日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●やっぱり、日本がいいわ。11

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150102-00000001-xinhua-cn

 

こんな小さな子供まで・・と訪日中国人を関心させた飲食店での出来事に「日本をやっつけろ!とか、笑える」「日本はキライ。でも…」―中国ネット

FOCUS-ASIA.COM 1月2日(金)5時46分配信

こんな小さな子供まで・・と訪日中国人を関心させた飲食店での出来事に「日本をやっつけろ!とか、笑える」「日本はキライ。でも…」―中国ネット

 

中国のあるインターネット・ユーザーが中国版ツイッター・微博で最近、学会で日本に行った際の様子を複数回の書き込みに分けて紹介した。そのうちの1回は「飲食店で6、7歳の子供が客の脱ぎ散らかした靴をきちんとそろえていた」というもので、これが中国のほかのネットユーザーたちの注目を集めた。書き込みはこんな感じだった。

日本で人々が互いに譲り合い、相手のことを思ってマナーを守っている様子を見て、同行した中国人はいたく感心していた。まるで(中国の)“雷鋒に学べ”のようだ!この民度はどこから来るのか?静岡である飲食店に入った時には、客が脱ぎ散らかした靴を同じく客の6、7歳の子供がきちんとそろえていた。これが「社会が人を造る」ということだ!

この書き込みに対して寄せられた中国ネットユーザーたちのコメントを拾ってみる。

「これが民度だ!」


「日本は今、世界で一番民度の高い国。中国との差は100年分」
「管理されているけど、自分では自分を管理しきれないのが中国人」

「このような国と戦争するのは、恥ずかしいことだ」
「中国で靴を脱いでおいたら盗まれるんじゃない?」

「中国は土地が広くて人口が多いこと、それから腐敗の程度も日本より上だけど、それ以外に勝ることってあんまりない」


「“日本をやっつけろ!”とか、笑えるよな」

「日本に行ったことのある人はみんな、日本人の優しくてもモラル、マナーのある様子や環境を称賛する。政治家のゲームに一般市民は興味を持たない。一般市民が求めるのは安定した生活。人は生まれながらにして善、だと信じたい」


「もしもまた中国と日本が戦争したら、どっちが勝つか、もう分かるよね?」

「日本はキライ。でも民度は素晴らしいと思う」


「その子供は強迫症。お前ら考え過ぎだ」
「どんなに外国が良くても、うちらの国じゃない。私はやっぱり中国が最高だと思う」

(編集翻訳 恩田有紀)