日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●中国と韓国は一生、一緒にいなさい。

日本は自由主義に従うんだよ。嘘つきとは付き合わない。これが国是。

                                           f:id:hs34728:20150417114730j:plain

http://www.recordchina.co.jp/a108586.html

 

「米国の言いなりでは日本に未来ない」中国軍幹部が発言=韓国ネット「中国の言いなりで失敗したのは韓国」「日本も中国も未来がないのは同じ」

配信日時:2015年5月12日 8時54分
 

 

2015年5月11日、韓国・聯合ニュースによると、中国人民解放軍系のシンクタンクである中国国際戦略学会の中国軍幹部が、「中国と米国という新たな関係において、日本が米国に追従しているだけでは、日本の未来はない」と語っていたことが分かった。

発言は5日、自民党高村正彦副総裁ら超党派の訪中団が中国人民解放軍の幹部と会談した際のもの。

中国軍関係者は「先の安倍晋三首相とオバマ米大統領のトップ会談を通じて強化された日米同盟に反対する立場で、日本側に対し、米国と中国のどちらに付くのか二者択一を迫った」という。



これについて、韓国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。

「中国の言いなりなら、未来があるの?」


「中国が外交するのに、米国と二者択一のような言い方をしたらダメだ。政治、軍事、社会、文化、どれを取ってもまだ米国に勝てそうな物は一つもない」


「中国の言いなりでダメになった国がここにあるじゃないか。中国のような国こそ、未来を保障してくれない」

「中国が大きく出たな。日本を脅かすのか」


「日本だろうが中国だろうが、未来がないのは同じ(笑)」


「中国のレベルが分かる。自国のことには口を出すなと言っておいて、他国のことには干渉する」


「なぜ内政干渉するのか理解に苦しむ。中国こそ、中国の言いなりになったらどんな得があるのか言ってみろ」

オバマ政権が終わったら日本も終わり。あと何年もない」


「今、米国と対等にやり合える国といえば中国。その中国も、昔は当てにしていた日本…。結局は、韓国は自分でちゃんと力を付けないと!」


「韓国を助けてくれる唯一の国は米国だ。米国がいなくなったら、韓国は中国にやられるか日本にやられるかのどちらか。自力で耐えられる力はまだない。だから、朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領はああして国力を増強しようと努力したんだ」

 

(翻訳・編集/和氣)

 

 

 

広告を非表示にする