日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●「剣道が剣道でなくなった日」 欠如する武道の精神

http://www.sankei.com/premium/news/150507/prm1505070002-n1.html

そもそも、韓国に日本の道(武道、茶道、華道、書道)を理解するのは、無理な話だ。彼らには、勝つために何をやってもいいと思っているのだから。

                              f:id:hs34728:20150417114730j:plain

2015.5.7 11:00

「礼」無視、「喧嘩」むき出し「韓国剣道」の異様…世界選手権まで1カ月弱、日本は「真の勇気」を示せ

 

 第16回剣道世界選手権の大会ポスターは、人気漫画「SLAM DUNK(スラムダンク)」で知られる井上雄彦氏がデザインした

 

剣道の世界選手権が5月29日、日本武道館で開幕する。武士道・日本の「お家芸」と単純に考えると、足下をすくわれることになるだろう。

 

近年、出場各国のレベルアップは著しく、日本の優勝は確約されていない状況だ。最大のライバルは、今回も隣国・韓国。順当にいけば決勝で韓国と対戦することになるが、日本以上に闘志を前面に押し出してくる韓国にはどれだけ警戒しても十分ということはない。「剣道が剣道でなくなった日」。2012年、イタリアで開催された前回大会決勝の記憶がよみがえる。

 

「敵対心」をむきだしに

 

個人と団体で行われる剣道の世界選手権。最大のクライマックスは男子団体戦にあることは疑う余地がない。「国の威信」がかかった団体戦を制したチームこそが真の王者として認められるからだ。

 

前回大会の決勝は下馬評通り、日本-韓国だった。宿敵同士の対戦にイタリア北部の小都市、ノバラの会場は異様な興奮に包まれた。韓国選手が日本に対して異常なまでの敵対心を燃やしてくるのはサッカーや野球などと変わらない。

 

しかし、剣道が他の競技と違うことは、純然たるスポーツではないという点だ。勝っても負けても、勝ち方や負け方が問われるということだ。

 

アジアの両雄同士の決勝はもつれて、日本が2-1で紙一重の勝利を飾った。大会連覇で面目を保った形になったが、内容的には“問題あり”だった。

 

少年剣道においても、試合後に両者は蹲踞(そんきょ)の姿勢をとって剣先を合わせるのだが、韓国の選手はそれを無視するかのように拒んだり、審判の判定に抗議する素振りを見せたり…。

 

およそ武道の精神から逸脱した不遜(ふそん)な態度や観客席からのブーイングを交えたヤジは、1970年から続く世界大会の歴史の中でも恥ずべき「汚点」といっていい。

 

「礼に始まり礼に終わる」剣道にあって、相手に対する非礼は決して許される行為ではない。「剣道の試合は、互いが『9歩の間合い』で向かい合い、気を合わせて礼をする。

 

その後、開始線まで進み、蹲踞の姿勢を取って、審判の『はじめ!』の合図で始まる。『勝負あり』の宣告後も互いに剣先をはずさず蹲踞し、9歩の間合いまで退いたのち、再び一礼を交わす。この勝ち負けを超えた所作ごとに剣道精神の神髄がある」とある関係者は語る。

 

非は一方的に韓国にあるものの、優勝した日本にとっても後味の悪い戦いを演じた悔いが残った。

 

「特異」な剣道環境の韓国

 

韓国には剣道に似た「コムド」という伝統競技がある。一部の韓国人は「剣道の起源は韓国にある」とかたくなに信じ、ライバル心をむき出しにしてくる。武道の心はそっちのけで、ケンカのような様相になるのだ。

 

剣道の普及では日本に分があり、剣道人口も日本の方が圧倒的に多い。また、韓国の剣道には勝利至上主義が根底にあり、「負けの美学」などという考えは通用しない。

 

「韓国には剣道の“プロ”が存在し、彼らが世界選手権に出場する。日本の場合は、警察官が剣道を優先して稽古できる環境に置かれているが、あくまでも本業は“警察官”。韓国ほど徹底して剣道に打ち込める環境にいる剣士は限られている」(「剣道世界一への戦い」スキージャーナル)

 

欠如する武道の精神

 

史上4度目の記念すべき日本開催だけに、いまから「観るに堪えない前回大会の決勝の再現だけは…」と危惧する声も出ている。試合の価値は両者の「気剣体」が作り出す“結晶”のようなものだ。相手に対するリスペクトがなくては、残念ながら“チャンバラ剣道”に成り下がってしまうだろう。

 

日本代表のメンバーは将来を見据え、10代から30代まで幅広い。代表最年少の山田はこの春、剣道の名門、九州学院から明大に進学した「九州の怪物」といわれる逸材だ。チーム最年長の35歳・内村は4大会連続の出場となるが、年齢的にもこれが「最後の花道」となるだろう。

 

過去15回で日本の男子が団体戦で優勝を逃したのは、台湾で開催された第13回大会(2006年)のわずかに1回。ホスト国となる日本の代表全員が「重圧」を感じるのは当然ではあるが、勝ち負けを超えた本当の勇気を世界に示してほしい。

 

開幕まで1カ月を切ったが、人気漫画「SLAM DUNK(スラムダンク)」で知られる井上雄彦氏が描いた今大会のポスターがファンの間で話題となり、前売り券は一部、完売状態だという。

 

                  f:id:hs34728:20150507205008j:plain

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする