日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●韓国は開催が出来ないのなら、謝って辞退しなさい。それがいい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150114-00000006-rcdc-cn&pos=4

 

<平昌五輪>韓国ネット「日本と分散開催を」、日本ネット「中国とやれ」、中国ネット「こっち来んな!」

Record China 1月14日(水)3時43分配信

 

韓国のネット上では開催権をめぐる議論が再燃。「国際的なスポーツイベントの開催が韓国の国力を証明する!?そんなのは自分自身をも騙す言葉に過ぎない。そんな虚勢を張っていては、予期した経済効果が得られないばかりか、地方や国の経済が深刻な打撃を被ることになる」といった指摘や、

「日韓は2002年にワールドカップ(W杯)を共催した経験がある。しかも、日本は冬季五輪の開催経験が豊富だ」

「日本に助けを求めよう。韓国は強がるのはやめろ」といった、日本との分散開催を主張する声まであがっている。



これに対して、日本のネットユーザーからは、

「『自分の力で』と言ってなかった?言ったことはやり通せよ」

「日本は2020年の東京五輪の準備で忙しくて、韓国を助けてる暇なんてない。韓国とスポーツ大会を共催するなんて1000年後もごめんだ。日韓W杯は恐ろしかった」

といった反対意見が多く寄せられた。また、

「いろいろな面を考慮すると、韓国は中国と共催するのが一番いい」

「中国は財政的にも、人的にも条件が整っていて、日本なんて遠く及ばない。やっぱり中国に相談してください」

と中国との共催を勧めるコメントも多数寄せられている。


これに対して、中国のネットユーザーからは、

「韓国にひと言。『あっちへ行け』

北朝鮮に頼めばいいだろ」

「日本のネットユーザーの『中国と』っていう言葉に皮肉を感じないか?」

「中国は赤道ギニアにパス」

「韓国人のことには永遠に関わらない方がいい。なぜなら彼らは飽くことのない恩知らずだから」

「こっち来んな。インドへ行け!」

「日本政府と韓国政府は互いに歩み寄らない。しかし、違うのは韓国国民は日本にあこがれているが、日本人は韓国を見下している」

「最も恥知らずな国は日本。最も面の皮が厚い国は韓国」

 

などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/TK)

 

 

 

広告を非表示にする