日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

2018-11-08から1日間の記事一覧

●なぜ「韓国の常識は、世界の非常識」なのか 歪んだ教育が生む「選民意識」

なぜ「韓国の常識は、世界の非常識」なのか 歪んだ教育が生む「選民意識」 | デイリー新潮 慰安婦問題や北朝鮮との宥和政策など、国際的な取り決めを一方的に反故にし、自分たちだけの勝手な理屈で動く韓国。なぜそのような理屈が通ってしまうのか。 なぜ「…

●「中二病」が昂進して日本を見下す韓国

「中二病」が昂進して日本を見下す韓国 | デイリー新潮 妄想外交文在寅政権になって以降の韓国外交についての評価は、立場によって様々だろう。同じ韓国国民であっても、南北統一を志向する人たちにとっては望ましい方向性なのだろうが、その危険性を憂慮し…

●「立ち上がれ、日本人よ」 92歳マハティール首相の感動メッセージ

愛国心を持て92歳でマレーシア首相に返り咲いたマハティール・モハマド氏が日本の修学旅行生に向けて語ったスピーチをご紹介した記事は大きな反響を呼んだ。 とかく「日本はアジアに謝罪すべきだ」という声がマスコミでは大きく扱われがちだが、当のアジアの…