日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

やっぱり、目くそ鼻くそ。最低!!

中韓泥仕合、ACL決勝「アジアの恥」…イチャモンつける韓国、レーザー照射で報復する中国の“低次元”

2013.11.16 07:00

 

http://sankei.jp.msn.com/west/west_sports/news/131116/wsp13111607000000-n1.htm

 

やっぱり、「中韓サッカー泥仕合バトル」の第2章が幕を開けていた-9日に広州恒大のホームで行われたアジア・チャンピオンズリーグACL)決勝第2戦のことだ。

 

また始まった韓国の挑発

 

試合は1-1で引き分けて2戦合計3-3となったが、元イタリア代表監督の名将、マルチェロ・リッピ氏率いる広州恒大アウェーゴール数で韓国のFCソウルを上回り、中国チーム初のアジア王者となった。しかし、両チームのサポーターやメディアを巻き込んだ容赦のないけなし合いが繰り広げられ、なんとも後味の悪い結末となった。

 

そもそもはFCソウルのホームで行われた先月26日の第1戦の前から練習場の準備をめぐってバトルが勃発していたが、第2戦ではそれがヒートアップ。中国の情報ニュースサイト「レコード・チャイナ」は「また始まった韓国の挑発、『選手は改築中の部屋に泊まらされた』」と題し、韓国メディアの「sportalkorea」がFCソウルの選手が改築中の部屋に泊まらされ、ほかの宿泊客と一緒に食事を採らされたと広州恒大側を非難したことを伝えた。

 

キムチの味が本場じゃなかったから…

 

試合後には「FCソウルの敗北に言い訳尽きぬ韓国」との見出しで、「合計スコアでは負けていない。アジアサッカー連盟AFC)の不可解なルールのために準優勝に終わった」との韓国紙中央日報の報道を掲載するとともに、「言い訳を探すことしかできないのか」「そのうち『キムチの味が本場じゃなかったから』と言い出すのでは?」「どうりで日本も韓国人を煙たがるわけだ」といった中国版ツイッターに投稿されたコメントを列記した。

 

また、別の中国ニュースサイト「新華経済」の日本語版は、試合後にスタジアムの電光掲示板で「FCソウル準優勝おめでとう」と表示されたことに「あら探しが好きな韓国メディアが礼を失する行為だと非難した」との地元紙鳳凰体育の記事を紹介。そのうえで、前述の「sportalkorea」が「自身が三流のチームであることをさらした」「フェアプレーの精神も欠いており、これが韓国チームと中国チームの違いだ」と「準優勝おめでとう表示」を批判したことを「なんで?」と皮肉った。

 

 

 

報復、レーザー光線照射

 

もっとも、おかしいのは韓国側だけではない。広州恒大のサポーターが第1戦で受けた非礼への報復と称し、中国入りしたFCソウルの選手や監督に向かってレーザー光線を照射した。試合後には両チームのサポーターが居酒屋で殴り合いの大乱闘も引き起こしたという。

 

優勝した広州恒大はアジア代表として12月にモロッコで開かれるクラブ・ワールドカップ(W杯)に出場するが、これでは、他大陸の代表となったチームからなめられても仕方ない。アジアの地位を向上させるには、問題のあったクラブやチームをACLから徹底的に排除するくらいの強い姿勢が必要だと思うが、中国や韓国の顔色をうかがっている感のあるAFCにそこまで望むのはきっと無理だろう。(北川信行)

 

 

f:id:hs34728:20131001111536j:plain

 

 

 

 

【北川信行のサッカーなんでやねん】中国、韓国どちらが無礼で嘘つきか…ACL決勝「中韓対決」の情けない“泥仕合と罵声”

2013.11.2 07:00

 

http://sankei.jp.msn.com/west/west_sports/news/131102/wsp13110207000000-n1.htm

 

 

「目くそ」「鼻くそ」と表現すると言葉に品がないが、「どっちもどっちだろ」と思わず「ツッコミ」を入れたくなる。アジアのナンバーワンサッカークラブを決める「アジア・チャンピオンズリーグACL)」の決勝で繰り広げられている、中国と韓国の泥仕合のことだ。

 

 

 

「練習場」めぐり、ひと悶着

 

ことしのACLは韓国のFCソウルと、中国の広州恒大が勝ち上がり、ホームアンドアウェー方式の決勝は1026日にFCソウルのホームで第1戦が行われ、第2戦は119日に広州恒大の本拠地で開かれることになっている。

 

その第1戦での出来事。中国のニュースサイト「新華経済」の日本語版などによると、1024日に韓国入りした広州恒大のチームは照明設備のある練習場の提供を事前に韓国側に申し入れていたにもかかわらず、到着後に「準備できない」と断られたという。

 

 

 

名将も無礼に激怒、そして揶揄

 

広州恒大の指揮官は、2006年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で母国イタリアを優勝に導いたマルチェロ・リッピ監督が務めているが、その名将も「30年間の監督生活でこのような状況は初めてだ。国際大会にも数多く参加しているが、こんな無礼で失礼な目に遭うのは初めて」と激怒。そのうえで、「FCソウルが広州に来たときには、われわれは礼を尽くす。中国では無礼な目に遭うことはないからご安心を」と揶揄(やゆ)した。

 

別の記事では、韓国メディアが中国メディアのことを「記者会見で無礼な質問をすることで悪名高い集団」と批判したことが取り上げられた。

 

 

 

マナー悪い中国

 

一方、韓国紙の中央日報(電子版)の日本語版は、広州恒大側が練習時間を守らず午後遅くに入国し、照明設備がない補助球場を利用できなくなったと反論。「練習場がないのではなく、自ら練習を取り消した」とのFCソウルの見解を掲載した。また、別の記事では、中国と日本でプレーした韓国人選手の「中国は一人っ子の家庭が多いため、選手がマナーを欠く。時間もあまり守らず、コーチングスタッフの指示に従わないことも多い」とのコメントを紹介。ACL決勝に5年連続で韓国チームが出場していることを強調し、「韓国がアジア最強」と、いつもながらの“手前みそ”な論を展開した。

 

 

 

主将が不用意発言…ほら吹き韓国の批判

 

試合は2-2で引き分けたが、泥仕合は試合後も続いた。「新華経済」によると、FCソウルの主将が「広州恒大はそんなに強いわけではない。次の試合での自信につながった」と発言したのが発火点となり、中国のネットユーザーから「ほら吹きは韓国人の民族性だ」「自信を持つのはいいが、自分の実力も考えないといけない」といった批判の声があがったという。

 

まるで、どちらが醜いかを競っているような中韓の対立だが、日本のJリーグは2008年にアジア王者となったG大阪を最後に、優勝チームを輩出していない。こんな泥仕合に巻き込まれるのはゴメン蒙るが、アジアの頂点を決める試合で蚊帳の外にいる寂しさも感じてしまう。

 

(北川信行)

 

 

 

 

 

広告を非表示にする