日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

はっきり言って、中韓はどうでもいい!

 

閉じる際立つ中韓の「日本嫌い」 前回から急増、他のアジア諸国と対照的

2013.7.12 10:10

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130712/chn13071210120004-n1.htm 

 

米調査機関ピュー・リサーチ・センターがアジア各国で実施した世論調査で、日本に好感を持っていないと答えた人が中国と韓国で大半を占め、両国で「日本嫌い」が急増していることが分かった。歴史や領土をめぐる問題が背景にあるとみられる。

 

          f:id:hs34728:20130712231807j:plain

 

日本に「非常に悪い印象を持っている」と答えた人は中国で74%、韓国38%2008年の前回調査と比べ、中国で40ポイント、韓国で25ポイント増えた。「あまり良くない」印象があるとの回答と合わせると、中国で90%、韓国で77%に達した。

 

 

一方、日本に「良い印象」を持っている人が80%に達したマレーシアをはじめ他の調査国であるインドネシア、オーストラリア、フィリピン、パキスタンでは日本を好意的に見る人が圧倒的に多く、中韓との差が際立っている。

 

 

中韓では安倍政権への見方も厳しく、両国とも85%の人が安倍晋三首相に良い印象を持っていないと答えた。調査は34月に各国で実施された。

 

 

 

 

    f:id:hs34728:20130712234042j:plain

 

尖閣どこ吹く風、日本依然首位 台湾の「最も好きな国」

2013.6.28 08:23 台湾

 

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130628/chn13062808250001-n1.htm

【台北=吉村剛史】

 

台湾における「最も好きな国・地域」で「日本」が43%の支持を集めてトップを維持し、2位の米国、中国、シンガポール(各7%)から依然突出していることが2012年度対日世論調査で分かった。

 

尖閣諸島沖縄県石垣市)の領有権を主張する中国との関係が冷却化する中、同じように領有権を唱える台湾での根強い日本人気を裏付けた。

 

調査は日本の対台湾窓口機関、交流協会台北事務所(大使館に相当)が外部機関に委託し、台湾の20~80歳の男女1千人余を対象に今年1月に実施した。

 

尖閣周辺で台湾漁船の操業を認めた日台漁業取り決め調印(4月)前の調査だが、日本は昨年度より2ポイントアップ、米中は1ポイント下げた。年代別では20代の54%、30代の50%が日本を支持し、高齢者より若者の親日感情の強さが際立った。

 

「行きたい海外旅行先」も日本が首位(38%)だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする