日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●村上春樹の名を聞くだけで気分が悪くなる。

こんな「日本が大嫌いな奴」の本が売れること自体が情けない。

                                             f:id:hs34728:20150417114730j:plain

f:id:hs34728:20150420235922j:plain

 

http://www.recordchina.co.jp/a106672.html

村上春樹の「日本は謝り続けるべき」発言が韓国で大反響

2015年4月19日、人民網によると、日本の著名な小説家・村上春樹に、韓国ネットユーザーから移民を勧める声が上がっている。


村上春樹は先日、メディアのインタビューに応じた際、中国、韓国を含む第2次世界大戦の被害国と日本との関係について、

「謝ることは恥ずかしいことではない。細かいことはともかく、日本が他国を侵略したことは事実。歴史認識はとても重要なことであり、日本ははっきりとした謝罪の言葉を述べることが大事だ

とし、

「相手国から『十分に謝ったのだからもういいよ』と言われるまで、謝り続けるしかないのではないか」と指摘した。 


村上春樹は、これまでにもたびたび日本の歴史認識について批判してきた。

 

AFP通信は、戦後70年の“安倍談話”が注目を集める中での村上春樹の発言に、「深い意味がある」と報じている。

 

この発言について、韓国のメディアやネットユーザーの反応は大きく、あるネットユーザーからは村上春樹は日本にいるのはもったいなすぎる。韓国に移民すべきだ」との声まで上がっているという。(翻訳・編集/北田)

 

                                           f:id:hs34728:20150420233725j:plain

 

新潮社は2015年1月15日、村上春樹氏に読者が質問できるサイト「村上さんのところ」を開設した。同サイトでは、15日から31日までの期間限定で、読者が村上氏に質問や相談などができ、読者から寄せられた質問の中から村上氏自身が選んだものに回答している。

 

1月27日、ある女性が同サイトに「最近、安倍首相は女性が輝く社会を!と言っていますが、私は病気のため思うように仕事ができず、諸事情により子どもも産めません。そのためなかなか輝けませんが、女性は輝かないといけないのでしょうか?」と書き込んだ。

 

これに対し、村上春樹は「僕の知り合いの『輝いている』女性たちは、安倍首相に向かって『おまえなんかに、いちいち輝けと言われたくない』と言っています。輝かなくてもいいから、女性が公平に働ける社会があればいいんです」などとコメントしたという。

 

村上春樹の著書は韓国でも人気が高く、この発言に韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「かっこいい!気分がすっきりした」


「村上さんは知っているんだ。安倍首相1人のせいで、日本人全員が悪い印象になってしまっていることを」


「韓国人の人気を得るためのリップサービスだね」

「歴史を否定する安倍首相は、『おまえなんか』と言われてもしょうがない」


「安倍首相なんかが韓国の領土を奪おうとするな」


村上春樹は大好きな作家の1人。安倍首相を批判するなんて…。もっと好きになった!」

「著書も好きだし、人柄や発言はもっと好き。村上さんのように良心を持つ知識人が韓国にも現れないかな?」


「日本人はみんな、村上さんを見習うべき」


「もし朴大統領を批判したら、すぐに逮捕されるだろう。村上氏は日本に生まれてよかったね。日本だから、自由に発言しても活躍し続けられるんだ」

 

(翻訳・編集/堂本)

 

 

 

 

広告を非表示にする