日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●こいつらは、どうしようもない。日本から叩き出そう!

 

http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/140928/lif14092805000003-n1.html

 

また大分…?教職員ら渡航自粛期間に訪朝「研修」

 

中国「南京大虐殺記念館」も訪問

 

大分県職員組合が主催する教職員対象の海外研修として、平成22、24年度に公立小中学校の教職員ら計41人が北朝鮮を訪問したことが27日、わかった。

日本海に向けたミサイル発射などへの制裁措置として、政府が北朝鮮への渡航自粛を要請した期間だった。

参加者は北朝鮮の指導者をたたえる施設のほか、中国の反日宣伝活動の拠点「南京大虐殺記念館」なども訪問しており、公教育を担う教職員の研修先として極めて不適切といえる。

24年度の海外研修は7月27日~8月3日に実施し、教職員計21人が参加した。

産経新聞が入手した行程案や手配した旅行会社によると、中国・瀋陽経由で北朝鮮平壌入りし、3泊4日滞在した。

平壌では金日成(キムイルソン)主席と金正日(ジョンイル)総書記の銅像がある万寿台(マンスデ)や、朝鮮労働党の政治思想を象徴する主体(チュチェ)思想塔などを訪問した。

訪朝と前後して、中国の南京大虐殺記念館(江蘇省)や撫順戦犯管理所(遼寧省)も訪れた。

南京大虐殺記念館は、信憑(しんぴょう)性のない資料も交え、戦争被害や旧日本軍の「残虐性」を強調する展示が問題となっている。撫順戦犯管理所は戦後、900人以上の日本人らの思想改造を行った施設とされる。

22年度も7泊8日で同様の施設を訪問し、教職員20人が参加した。

日本政府は当時、日本人拉致問題に加え、18年7月のミサイル発射や同年10月の核実験を受けて、北朝鮮への渡航自粛を出していた。県教委も見直しを求めたが、県教組側は、ほぼ行程案通りに実施した。

県教組の海外研修は30年以上前から続き、行き先はアジアと欧州を交互に設定している。今年度はマレーシアなどに行ったという。

県教委の野中信孝教育長は「今年度は訪朝を取りやめており、県教委の自粛要請が受け入れられたと思っている」と述べた。

22年当時、県教組の幹部だった男性は「私自身も訪朝したが、訪朝の経緯などは答える立場にない」と語った。大分県教組は「取材には応じられない」とコメントした。