日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●もう嘘つきは国民病。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150107-00000068-yonh-kr

 

大韓航空前副社長「私は間違っていない」発言 批判高まる

 

聯合ニュース 1月7日(水)22時31分配信

 

【ソウル聯合ニュース大韓航空機内で乗務員のナッツの出し方に激怒し、飛行機を引き返させて機内サービスの責任者を降ろした事件で逮捕・起訴された同社前副社長の趙顕娥(チョ・ヒョンア)容疑者が、「自分は間違っていない」という趣旨の発言をしていたことが分かった。検察が7日、明らかにした。


検察によると、同日起訴された趙容疑者は国土交通部の調査が始まった先月8日、同事件の証拠隠滅を指示した同社の常務に電話をかけ、「私の何が間違っていたのか、(責任者である事務長の)パク・チャンジンがミスをしたから降ろした」という趣旨の発言を繰り返した。


また、国土交通部の調査が実施された先月8~12日、同社の組織的な事件隠蔽や証拠隠滅などに趙容疑者が関わったと結論付けた。


趙容疑者は先月12日に記者団に対し、「(事務長に)心より謝罪申し上げる」と述べたほか、14日と15日には事務長の自宅を訪問し、不在だったため謝罪の手紙を残した。


だが、自分は間違っていないと話していた事実が明らかになり、謝罪の言葉や手紙は事態を収拾するためのパフォーマンスだったとする批判の声が上がっている。


yugiri@yna.co.kr