である」とし、1月6日、日本政府の当面の措置として、在大韓民国日本国大使館・長嶺全権大使と釜山総領事館・森本領事を一時帰国させたほか、日韓通貨スワップ協定の取り決め協議の中断や、ハイレベル経済協議の延期等を決めた。

長嶺全権大使は、現時点をもって、いまだ韓国に戻っていない。

◆「ゴミの像だけを撤去するのは問題がある」

韓国JTBCの報道によれば、釜山の日本領事館前に新たに設置された「少女像」はゴミの「少女像」。2か月くらい前から、朴槿恵大統領の弾劾無効を訴えていた30代の男性が、今度は「少女像」の撤去を求めるビラを貼りながら、ゴミで模した「少女像」を設置した。汚れたベンチに壊れた扇風機を縛り付けた形が、「少女像」をイメージさせる。

市民団体らは、当局に対し「即時のゴミの撤去」を求めたが、区の担当者は「ゴミの少女像」の設置は「平和の少女像」設置のせいであるとしながら、「『少女像』も無断で道路を占有しており、我々はそれを『黙認』している状態である。『少女像』に関する条例もないなかで、『ゴミの少女像』だけを撤去するのは問題がある」とコメントしている。

韓国の外交部は、釜山の日本領事館前に設置された「慰安婦像」を移設するよう、釜山東区のほか、釜山広域市や議会に公文で求めているが市民団体からの反発は強い。

また1919年の「3.1独立運動記念日」(韓国の休日)には、京畿道・安養市のほか、韓国全土で「平和の少女像」が建立設置され、年内には100体ほどの「慰安婦像」が設置される見込みという。

◆新大統領の意向によっては、日韓合意が反故になる可能性も

日本大使館の長嶺全権大使が大使館に復帰する条件は、あくまで「釜山領事館前の『慰安婦像』の撤去(移設)」ではあるが、仮に朴槿恵大統領の弾劾が決議され、2か月以内に公示される大統領選の結果によっては、慰安婦問題の日韓合意も反故される可能性もあり、問題の長期化の避けられない状況だ。

30万人規模ともいわれる米韓合同軍事演習に対抗した北朝鮮のミサイル挑発や、金正男氏の暗殺事件、THAAD(高高度防衛ミサイル)の韓国配備による中国との外交経済摩擦など、米中・朝鮮半島を取り巻く情勢が刻一刻と緊張感を増しているなか、全権大使の不在やハイレベルの経済協議の中断が、日本外交に不利益を生じさせなければいいのだが……。

<文・安達 夕>

ハーバー・ビジネス・オンライン

 

 

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170306-00132176-hbolz-int

 

 

広告を非表示にする

●サッカー中国リーグ、ピッチにペンキを撒く様子が世界に放映される

■知れば知るほど嫌いになる 「何でもありの支那」「何でもなしの日本」

 

f:id:hs34728:20170307235305p:plain

中国サッカー・スーパーリーグ第1節で4日、天津権健と広州富力が対戦した。昨シーズン途中から天津の監督を務める元イタリア代表主将のカンナバーロ氏にとって同リーグ初の開幕戦だったが、注目を集めたのは試合内容ではなく、試合前にピッチにペンキを撒く様子だった。中国メディア・新京報が5日報じた。

試合が行われたのは、広州富力のホームだ。記事は「スタジアムに入るとすぐに、ピッチが緑色のペンキで塗られているのがはっきりと見える。富力の選手たちは緑色のシューズを履いていて目立ったが、あとになってそれがとても賢いことなのだと分かった」と紹介。さらに、前半終了時点で「地面に多く触れた選手たちのパンツやシューズが緑色になった」とした。

試合は、助っ人選手の不発が響き天津が0-2で敗戦したが、記事は「彼らは試合に負けたばかりでなく、ユニフォームを1枚無駄にした。専門家によればあれはペンキであり、ユニフォームやシューズに付着したものを洗い落すのは難しい」と解説している。

