日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●やっぱり、日本がいいわ。6

http://www.recordchina.co.jp/a90584.html

 

訪日中国人が感嘆した「想像以上」の日本=「不思議だ。もし、中国なら…」―中国ネット

 

2014年7月2日、中国のインターネット上に、日本を訪れた中国人が日本の清潔さについて記した文章が掲載されている。以下はその概要。


日本でまず印象的だったのは、なんと言っても超、超、清潔だということ。その清潔さは、建物の陰や歩道橋の欄干にまで至る。公衆トイレの清潔度は中国の家庭のトイレを上回るほどだ。また、公園の池や湖には、ビニール袋やたばこの吸い殻が浮かんでいるようなこともなかった。

日本の清潔さはすでに世界中で語られている。しかし、実際に日本に行かなければ想像の域を出ない。日本の地を踏み、肌で体感してみれば、そのきれいさ、清潔の度合いが想像を超えると気付くだろう。

中国のすべての衛生的と言われる都市も、日本とは比べられない。このような差は、短期間には決して埋まらないだろう。これは単なる習慣ではなく、健全な法制と、国民の意識が関係しているからだ。

日本人は街中で飲み物を飲んだとき、空のペットボトルや瓶は持ち帰って分別して捨てる。もちろん、街中でごみ箱が見つかればそこに捨てるが、日本にはごみ箱が非常に少なく、ほとんど見かけない。

にもかかわらず、道路にごみが落ちていないのが不思議だ。もし中国なら、ごみ箱がない場所にはごみが山積みになる。まさに、われわれの“ポイ捨てポイント”になるからだ。(翻訳・編集/北田)

 

 

 

 

広告を非表示にする