日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●どこまで、あくどいのか!

f:id:hs34728:20140530083308j:plain

【韓国旅客船沈没】購入額の倍で売却図る改造失敗後

2014.5.29 19:33

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140529/kor14052919330005-n1.htm

 

韓国で沈没した旅客船セウォル号の運航会社、清海鎮海運が、日本から中古で購入した同船を改造したところ、不安定になったため購入額の倍額で売却を図っていたことが、29日までの韓国検察当局の調べで分かった。

 

検察は、経営を支配していた会長の兪炳彦容疑者=背任容疑などで指名手配中=が、部下の社長=業務上過失致死罪などで起訴=に損害を出さないよう売却額を指示した疑いがあるとみて解明を進めている。

 

船は1994年に新造され、清海鎮海運が2012年10月に購入した際は8億円だった。アマチュア写真家の兪容疑者の指示で、専用の「展示室」を増設するなど改造され、復原力が大きく低下。

 

航行に耐えられないと判断した社長が今年1月、売却を打診したが、兪容疑者は同社が保有する別の船を「先に売れ」と指示し、セウォル号の運航を続けさせた。(共同)

 

 

 

 

【韓国旅客船沈没】改造の危険性隠しフィリピンに売却図る重心上がり積載可能重量半分以下に

2014.5.13 10:10

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140513/kor14051310100002-n1.htm

 

韓国の旅客船セウォル号沈没事故で、運航会社の清海鎮海運が、改造の結果同船の重心が上がり、不安定で危険な状態になったことを隠して、売却交渉を行っていたことが13日、分かった。合同捜査本部の関係者が明らかにした。

 

捜査本部関係者によると、清海鎮海運は3月に船舶の売買サイトに同船を約1600万ドル(約16億4千万円)で売ると公示。事故直前の4月初旬からフィリピンの買い手と交渉を始めたが、改造で重心が上がった事実は一切伝えていなかったという。

 

韓国海洋警察などによると、同社は2012年に中古で船を購入後、5階客室を増築するなどし、船体重量が建造時より800トン以上増加。船の重心が51センチ上がり、不安定さが増したため、積載可能な貨物の重量が改造前の半分以下の約980トンになった。しかし同社はこれを無視して過積載運航を常態化させたことが分かっている。(共同)

広告を非表示にする