日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●夜郎自大の君等は、目くそ鼻くそ。

 夜郎自大とは、自分の力量を知らずに、いばっている者のたとえ。」・・・漢帝国の大きさを知らない夜郎国の王は、自国に漢の使いが来たとき、自国のみが大国だと思い込んで、「わが国と漢とではどちらが大きいのか」と尋ねたという故事からきている。「夜郎」は中国漢の時代の西南の地にあった未開部族の国の名。「自大」は自らいばり、尊大な態度をとること。

 

 

http://www.recordchina.co.jp/a106095.html

 

自国民にも信用されないとは、阿呆の極み。

                           f:id:hs34728:20150331172721j:plain

韓国首相「日本は歴史を直視せよ」=韓国ネットユーザーから批判集中「おまえが言うな」「日本のことを言う前にすることがある」

 

2015年4月13日、韓国・ニュース1によると、韓国の李完九(イ・ワング)首相は、「日本は今からでも歴史的事実を直視し、日韓両国の新しい未来を開いていけるよう願う」と述べた。


李首相はソウルで開かれた96周年大韓民国臨時政府樹立記念式に出席し、記念の辞で「今年は光復(※日本の植民地支配からの独立)70周年でもあるが、日韓国交正常化50周年の年でもある。

 

今こそ、両国がこれまで培ってきた関係の上に、新たな未来を築かねばならぬ時。それにもかかわらず、日本の『歴史の時計』は逆行しているようだ。(日本は)独島(日本名・竹島)と従軍慰安婦問題、さらに古代史に至るまで、厳然たる歴史的真実を否定し、虚偽で覆っている」と批判した。

 

この報道に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。

「支持率を上げるための出任せだ」


「韓国が駄目な理由はまさに、李完九みたいなやつが首相や大臣、市長、道知事など、高官の座を占めているからだ」


「腐敗・不正(※本人及び次男の兵役逃れの疑惑、税金申告漏れ、報道機関への圧力、土地投機の疑惑など)のかたまりの李完九が何を言っている」

「おまえに日本を批判する資格はない」


「負け犬の遠吠えにしか聞こえない」


「日本に歴史を直視しろと言うが、おまえも自分の過去を直視しろ」

「成完鍾(ソン・ワンジョン)リスト(※資源開発不正に関連し捜査を受け、9日に命を絶った建設会社元会長・成完鍾氏の服のポケットに入っていた政界の実力者8人の名前が書かれたメモ。8人には不正疑惑の目が向けられている)におまえの名前も出ているではないか」


「日本のことを言う前に、いくら受け取ったか言え」


「本当にあつかましいやつだ。普通の人だったら、人前には出られない状況なのに、やはりこいつは普通じゃない」


「あなた自身の将来を直視しなさい」

 

(翻訳・編集/三田)

 

 

広告を非表示にする