日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

それにしても、韓国は異常な国民だな!

韓国ショートトラック選手の悪質な反則の数々、過去には「頸椎脱臼」「流血」「殴打」も―中国メディア

2014216日、網易体育によると、一部メディアでは、韓国はソチ五輪で、「お家芸」であるショートトラックの成績がふるわず、中国選手に立て続けに反則を犯していると伝えられたが、過去には韓国選手による中国選手への露骨な暴力行為もあったという。 

記事によると、2006年のトリノ五輪ショートトラック女子1500メートル決勝で、中国の王●(ワン・モン、●=さんずいに「蒙」)は、3人の韓国選手と相対した。王はスピードでは優勢に立っていたが、韓国の3選手の連携により前に出ることができなかった。レース終盤には、韓国選手の1人が故意に王を妨害し、失格と引き換えに王の金メダルを銅メダルへ変えることに成功した。 

2008年のワールドカップ日本大会では、1500メートルに出場した中国の周洋(ジョウ・ヤン)が、レース中に韓国の鄭恩舟からヘルメットを手で押され、コースアウト。頸椎脱臼のけがを負った。鄭は失格となったものの、彼女の“自爆式反則”により、ほかの韓国選手が12位となった。 


20102011シーズンのワールドカップでは、より血生臭い一幕があった。男子500メートル準決勝のレース中、中国の韓佳良(ハン・ジアリアン)が韓国の金炳俊の反則により転倒。その上、韓国選手のスケート靴で腹部に裂傷を負い、リンクは血に染まった。 


20122013シーズンのワールドカップ女子1500メートルでは、韓国の崔姫玄が中国の李堅柔(リー・ジエンロウ)に敗れたことに腹を立て、レース後、李の腹部を殴打した。 


記事は、中国と韓国のショートトラックをめぐる因縁は、この後も続いていくだろうとしている。(翻訳・編集/北田)

 

 

 

ソチ五輪>行き過ぎた韓国の競争心、五輪選手でも失敗すれば「いっそ死ね!」と言われる=ショートトラック転倒選手に罵倒の数々―中国メディア

2014215日、騰訊体育によると、ソチ五輪ショートトラック男子5000メートルリレー準決勝で、米国選手と接触し転倒した韓国選手に対し、韓国国内では厳しい非難の目が向けられている。 

男子5000メートルリレーで優勝候補に挙げられていた韓国チームだが、残り数周のところでイ・ホソク選手が米国選手と接触し転倒、決勝に進めずメダルへの機会を逃した。これを見た韓国のネットユーザーは大激怒。「金メダルを取らせるために税金を払っているのに転倒するとは。いっそ死んでくれ」「帰国せずそのまま黒海で飛び降り自殺しろ」など、イ・ホソク選手への罵倒が相次いだ。 

チームメイトで後輩のシン・ダウン選手は「イ・ホソク先輩は金メダルのため、しいてはわれわれ後輩が兵役免除を受けられるようにと、大変な思いを抱えて氷上に立っている。もう罵詈雑言はやめてほしい」とネットに書き込んだが、これが火に油をそそぐかたちとなり、シン選手も罵倒の対象に。オリンピック参加の目的が兵役免除ということがばれ、非難されている。(翻訳・編集/YM

 

 

 

 

ショートトラック>韓国選手が試合後ライバルに卑劣な行為、過去の「証拠」写真に中国のネットユーザも怒りが爆発寸前―中国メディア

2014216日、現地時間15日に行われたソチ五輪女子ショートトラック1500メートル決勝において、韓国のキム・アランが米国選手と中国の李堅柔(リー・ジエンロウ)を巻き込んで転倒、キム選手が違反で失格扱いになった。この妨害行為に怒った中国では、過去の試合で韓国人選手がライバルの中国人選手に卑劣な行為をしている「証拠」写真があらためて注目を浴びている。鳳凰網が伝えた。 

注目されているのは、20122013シーズンのワールドカップ1500メートルの試合直後に撮られた写真。試合後に選手たちが休憩するなか、上位に入れなかった韓国人選手が腹立たしげに2位の成績を残した中国の李堅柔に近づき、李選手の腹部を殴る現場がはっきりと写っている。李選手が相手を押しかえすと、相手の韓国人選手はますます怒りが増したようで、ふたりは一触即発のにらみ合いに。結局、韓国チームの別の選手が仲裁に入り、事件には至らなかった。 

韓国選手の卑劣さを示すこの「証拠」写真に中国ネットユーザーは、「韓国選手は負けを認めることを知らない」と非難の声を高めた。皮肉なことに、今回のソチオリンピックでは韓国女子ショートトラックは期待されたほどの結果が出ず、韓国国内でバッシングにさらされている。(翻訳・編集/YM

 

 

 

ソチ五輪>韓国メディアが「中国が金メダル強奪」と報道=「スポーツ精神が微塵もない」「日本より憎たらしい」―中国ネット

2014214日、ソチ五輪ショートトラック女子500メートルで中国の李堅柔(リー・ジエンロウ)が優勝したことについて、韓国メディアは「中国が金メダルを“強奪”した」と伝えた。

李と同組のアリス・クリスティ(英国)、パク・スンヒ(韓国)、アリアナ・フォンタナ(イタリア)が接触により相次いで転倒。この種目が専門ではない李が、金メダルを獲得した。しかし、この結果に納得がいかない韓国メディアは「中国選手が、韓国がほぼ手中に収めていた金メダルを強奪した」などと報じた。

これについて、中国ネットユーザーからは反発の声が相次いでいる。以下はその一部。

「韓国人は本当に恥知らずだ」

「はははは。笑わせてくれるじゃないか」

「明らかに正々堂々戦って取ったメダルだ」

「自分で転んでおいて何を言っている」

「自分で金メダルを落としておいて、他人が奪ったなどと言うのはおかしい」

「まったく関係ないのにこんなことでも責めてくるのか?韓国人は本当に卑しく無恥だ」

「盗んだ?転んだのが悪いんだろう」

「韓国人は他人から蔑視を集めるのに長けている」

「韓国人のこの考え方は、現代社会にそぐわないと言わざるを得ない」

「韓国は日本より憎たらしい。日本人もほとんどが韓国を嫌いで見下している」

「神は正義に味方する。不正やごまかしを平気でやる韓国人。結果は、自業自得、因果応報」

「韓国人は正常ではない。スポーツ精神が微塵もない」(翻訳・編集/北田)