日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

節食開運説

江戸時代最高の観相家といわれた水野南北の「節食開運説」の要点を10項目に整理して示します。皆さんよく読んで頭の中に入れておきましょう。これをよくよく守ると生涯恵まれ幸せに暮らせます。

1.食事の量が少ない者は人相が不吉な相であっても、それなりに恵 まれた人生を送り、早死にしない。特に晩年は吉となる。

2.食事が常に適量を超えている者は、人相が吉相でも調いにくい、手がもつれたり、生涯心労が絶えず、晩年は凶となる。

3.常に大食、暴食の者は、たとえ人相がよくても運勢は一定しない。もしその人が貧しければ、ますます困窮し、財産家でも家を傾ける。大食、暴食して人相が凶であれば、死後に入るべき棺もないほど落ちぶれる。

4.常に身のほど以上の美食をしている者は、たとえ人相が吉でも運勢は凶になる。美食を慎まなければ家を没落させ、出世もおぼつかない。まして貧しくて美食する者は、働いても働いても楽にならず、一生苦労する。

5.常に自分の生活水準より低い程度の粗食をしている者は、人相が貧相でもいずれは財産をなし、長寿を得、晩年は楽になる。

6.食事時間が不規則な者は、吉相でも凶となる。

7.小食の者には死病の苦しみがなく、長患いもしない。

8.怠け者でずるく、酒肉を楽しんで精進しない者は成功しない。成功、発展しようと思うならば、自分が望むところの一業を極め、毎日の食事を厳重に節制し、大願成就まで美食を慎み、自分の仕事を楽しみに変えるように努めれば、自然に成功するだろう。

9.人格は飲食の慎みによって決まる。

10.酒肉を多く食べて太っている者は、生涯出世栄達はない。

以上です、基本は言葉どおり、食を節することにあります。さらに水野南北は、これらの節食の実践とともに、日常生活での心掛けを説いていて、節食とともに日常の心掛けを実践することで運はさらに開け、強運になるといいます。

その主なものは、毎朝、昇る太陽を拝むこと。朝は早く起床して、夜は早く就寝すること。夜に仕事をするのは大凶である。衣服や住まいが贅沢すぎるのは大凶である。倹約は吉であるが、ケチは凶である。