日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●ガタガタ言う前に貸したお金をまず、返しなさい。

  

●1965年 日韓基本条約締結時に日本が朝鮮半島(北朝鮮と韓国)に残したインフラ・資産の「約61兆円」相当のインフラを譲渡。さらに「4兆5千億円」相当を援助(当時の韓国国家予算の2年分以上)
1983年 特別経済協力で「4,000億円」支援
1997年 韓国通貨危機「1兆円」支援
2006年 ウォン高救済支援で「2兆円」支援 (韓国高官は「日本の援助は迷惑だった」と不快感を表明)
2008年 リーマンショック危機で「3兆円」支援(韓国高官は、「日本は出し惜しみしている」と不快感を表明)

2002日韓W杯スタジアム建設費融資「300億円」未返済
日本のIMF援助「8,400億円」とその前の「1兆4,000億円」、更に以降の「1兆2,000億円」

ODAの有利子負債の利子の計約1070億ドル

 

「約13兆円」の負債に対して韓国は未だ1円も返済していない。

 


70兆円近くもお金をあげて援助して、さらに別口で13兆円も貸してあげて、これだけ配慮しても国連では「反省が足りない」と非難し、ソウルの水曜デモ(反日デモ)で毎週、日本国旗と天皇陛下の肖像画を燃やし続ける韓国人。

 

                                   f:id:hs34728:20150216073948j:plain

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150215-00000018-xinhua-cn

 

日韓通貨スワップ協定、日本政府が延長しない方針固める・・韓国ネット「我々がすがる必要はない」「日本はまるで援助でもしてるかのように...」

FOCUS-ASIA.COM 2月15日(日)22時0分配信

 

 
 

 

ニュース1など韓国の各メディアは14日、日本の報道を引用して「日本政府が23日に期限切れとなる韓国-日本間の100億ドル規模の通貨スワップ契約を延長しない方針を決めた」と一斉に報じた。

報道によると、日本の首相官邸関係者が両国の対立などのために「延長しないことになった」と明かしたという。日本政府は週明けにも正式に発表する予定だという。

延長されなければ、日韓通貨スワップ協定は14年ぶりに中断することになる。2001年7月に20億ドル規模で始まった日韓通貨スワップ協定は、リーマン・ショックや欧州債務危機などを経て規模を拡大、2011年には700億ドルまで拡大した。

だが、2012年の李明博大統領の竹島(韓国名:独島)上陸などをきっかけに日韓関係が急速に悪化し、順次規模が縮小され、2013年に100億ドル分の協定だけになっていた。

このニュースに対し、韓国ネットユーザーからは多くのコメントが寄せられている。主なコメントを紹介しよう。


「我々がすがる必要はない。日本は我々がすがるのを待っているし、日本の長官も韓国の要請があれば延長すると言っているけど、外貨は足りているし、日本は嫌いだ」

「韓国はしてもしなくてもいいのに、日本はまるで援助でもしているかのように振舞っている。要らないから消えろ」

「日本人はスワップの定義も知らないのか。韓国が借りたわけではない。やめたら韓国が倒産するか見てみろよ。実情も知らないくせに」

「国が強くなれば日本に甘く見られることはない」

「日本は傘を貸してくれて、雨の日に返せと言う。私たちが一番苦しい時を狙って返せと言うだろうから、やめた方がいい」

インドネシアや中国、東南アジアスワップ提携してるから、日本の金は要らない」

「この際、親日派の財産は没収。日本製品は不買」

「日本の貿易黒字は韓国から出ている。この際、産業材をドイツや米国製に変えろ」

「あってもなくても構わない」

アベノミクスのせいで円安だから、やらない方が韓国にとって得」

「やめたらアベノミクスも終わり。円安を心配しろ」

金融危機の時、日本に助けを求めたが助けてくれなかった。日本のものを買っちゃいけない。日本に依存しちゃいけない」

(編集 MJ)