日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●ゴルフR 400コンセプト

リッター200馬力の衝撃!「ゴルフR 400コンセプト」登場

2014年4月20日に開幕する北京モーターショー(オートチャイナ)2014において、フォルクスワーゲンはゴルフのハイパフォーマンスモデルとなる「ゴルフR 400コンセプト」を世界初公開します。

golg400r0003

2.0リッター直噴ガソリンターボを搭載するゴルフRをベースに、パワーアップさせたコンセプトカーで、ネーミングの由来は、その最高出力。ベースのゴルフRでも300馬力を出している2.0TSIエンジンを、400馬力までスープアップしているのです。もちろん、トルクも70Nm増と大幅に向上しています。

●Golf R 400 Concept エンジンスペック
最高出力:295kW(400PS)/7200rpm
最大トルク:450Nm/2400-6000rpm

golg400r0001

直噴ターボながら、最高出力を7200rpmで絞り出すという高回転型エンジンは、リッターあたり200馬力。フルタイム4WDの駆動系とされるゴルフR 400コンセプトの車重は1420kgとなっているので、パワーウエイトレシオは3.55kg/馬力となっています。これにより、0-100km/h加速性能は3.9秒と俊足で、最高速も280km/hまで引き上げられています。

golg400r0006

235/35R19サイズのタイヤを履き、ディフューザーの中央からデュアル出しマフラーをのぞかせるアピアランスはモンスターマシンらしい雰囲気。デュアルルーフスポイラーといった空力アイテムも、400馬力にふさわしいルックスとしています。

そのほか、カーボンレザーとアルカンターラをコンビネーションしたバケットシート、イメージカラーとなるレモンイエローを配したインテリアも特別なモデルであることを主張しているようです。 

広告を非表示にする