日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●日本を震え上がらせるんだと。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2015012700580

 

f:id:hs34728:20150129143217j:plain

軍事パレードで対日けん制=戦勝70年の実施に政治的狙い-党機関紙が文章・中国

 

【北京時事】中国共産党機関紙・人民日報はインターネット向けの文章で、反ファシズム抗日戦争勝利70年を迎える9月3日に合わせ、大規模な軍事パレードと閲兵式を開催することを認めた。

 

その上で、閲兵式などを実施するのは、中国の軍事的能力を誇示することで日本を震え上がらせ、世界に向けて中国が戦後の世界秩序を守る断固たる決意を示す」など、対日けん制が目的の一つとの見方を示した。

 

【特集】戦地にささげた青春 元日赤従軍看護婦の証言4

 

習近平国家主席の就任後、軍事パレードと閲兵式は初めて。これまでは10年に1度の国慶節(建国記念日)の節目に開催されている。習主席としては慣例を外し、抗日戦勝記念日に軍事パレードを開催することに政治的な意味や狙いを込めている。


この意味について、人民日報が26日夜にスマートフォン向け無料通信アプリ「微信」に配信した文章で解説。

 

日本が「再び軍国主義の道を歩む兆しがあり、戦後の国際秩序をひっくり返し、敗戦国の地位を変えようとたくらんでいる」と批判し、「中国は日本に(軍事的)能力を示し、中国の戦後秩序に対する日本の挑戦を絶対に許さない」と強調した。

 


このほかの狙いとして文章は「閲兵を通じて世界に軍事装備の実力を示すことができる」と説明。さらに「人心を奮い立たせることが必要」とした上で「国民の団結や誇りを高める」など国威発揚の目的も指摘した。


傅政華公安次官(北京市公安局長)は22日、戦後70年に合わせて北京で閲兵式を開催すると明らかにした。ロシアのプーチン大統領ら外国首脳も初めて出席するとみられる。(2015/01/27-15:08)

 

 

 

広告を非表示にする