そのうえで「広州富力の正式なホームグラウンドが現在改修中で、4日の試合は広東省人民体育場を使った。もう久しくプロの試合が行われていないこのグラウンドは芝の質が悪かったが、時間もなく、臨時使用ということもあって大規模な修繕ができなかった」と理由を説明。

ピッチにペンキを撒くケースは決して珍しくはなく、2014年W杯ブラジル大会でも同様の処理が行われたとした。

一方で「美しく見せるという、メンツを保つための作業。しかし、こんな手抜きとも言えるやり方は、笑いものになる。昨日の試合は英国のスカイスポーツが中継しており、世界に向けて恥をかいたことになる。

そもそも、ピッチにペンキを撒いて緑色にする必要などない。お金と労力、選手の用具のムダ。それで選手にも何の助けにもならない」と指摘、批判している。

記事曰く、このような「処置」は中国だけで行われている訳ではなさそうだが、どうしても「中国なら不思議ではない」という感想を抱いてしまう。それは、一部地域で過剰伐採により地面がむき出しになってしまった山肌に「緑化」としょうして緑色のペンキを撒くといった行為がしばしば伝えられるからに他ならない。

 

ピッチを無理やり美しくしたとしても、試合やプレーが美しくなければ、目も当てられない。

 

(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

 

広告を非表示にする

●大田平和の少女像に日章旗と旭日旗差した大学生

ありがとう!

警察調査で「処罰できず」

大田(テジョン)のボラメ公園に立てられた平和の少女像に日章旗旭日旗を差した大学生が警察に捕まり調査を受けた。

大田屯山(トゥンサン)警察署が6日に明らかにしたところによると、この日午後4時52分ごろ、大田市西区屯山洞のボラメ公園にある平和の少女像のひざと手などの間に日章旗旭日旗が差されているのを近くを通った市民が発見し警察に通報した。

通報を受け出動した警察は現場でうろうろしていた大学生(19)のかばんから日章旗旭日旗を見つけた。大学生は通報を受けた警察が現場に到着する直前に平和の少女像に差しておいた日章旗旭日旗を回収した。大学生は警察署に任意同行して調査を受け帰宅した。

警察は特に法的に処罰する根拠を見つけられなかったという。少女像を毀損したのではなく日章旗旭日旗を差しただけのためだ。

警察で大学生は「現在の政治状況が気に入らない。私は日本人になりたい。日本が好きだ」と陳述したという。

 

 

 

広告を非表示にする

●ブログ「在日朝鮮人から見た韓国の新聞」より

■知れば知るほど嫌いになる

http://blog.livedoor.jp/kanedashoji70/archives/2017-03.html

大韓民国の正しい国名は「朝鮮共和国」

読者の意見:「サウス・コリア」と言われるとプライドが傷つく (2017.3.4 朝鮮日報)


英語が実質的に世界言語化していることから、各国は自国の英語表記を持っている。韓国の英語表記は正式には「リパブリック・オブ・コリア(Republic of Korea)」だが、公的な行事や首脳会議などではごく普通に「サウス・コリア(South Korea)」という言葉が使われている。分断国家というだけでもつらいことだが、国名にまで分断の意味合いを持たせる必要があるのだろうか。私的な席では意味合いをはっきりさせるため「サウス」という言葉を使うことがあっても、国の代表が会う席や国際会議で「サウス・コリア」という言葉が使われるとプライドが傷つく。米国トランプ政権の初代国防長官となったマティス氏が先日、就任後最初の訪問先として韓国を選んだことが大きく報じられたが、マティス氏も韓国を「サウス・コリア」と呼んでいた。

今後は韓国外交部(省に相当)が国内外に明確な指針を出し、韓国を英語で表記する場合は正式な「リパブリック・オブ・コリア」を使うよう徹底させるべきだ。それには末端の政府関係者から韓国の正式な英語名を使わせなければならない。同時に全てのメディアも「南韓」という言葉は使わず「大韓民国」あるいはそれを短くして「韓国」とすべきだ。名前は個人や国家を直接的に知らせる手段であり、個人にとっては人格、国家にとっては国の格を示す象徴的な媒介手段でもあるからだ。 (抜粋)

