日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●韓国民が、この事故を契機に“倫理的に”生まれ変わるよう望む!

f:id:hs34728:20140509150940j:plain

ローマ法王が韓国民にお説教? 「倫理的に生まれ変わるよう望む」

2014.5.1

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140501/frn1405011140001-n1.htm

 

韓国の旅客船「セウォル号」沈没事故から2週間が過ぎた。船長以下、乗組員や海運会社の犯罪的行為や、朴槿恵(パク・クネ)政権の不手際が厳しく指摘されるなか、ローマ法王の強烈発言が報じられた。ジャーナリストの室谷克実氏が考察した。

 

日本の海運会社から、クズ鉄+アルファの価格で買った船齢18年の船舶に無理な改造を重ねた旅客船「セウォル号」という名の貨客船が沈没した。

 

規定(実は、それも適切だったか怪しいが)を大幅に超えた積載、それを見過ごした港湾関係者、コンテナを鉄製器具で固定しなかった、乗務員たちの「ケンチャナヨ(=まぁいいや)精神。「パリパリ」(=急げ急げ)文化に従ったのか、危険な海域での猛スピード航行。

 

船体が傾いたとの通報から2時間以上もあったのに、「責任者先逃(せんとう=率先して逃げること)文化」の伝統を体現した乗務員たち。

 

そして、沈没してからは「船体から生存者の声が聞こえた」とウソを述べた偽ダイバーが現場を混乱させた。家族待機所に届いた毛布などをくすねた窃盗犯が出現し、さらには家族代表に「なりすまし」て大活躍した野党の地方選候補者…。

 

沈没事故そのものが、「韓国」という腐敗したシステムの中から生まれた人災であり、その後のドタバタはまた、虚偽と声闘を主軸とする「韓国」という混迷の文化システムの表れではないのか。

 

そうしたなかで

「韓国民が、この事故を契機に“倫理的に”生まれ変わるよう望む」

と述べた人物がいる。ローマ法王フランシスコだ。

 

24(バチカン時間)に、韓国カトリック教会の大田(テジョン)教区長ユ・フンシク主教と会見した席で、哀悼に意を表しつつ、上記の通り語ったというのだ。

 

法王の実際の発言が、どんなニュアンスなのか。あるいは、カトリックの教義に照らすと、法王発言はどんな意味を持つのかは、残念ながら分からない。

 

それでも、韓国語を和訳すると「韓国民が、この事故を契機に“倫理的に”生まれ変わるよう望む」となる法王発言は強烈だ。取りようによっては、「韓国」というシステム、「韓国民」という実体に対するトータル否定だ。

 

韓国のメディアは、「韓国経済」「京郷新聞」そして国営KBSも素早く伝えた。しかし、日本語サイトを運用しているメジャーな新聞では、「中央日報」が26日に伝えただけだ。その字数は187字。

 

朝鮮日報」「東亜日報」「ハンギョレ新聞」とも、なぜかスルーした。念のため、これらの新聞の韓国語サイトも調べたが、記事はなかった。

 

日本の新聞もどうやらそろってスルーしたようだ。どこかの新聞が「ローマ法王ヘイトスピーチ」との大見出しを立てるのではないかと思っていたのだが…。

 

韓国の野党は「内閣総辞職」を要求していたのだが、鄭●(=火へんに共)(チョン・ホンウォン)首相が辞意を表明するや、今度は「無責任な辞任」批判を開始した。政治の極限対立もまた、韓国の伝統文化だ。

 

 

Copyright © 2014 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

 

 

 

 

広告を非表示にする