日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●男性は「後藤さんは死なせてはいけない人。私が身代わりになる」と宣言。

http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/360108/

 

【日本人拘束事件】後藤さんの身代わり名乗り出る男性も出現
2015年01月26日 16時00分
  【イスラム国・日本人拘束事件】イスラム過激派「イスラム国」に人質となっていた湯川遥菜さん(42)が殺害されたとするメッセージが出たことに、日本国内で衝撃が走った。25日、湯川さんの父親は「とうとう来てしまった。真っ白というか、残念という気持ち」と悲しみを吐露。一方、フリージャーナリストの後藤健二さん(47)の母・石堂順子さん(78)は「解放されると信じていると申し上げるほかありません」と話した。


メッセージでは後藤さんが湯川さんとみられる男性の写真を持ち、「愛する妻、2人の娘に会いたい」「アベに私を殺させないでほしい」と訴えた。解放の条件としてヨルダンに捕まっているサジダ・リシャウィ死刑囚の釈放を求めた。

石堂さんは「健二が持っているものは真実じゃないですか。ニセモノなら日本人も見逃さない。ニュースを見て厳しいと思った」と胸の内を語った。

25日午後、緊迫感に包まれる石堂さんの自宅には「解決策がある」と話す男性(44)が現れた。男性は「後藤さんは死なせてはいけない人。私が身代わりになる」と宣言。人質事件をニュースで知り、身代わりになることを思いつき、首相官邸や外務省、新聞社やテレビ局に訴えたが、なしのつぶて。直接、石堂さんに話すことでどうにかしたいと考えたようだ。

しかし、石堂さんが「あなたは死んではいけない人。うちに住んで勉強しましょう。私をお母さんと呼んでください」と諭すと、男性は涙目になり、「お母さん」と呼ぶ展開となった。

といっても男性は考えを変えていない。本紙に対し、「身代わりを名乗り出たのはおとこ気です。パスポートを失効しているので、再発行まで後藤さんの処刑を待ってもらいたい。身代わりとなったら処刑されますが、構いません。その前にアルジャジーラを通して、訴えたい主張がある」と語った。

解決にはならず現実味は乏しい。日本政府も打つ手がなく、ただ時間だけが過ぎていく。

 

 

 

 

広告を非表示にする