読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●韓国人よ、悪いけど、我々とは本質が違う。

日本の電車は降りる人を待ってから乗るものだ!日本人の交通マナーに韓国紙が注目=「僕も日本で感銘を受けた」「韓国はまだまだだな」―韓国ネット 2017年4月22日 Record China 写真拡大 2017年4月20日、韓国・ソウル経済新聞は、人口密度が高く、公共交通機…

●韓国が、日本以上に「平和ボケ」の症状を呈している

2017.4.6 【産経抄】韓国が、日本以上に「平和ボケ」の症状を呈している 4月6日 北朝鮮がまた、弾道ミサイルを発射した。2017年4月6日、初めての首脳会談に臨むトランプ米大統領と中国の習近平国家主席への明らかな挑発である。 ▼北朝鮮には核・ミサイル問題…

●韓国は国自体が、火病=ファビョン(鬱火病)だ。

天に唾することを行うから火病になるのだ。 年間11万人が“火病(ファビョン)”に苦しむ現代韓国。火病は韓国特有の病気。 2016年01月08日 | 「ファビョる」というネットスラングをご存じだろうか? ネット上の議論の場で反論ができなくなったときに、顔を真…

●南朝鮮は、まず精神を健全にしてから、この事を考えよう。

韓国、「魔の壁」に阻まれ先進国の仲間入りにまた失敗=韓国ネット「これが『失われた10年』か」「そろそろ身の程を知った方がいいかも」 2017年3月31日 2017年3月28日、韓国の1人当たりの国民総所得(GNI)が昨年も2万ドル(約220万円)台にとどまったこと…

●韓国は政府の体をなしていない。嘘つき国家。

また日韓合意破りか…日本拠出10億円を財団運営費に 片山さつき氏が調査「政府の体をなしていない」 慰安婦問題をめぐる、日韓合意の内容がゆがめられようとしている。日本が拠出した10億円の一部が、韓国が設立した「和解・癒やし財団」の運営費に充てられる…

●この人達の意見に韓国人の何人が賛同するのだろう?ほとんど、いないのではないか。

韓国大学生「いざというときに頼れるのは米中でなく日本」 NEWS ポストセブン 3/23(木) 7:00配信 ソウルの日式居酒屋で日本酒を酌み交わす韓国人 Reuters/AFLO 政治不信と共に深刻なのが、どん底の韓国経済。外交で四面楚歌となった今、国民は不安を隠しきれ…

●韓国の「不誠実」に世界中が反韓に成っている。まさに四面楚歌の状態。

http://www.recordchina.co.jp/b161146-s0-c10.html 日本での日程と全然違う!米国務長官、韓国政府の夕食会の誘いを断る=韓国ネット「当然のこと」「中国に嫌われ、米国にも見放された」Record china 2017年3月17日(金) 16時30分 2017年3月17日、韓国・ニ…

●韓国人が手本や模範にする国民はどこ ?

韓国人が手本や模範にする国民はどこの国なのだろうか。 『中央日報』と慶煕大学が共同調査した「韓国国民が選ぶ最も“魅力的な国民”」というアンケート結果がわかりやすい。 1位に選ばれたのはドイツ(23.6%)だ。「成熟した市民意識」や「寛容の精神」が選…

●頼む、日本には帰化しないでくれ、お願いします。

日本を訪れた中国人が「このまま日本で暮らしたい」と思う理由=中国 2017-02-16 10:12 日本政府観光局(JNTO)によれば、2016年に日本を訪れた中国人旅行客の数は前年比27.6%増の637万3000人に達し、過去最高となった。年間で600万人を超えたのは初めての…

●韓国人に生まれなくて良かった

http://diamond.jp/articles/-/117809 「韓国人に生まれなくて良かった」元駐韓大使が心底思う理由 ● なぜ韓国の国民は 格差問題に激しく反応するのか韓国では、崔順実容疑者の国政への関与と大統領府が絡んだ収賄疑惑で百万人規模の朴槿恵大統領退陣要求が…

●韓国を、この売春婦像で埋めつくしなさい。日本は一向に困らないので。

韓国・大邱でも慰安婦像設置の動き、商店主らの反対で難航=「市民団体はまるで特権階級だな」「少女像のないところで暮らしたい」 2017年2月10日、韓国・ノーカットニュースによると、大邱広域市でも市民団体により「平和の少女像」の建設が計画されている…

●カンボジアは経済的に中国に乗っ取られている。可哀想に。

カンボジア人「中国企業が日本企業に勝つのは当たり前だよ」 NEWS ポストセブン 2/11(土) 16:00配信 中国がカンボジアに国家予算の5%もの「爆援助」を行っている。その狙いは何か。ジャーナリストの安田峰俊氏がカンボジアの首都・プノンペンを歩いた。 「…