日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●この韓国人教授、異常

f:id:hs34728:20140610083511j:plain

まだ言うか「日本ユニ=旭日旗連想」、W杯直前になってもFIFA告発状送る韓国人教授の異様な粘着性

2014.6.10 07:00

http://sankei.jp.msn.com/west/west_sports/news/140610/wsp14061007000001-n1.htm

 

ワールドカップ(W杯)ブラジル大会が開幕直前となったこの時期になっても、まだ言うか…と思う。韓国・誠新女子大の教授が国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長や、W杯ブラジル大会に出場する各国・地域のサッカー協会の会長らに、日本代表のユニホームから「旭日旗模様」を削除することを求める郵便物を発送したという。韓国・聯合ニュースが報じた。なんという粘着性だろう。

 

青色、蛍光色の黄色なのに旭日旗?…驚く想像力

 

同ニュースによると、この教授は先月、米紙ニューヨーク・タイムズに日本代表のユニホームのデザインを批判する広告を掲載。ナチス・ドイツの「ハーケンクロイツ(かぎ十字)」と「旭日旗」を並べ、戦犯旗を単なるデザインだと誤って認識し、いまだに使用している国があると指摘したという。

 

だが、これまでに何度も書いてきたように、日本代表のユニホームのデザインを見て旭日旗を連想することからして、どうかしている。今回の日本代表のユニホームは、ホームは青色、アウェーは蛍光色の黄色。胸のエンブレムから放射状に11本の線が伸びているのが旭日旗を連想させるというが、その線は別系統の色で強調されているわけではなく、よく見ないと、線があることすら判別できない。

 

観覧車や泡立て器、パリの街並みも放射状だけど…

 

さらに、そもそも、旭日旗は白地に赤い朝日が昇っている様子を描いたものではないのか。どうして青色や蛍光色の黄色から旭日旗を連想できるのだろう。放射状の線がすべてダメなら、遊園地の観覧車や料理で使う泡立て器、凱旋門から放射状に広がるフランス・パリの街並みなんかにも「旭日旗を連想させる」とイチャモンをつけているのだろうか。

 

この教授はブラッター会長らに送った郵便物の中に、模様を削除することを求める手紙やニューヨーク・タイムズに掲載した広告のファイルのほか、戦犯旗が生まれた背景を説明する資料や、世界各地でいまだに使われている戦犯旗をモチーフにしたデザインを紹介する映像を収めたCDなどを一緒に梱包したという。きっと観覧車や泡立て器、パリの街並みの映像もCDに収められているに違いない。もしかしたら、某新聞社の社旗も入っているかもしれない。

 

韓国の「正確な事実」は伝えたのか?

 

FIFAの規定では、スタジアムで政治的なスローガンなどを掲げることが禁止されており、聯合ニュースによると、この教授は「FIFA側に戦犯旗の正確な事実を伝えることが重要だと判断し、郵便物を発送した」と説明したという。だが、そもそも、2012年のロンドン五輪竹島領有を主張するプラカードを掲げ、翌年の東アジア・カップでは「歴史を忘れた民族に未来はない」との横断幕を観客席に掲出するなど、なんどもFIFAの規定を破ってきたのは韓国の方だ。教授は自らの国の「正確な事実」も伝えたのだろうか。

 

 

 

広告を非表示にする