日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●前に進まない国。被害妄想癖がすごい。

過去、日本がどれほど賠償したのか若い韓国人は知っているのだろうか?きっと、教えられていないだろう。

                                             f:id:hs34728:20150216073948j:plain

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150303-00000000-xinhua-cn&pos=1

 

民族感情は悪用されやすい・・米高官の歴史問題を巡る発言が韓国で物議、韓国ネットは「日本より中国と同盟関係に」「これが米国の公式な立場なら…」

FOCUS-ASIA.COM 3月3日(火)0時4分配信

民族感情は悪用されやすい・・米高官の歴史問題を巡る発言が韓国で物議、韓国ネットは「日本より中国と同盟関係に」「これが米国の公式な立場なら…」

 

歴史問題をめぐる日本と中国・韓国の外交摩擦を巡る米高官の発言が、韓国で物議を醸している。

韓国・朝鮮日報などによると、米国務省のナンバー3、シャーマン次官は2月27日、米ワシントンで行った講演の中で、歴史問題について「日中韓3か国すべてに責任がある」「早く片付けて、北朝鮮の核問題など、当面の懸案に重点を置くべき」などと発言した。

韓国内で特に問題とされているのは、「民族感情は依然として悪用されやすく、政治家たちは過去の敵を非難することで軽薄な支持を得ることは難しくない。だが、このような挑発は発展ではなく麻痺をもたらす」とした部分。

朝鮮日報は「日本の慰安婦問題の歪曲、靖国神社参拝のような挑発より、韓国と中国が日本を国内政治に利用しているという認識を示唆したもの」と解説している。


韓国では、この発言をオバマ米大統領が昨年4月の訪韓時、慰安婦問題について「甚だしい人権侵害」などと述べて日本の努力を促したことと対比し、「米国の見方が変化した」との解釈も出ているという。ただ、韓国政府内ではシャーマン次官の発言について「歴史問題の本質を正しく理解していない」などと反発も出ているという。

このニュースに対し、韓国ネットユーザーからは様々な意見が寄せられている。


「一体どんな資格があってこんなことを言いだす?米国は9・11を忘れて、許せ」

「日本人にどんなにたくさんの見返りをもらったのだろう。日本より中国と同盟関係になって、歴史問題や独島問題を解決したい。こういう発言を許すオバマも問題で、米国は信用ならない」

「歴史が短い国の人に、歴史認識は期待できない」

「米国は過去の何を知っているのだろう。問題は米国。武器を売るために統一を妨害し、イラクで戦争を起こし、ISが誕生してしまった。裏では武器を売り、表では平和を訴える。おぞましい」

「日本がドイツのように反省したならの話」

「日本は責任があるわけではなく、その罪を反省し、賠償しなければならない」

「父親が殺され、母親が慰安婦にされても同じことが言えるのか?」

「実利が一番ではない。まだ韓国の国民性を知らないみたいだが、適当なことを言うな」

「自国の若者が真珠湾で殺された歴史を知らないのか?韓国や中国は第二次世界大戦や太平洋戦争時の日本の戦争犯罪について謝罪を受けたい。米国は原爆で復讐したが、韓国と中国は謝ってほしいだけ」

「韓国と中国の外交部の長官は共同声明を出せ。米国の認識には同意できないと。韓国と中国が政治、経済、軍事的な同盟関係を持続的に強化するといえば、こんなことはしない」

「米国がこれなら、我々は中国ともっと仲良くなる必要がある」

「米国の利益からみれば正しい発言。だが、私たちの立場からは過去の清算がなければ未来を共に歩むことができない。これが米国の公式な立場なら断固として拒否しなければならない」

(編集 MJ)

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする