日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●中国で商売をしてる人は、ご用心!

 

アルプス電気会長、取り囲まれる 中国工場で従業員が反発

2014.7.2 21:40 [中国]

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140702/chn14070221400006-n1.htm

 

中国広東省の東莞市で1日、電子部品メーカーのアルプス電気の片岡政隆会長(68)が製造委託先の現地工場を視察した際、多数の従業員に取り囲まれる騒動があった。工場幹部を集めた講話会で、「第二次世界大戦での日本の中国侵略を否定する発言をした」とされる。

 

騒動があったのは「東莞長安日華電子廠」。会長の発言を受けて、従業員が反発し、工場の操業が中断。会長は一時会議室から出られなくなり、その後、謝罪したという。

 

アルプス電気の広報によると、工場幹部との定期講話会で片岡会長が叱咤(しった)激励を込めて、会社が独立してうまく回ればよいという趣旨の話をしたという。その中の表現の1つとして、第二次世界大戦に関する話をした。内容については「今、事実を確認している」(同)としている。

 

アルプス電気広報の話 「(中国での生産に影響する恐れもあるが)今までと変わらず、信頼関係を持って現地で継続して生産を行っていきたい」

 

 

 

 

広告を非表示にする