日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

unwritten rules(野球の不文律)

野球の不文律(やきゅうのふぶんりつ)では野球における不文律について記す。野球には、公認野球規則(ルールブック)に記されていなくても守らねばならない不文律 (unwritten rules, unwritten codes) が存在するとされている。メジャーリーグベースボール (MLB) や日本プロ野球 (NPB) などプロ野球の試合においては、これを破ると故意死球などの報復を受けることがある。

 

(1) チームが5点以上、勝っているときは相手投手のカウント0-3からの球をスイングしてはならない

 

(2) 勝ったときでも、相手チームや敵のファンが見えるところでは大げさに騒いではならない

 

(3) ホームランを打った瞬間、ホームプレートに立ち止まって打球の行方を目で追ってはいけない

 

(4) 味方がどんなにリードしていても、四球のあとホームプレート上にバットを置いたまま、一塁に向かってはならない

 

(5) チームが4点以上負けているときはたとえホームランを打っても、ゆっくりベースを1周したり、大げさに喜びのジェスチャーをしたりしてはならない

 

(6) 力のあるスター投手と対戦するとき、両足で穴を掘って、足場を固めるような行為をしてはならない

 

足をより踏みしめ、強い打球を打とうとする行為だが、同時に、お前なんか、怖くないぞ、という行為だと受け取られる。そ んな行為をしたら、ビーンボールが、体を直撃する。

 

(7)スライディングのとき、決してスパ イクを相手の体に向けてはならない

そんな行為をしたら確実に乱闘になる。

 

(8) あなたが盗塁王候補でも、六回以降、5点以上差をつけている場合は盗塁をしてはならない

 

(9) ホームプレートから足をはみ出して打とうとしたり、プレートに覆いかぶさったりしてはならない。特にプロテクターをつけて立っているときは。さもないと、95マイルの速球が体に飛んできて、プロテクターがあまり役に立たないことを思い知る。

 

(10) 相手打者から三振を取ったあと派手にガッツポーズをしてはならない。自尊心を傷つけられた打 者は必ず次の打席で強烈なピッチャー返しを狙ってくる。

 

(11)もし、あなたが自分の成績 や利益を優先させ、チームを無視する行為をしたり、仮にそうしていると周囲に受け取られたりするようなことになったら、両方のダッグアウトから反発と怒り を買うだろう

 

(12)大半のメジャーリーガーがアンリトン・ルールを常に厳守していること を決して忘れるな