日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

米国人客室乗務員が“どうにも我慢できない!”「中国人の振る舞い“Oh no!”10項目」

 

http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/339015/

 

【新華網】 

航空会社の米国人客室乗務員にとって、中国人はいったいどのような「問題」があるのだろうか。中国人同士では大した問題にならないが、米国人の目にはそうは映らない。客室乗務員たちが反感を持つ中国人の10のポイントを挙げた。

 

 

.上手に英語を話せる中国人が少ない。発音がおかしいわけではなく、使う場面や調子がおかしく、反感を覚える。

 

.中国人は「等級」意識が強く、上司は部下にとって絶対的であり、金持ちは貧乏人を見下す。中国人はすでに慣れているが、米国でこうした行為は反感を買う。中国人移民は米国で広い家や高級車、ブランド品を買うが、米国人にバカにされている。米国人はこれらを気にしない。中国にいるように特権を享受しようとすることはできない。

 

.中国人は衛生面に注意しない。外国を訪れる中国人はブランド品を身にまとうが、口臭がひどく、歯が黄色い。爪が汚く体臭もあるので、米国人の客室乗務員には我慢できない。日本人乗務員とは異なり、米国人は平身低頭して人に迎合したりしない。アジア人にとって「お客様は神様」だが、米国人にとっては「神は神」。マナーやエチケットをわきまえるべきだ。

 

.中国人は金持ちでもケチで、ブランド品を買ってもチップを置かず、ホテルの物を持ち帰ることもある。

 

.米国人は飛行機で中国人と一緒に座ることを嫌う。中国人は大きな声で話し、席を立つときにも「すみません」と言わない。

 

.米国を訪れる中国人は独りよがりで、米国人に歴史について教えたりする。中国ではどうでもよいが、外国では謙虚な態度の方がよい。

 

.中国人観光客は食事の時に骨などをテーブルの上に置く。米国人は小皿に置いたりペーパーナプキンで包んだりする。

 

.公共の場所で痰を吐いたり、くしゃみをしたりする。くしゃみをする時にはナプキンで口を隠すべきだ。大声で話したり、ナイフやフォークを持ち上げて話したりすることはマナー違反だ。

 

.中国人は中華料理が大好きだが、米国人は好きではない。中国人はフカヒレや漢方薬、熊の胆、犬の肉、蛇の肉などを摂って自らの勇敢さを示したりするが、奇妙に見える。

 

10.一部の中国人は劣等感を抱き、自国の悪口を言う。米国人はみな愛国主義者だ。中国人が自国の悪口を言う行為はばかにされる。

 

(編集翻訳 恩田有紀)