日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●都合の悪いことはすべて隠蔽。

http://youtu.be/T6X2uwlQGQM

         f:id:hs34728:20150227175118j:plain

 

  この動画 

「Under the Dome」

 

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150308-00000029-jij_afp-env

 

ネットで大ヒットの大気汚染映画、動画サイトで視聴不可に 中国

AFP=時事 3月8日(日)13時40分配信

【AFP=時事】インターネット上で公開され、再生回数が1億5000万回を超える大ヒットとなった中国の深刻な大気汚染問題を告発するドキュメンタリー映画が、公開からわずか数日で閲覧できない状態となっている。

中国の大気汚染ドキュメンタリーが大ヒット、1日で再生1.5億回

国営中国中央テレビ(CCTV)のニュースキャスターだった柴静(Chai Jing)氏が自主制作した「穹頂之下(Under the Dome)」は7日午後の時点で、「優酷(Youku)」、「愛奇芸(iQiyi)」など国内の主要な動画サイトのいずれでも視聴不可となっていた。

中国版の『不都合な真実(An Inconvenient Truth)』として称賛する人もいる全編103分のこの映画は、動画投稿サイトのユーチューブ(YouTube)では現在も再生が可能。ただ、中国ではユーチューブ自体が遮断されている。

先月28日にインターネット上に公開されてからわずか1日で中国本土での再生回数が1億5500万回を超えたこの映画が遮断されたことは、大気汚染問題に関する国民の声に中国共産党が敏感になっていることを改めて示すものだ。

また、中国当局はこの動画を国営の出版物や放送メディアに積極的に取り上げさせる方針をわずか数日前に示したばかりだったが、その方針が突然変わったことも意味している。【翻訳編集】 AFPBB News

 

 

 

 

広告を非表示にする