日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●根本が腐っているから。

http://www.excite.co.jp/News/world_g/20150129/Jiji_20150129X134.html

 

幹部50人以上が「不審死」=「反腐敗」で自殺続出―中国

 

【北京時事】中国共産党が今年に入り、地方の党組織や国有企業などに対し、習近平総書記(国家主席)が就任した2012年11月以降、自殺など不自然な状況で死亡した幹部を調査して報告するよう求めていたことが分かった。

 

背景には、習指導部が「反腐敗闘争」を展開する中、自殺者が相次いでいることがある。中国ニュースサイト・財新網は29日、不自然な死を遂げた幹部らは50人以上に達したと伝えた。

 

香港紙によると、不正問題の調査を受けていた中国海軍副政治委員の馬発祥中将は昨年11月中旬、北京の海軍司令部の建物から飛び降り自殺した。

 

習指導部の発足後、閣僚・省長級の高官ら60人以上が汚職容疑などで摘発された。中国の人権派弁護士によると、党中央規律検査委員会の調査は自白強要など過酷なことで知られる。

 

いったん調査されると、無罪となることはほとんどなく、将来を絶望して自殺を図るケースが増えている。

 

党中央の指示に基づき、自殺、他殺、交通事故など「不審死」の状況を調査するよう求めた地方当局の通知はインターネット上で流れている。

 

重点項目となっているのは「自殺」で、財新網などによれば、自殺の場所、方法、原因など詳細な報告を求めており、自殺原因の項目として「規律違反」もある。規律検査委や検察当局が本人や家族らを調査していたかも回答するよう求めている。

 

 

 

広告を非表示にする