このコラムは名誉教授という肩書きの人が書いたのですが、自国の事をよく分かっていませんね。

北朝鮮は正式名称が「朝鮮民主主義人民共和国」で英語表は "Democratic People's Republic of Korea (D.P.R.Korea, DPRK)" であり、南朝鮮の本来の正式名称は「朝鮮共和国」で英語表記は "Republic of Korea(ROK)" となります。

"Republic of Korea" とだけあまり書かないのは、北朝鮮と混同される可能性が否定できないからですね。

それ以前に、南朝鮮北朝鮮の事を "북한 (北韓)" と言いますから、自ら南韓だと認識し分断国家である事を半ば誇らしく思っているでしょうに。それにも関わらず、外国人には "South Korea (南朝鮮)" とは言うな、と要求するのもおかしな話で。だからこそ、政府レベルでは "South Korea" を正式に否定しないのです。


で、漢字圏では "Republic" と "Democracy" は似ているようで意味合いが異なります。 "Democracy" 政体を表す「民主」という意味合いであり、 "Republic" は「共和」。"Republic of Korea" には「大」ももちろん含まれていませんが、「民」という意味合いもない。そもそも、"Korea" そのものが「韓」と言うより「朝鮮」でしょうに。

例えば、日本でよく知られるイザベラ・バードの『朝鮮紀行』の原題は "Korea and Her Neighbours" であり、"Chosun" ではないのですね。"Korea" は朝鮮と訳すのが妥当な言葉なのであり、それ故に、北朝鮮は "Korea" を朝鮮と訳させているのです。


以上から、南朝鮮が嫌なら「朝鮮共和国」が正しい表記であり、「大」も「韓」も、そして「民」すら本来の国名には含まれていない。正しさを求める、と言うのはこういった事を意味するのですよ。
 
 
広告を非表示にする

●いつまでも、韓国のウソが通用すると思うなよ。真実は、まもなく世界中が知ることだろう。

日本を非難することでしか生きられない国 水に流す日本・恨み続ける支那・朝鮮

【歴史戦】米アトランタ慰安婦像、設置許可せず 施設側が通達、韓国系団体「失望」

【ニューヨーク=上塚真由、ロサンゼルス=中村将】

米南部ジョージア州アトランタの「公民権・人権センター」敷地内に慰安婦像を設置する計画が進められていた問題で、同センターが像の設置を許可しない方針を固め、関係者に通達したことが分かった。

アトランタ日本総領事館慰安婦問題についての日本政府の立場を関係者らに説明したほか、現地の日本人らの働きかけが功を奏した。

同センターは産経新聞の取材に「拡張計画が進んでおり、敷地には何も設置しないことになった」と説明した。韓国系米国人らは2月9日、アトランタ市内で記者会見し、同センターに4月に像を設置する計画を発表。

「センター側も設置を確認している」としていた。会見には、2007年に米下院で可決した慰安婦問題をめぐる日本非難決議を主導したマイク・ホンダ前議員も同席した。

地元紙によると、センター側は今月2日、韓国系団体の代表者に「さらに検討した結果、(像設置の)要求を実現する立場ではなくなった」として計画を中止し、今後も設置しないことを通達。団体側は「決定に失望した」と語り、反発した。

韓国紙は「少女(慰安婦)像設置計画が発表されて以降、日本総領事館は全方位的な反対ロビーを繰り広げた」「現地の日本人がセンターの後援企業などに像設置反対を働きかけた」などと報じた。団体側は「像を設置する別の場所をアトランタで探している」としている。

同センターは黒人の公民権運動や世界の人権運動を取り上げるため、2014年に開設。NPO法人が運営している。団体は3年前から準備し、計画は昨年12月の理事会で全会一致で承認されたとされるが、「決まった後に通知を受けた」と話す理事もいたという。

 

 

 

広告を非表示にする