日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●アメリカよ、異常な韓国に怒れ!

 

f:id:hs34728:20150123123723j:plain

  

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/01/22/2015012200653.html

 

NYクリスティーズに日本の「戦犯旗」

ポップアート作品、3カ月以上展示

NYクリスティーズに日本の「戦犯旗」

 

米ニューヨークの中心部マンハッタンにある有名オークションハウス(競売会社)「クリスティーズ」で、日本の戦犯旗(旭日旗)に似たデザインの作品が展示されていることが分かった。

 

ニューヨーク韓国日報が21日に報じたところによると、マンハッタンのロックフェラー・センターにあるクリスティーズでは日本の戦犯旗を連想させる作品を表通り沿いのショーウィンドーに展示、この一帯を歩く多くの市民や観光客の目に入るようになっているとのことだ。

 

マンハッタン5番街49丁目のクリスティーズは韓国美術品を含め世界各国の美術品を取引する世界的なオークションハウスで、ロックフェラー・センターと共に観光スポットとしても有名だ。

 

問題の作品は、米国を代表するポップ・アーティスト、ロイ・リキテンスタイン(1923-97年)による65年の油絵作品「日の出(Sunrise)」で、赤い太陽を中心に7本の黄色い線が放射状に広がっており、その様子は戦犯旗を連想させる。

 

さらに衝撃的なのは、この作品がすでに3カ月以上も展示されているということだ。この情報を提供した韓国系米国在住者は「マンハッタンのど真ん中に戦犯旗が登場するなんてあ然とした。韓国系コミュニティーはクリスティーズに日本の戦犯旗に関する問題点を伝え、展示を中止させなければ」と強調した。

 

このため、「ニューヨーク韓国系保護者協会」(共同会長:チェ・ユンヒ、ラ・ジョンミ両氏)はクリスティーズ側に抗議の書簡を送り、すぐさま展示を中止するよう要請する予定だ。

 

 
広告を非表示にする