日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●中国人のマナー欠如が多くのトラブルを起こしている

 何を言っても無駄。期待するほうがおかしいのだ。

                                        f:id:hs34728:20150216073948j:plain

http://www.news-postseven.com/archives/20150227_305412.html

 

中国人観光客の振る舞いに観光バス、ホテル、航空関係者が不満

 

中国人観光客が中国の旧正月「春節」を祝う7連休(2月18~24日)で日本に押し寄せた。

観光立国を目指す日本にとって、中国人観光客はまさに上客。多くのお金を落としてくれて日本経済に貢献してくれるなら大歓迎だ。

 

しかし、彼らのマナー欠如が多くのトラブルを起こしているのも事実である。都内在住の主婦は、有名百貨店のデパ地下で起こった出来事に怒りを隠さない。

「夕方の大混雑した食品売り場に、中国人の女性が子供を乗せたベビーカーで突っ込んできたんです」

大阪ミナミの大通り・堺筋では中国人観光客の大型バスが二重三重に駐停車し、深刻な交通渋滞を引き起こしていた。

「この辺で拾うお客さんには『歩いていったほうが早いでっせ』というてます」(タクシー運転手)

2月16日から専用乗降場が増設されたが、渋滞の完全解消には至っていない。観光バス会社も“被害”をこうむっている。

中国人は予約を平気でキャンセルするんで困っています。車内マナーの悪さにもうんざり。彼らが降りた後の座席下には、新聞紙やお菓子の袋などが散乱しています」

中国人客は日本の美食も訪日の目的にしているが、あるホテルマンは憤懣やるかたない様子だ。

「デパ地下で高級スイーツや惣菜を買い込んで部屋で堪能していただくのはかまいません。でも、最低限の始末はしていただきたいですね。中国人のお客さまがお帰りになった後は、食べ残しがそのままで、呆然とするほどの汚なさです」

各航空会社は増便や大型機種への変更で春節シーズンに対応した。だが、この時期に帰国する中国人客は大量の家電製品を抱えて空港にやって来る。航空会社関係者が不満をこぼす。

「手荷物が大量になった場合でも、超過料金をいただければお預かりすることはできます。ただ、春節の時期は家電製品を客室に持ち込むお客さんが多いので、収納スペースに入りきらずに貨物室に積み直すことがたびたび起きる。そうなると遅延が発生します」

週刊ポスト2015年3月6日号

 

 

 

 

広告を非表示にする