読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●2015年はこの技術が日本を護る。

ありがとう! 素晴らしい!! 良かった。

 

f:id:hs34728:20150101191009j:plain

 

http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKBN0GT06220140829

 

防衛省がより隠密性高い潜水艦建造へ、リチウム電池を搭載

 

[東京 29日 ロイター] - 防衛省は、2015年度から隠密性のより高い潜水艦の建造に着手する。鉛蓄電池に代えてリチウムイオン電池を搭載し、長期間の潜航を可能にする。浮上回数が減ることで、これまでよりも敵に発見されにくくなる。

日本は中国の海洋進出をにらんで潜水艦を16隻から22隻体制に増強中。14年度に続いて15年度も1隻建造する計画で、概算要求に644億円の費用を盛り込んだ。14年度予算に計上した建造費517億円から100億円以上高くなる。

費用を膨らませる主要因は、新たに搭載するリチウムイオン電池。従来の潜水艦は、浮上中にディーゼルエンジンで航行して鉛蓄電池に充電、潜航中は蓄えた電気を動力源にしている。さらに潜航期間を伸ばすため、空気を必要としない推進機関「AIP」を積んでいる。

鉛蓄電池とAIPを設置している空間に大型のリチウムイオン電池を積むことで、これまで最大2週間程度だった潜航期間が「格段に伸びる」(防衛省関係者)という。建造費や維持管理費を含めた、15年間使用した場合のライフサイクルコストは、現行の1000億円よりも安くなる見込みだという。

日本のディーゼル潜水艦は静穏性や潜航能力に優れているとされ、オーストラリアが導入に関心を示している。

 

f:id:hs34728:20150101190956j:plain

 

 平成25年の中期防衛力整備計画において平成26年~30年中に潜水艦5隻を整備していく中に含まれる。


①新型魚雷の搭載に対応し、攻撃力を大きく向上させる。
②主畜電池としてリチウムイオン蓄電池を搭載し、AIP機関は搭載せず、ディーゼル発電機とリチウムイオン蓄電池の組み合わせとなる。
③リチウムイオン蓄電池の特徴として電気を効率よく放電できることがある。また低速での長時間潜航、高速での連続航行を可能にする。リチウムイオン蓄電池は、AIP機関より出力が大きい。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする