日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●中国は個人の最高成績が30位、団体では37位。

f:id:hs34728:20140721074252j:plain

マージャン選手権で中国惨敗日本人が優勝=「国辱だ!」「おれを出せ」―中国ネット

Record China 7月17日(木)10時31分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140717-00000023-rcdc-cn&pos=4

 

2014年7月17日、先日、フランスのストラスブールで開催された第5回欧州麻雀選手権で中国チームが惨敗したことに、ネット上では非難と落胆の声が集中している。

 

四川在線によると、中国は個人の最高成績が30位、団体では37位だった。今大会には51チームが参加し、個人では日本人が優勝、団体でも欧州と日本の混成チームが優勝した。

 

世界麻雀組織の姚暁雷(ヤオ・シアオレイ)事務局長補佐は「(中国の)成績は振るわなかったが、欧州で麻雀が急速に発展していることに目を向けるべき。

 

彼らはわれわれのルールにのっとってわれわれに勝利した。麻雀の普及活動がうまくいっている証拠だ」と語っている。

 

これに対して、中国のインターネット上では以下のような声があがっている。

 

「国辱だ!」

「(サッカーのワールドカップで)7点取られたブラジルより恥ずかしい」

「おれを出せ」

「麻雀でも勝てないのかよ。本当に何も言えない」

「うちの母さんを出せば優勝できる」

「優勝した日本人はどうせ中国系でしょ?」

「韓国が優勝しなくてよかった。さもなければ、世界遺産に申請される!」

「日本人にやられた!中国の麻雀は張り子の虎」

「受け入れがたい結果だな」

「サッカーの中国代表よりひどい!」

「あり得ない!選手の選抜に問題があったのだろう」

「(麻雀が)本当に強いのは、公園で踊っている人たちだよ」(翻訳・編集/北田)

 

 

 

 

広告を非表示にする