日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●恥も外聞もない恨国。

開いた口が塞がらないとは、この事だ。どの口が云っているのだ。プライドはないのか?経団連よ、勝手に余計な約束はするな。そして、行くのではなく、来てもらえ。

                                         f:id:hs34728:20150417114730j:plain

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150515-00000013-xinhua-cn

韓国財界「TPP加入の際は日本が支援を」・・平昌五輪への協力にも期待、韓国ネットは「誰にお願いしたと?」「ずっと日本の悪口を言ってきたのに…」

FOCUS-ASIA.COM 5月15日(金)5時33分配信

 
韓国財界「TPP加入の際は日本が支援を」・・平昌五輪への協力にも期待、韓国ネットは「誰にお願いしたと?」「ずっと日本の悪口を言ってきたのに…」

 

14日の韓国メディア・毎日経済によると、13日午後にソウルのロッテホテルで開かれた韓日経済人会議で、韓国貿易協会の金仁浩(キム・インホ)会長が環太平洋経済連携協定(TPP)について

「韓国が加入を求めた時には、日本が支援をしてほしい」と要請した。

韓日経済人会議には、日本側から経団連榊原定征会長、日韓経済協会の佐々木幹夫会長(元三菱商事会長)、別所浩郎駐韓大使らが、韓国側からは金仁浩会長のほか、全国経済人連合会の許昌秀(ホ・チャンス)会長や錦湖アシアナグループの朴三求(パク・サムグ)会長、韓日経済協会の金ユン会長(三養ホールディングス会長)、豊山グループの柳津(リュ・ジン)会長ら計約300人が参加した。

日本側からは「両国企業がインフラやエネルギー事業で協力できる成長分野は無限」(佐々木会長)などの発言があったという。

一方、会議終了後の夕食会には、韓進グループ会長の趙亮鎬(チョ・ヤンホ)平昌五輪組織委員長が合流。「平昌五輪のマーケティングに来た」「日本企業と協力可能な部分を見つける」などと述べ、出席者と交流した。

 

 

この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。


「中国包囲網と認識されているTPPに韓国が参加したら、中国は何と考えるだろう?」

「日本に支援してほしい?これまでにずっと日本の悪口を言ってきたのに?笑える」

「いまの状況で日本にお願いできるか?」

「韓国をめぐる経済や安保の環境が急変しているが、政治家は派閥争いに没頭している」

「韓国の外交能力や政策能力にため息が出るだけ」

「TPPでもAIIBでもいいポジションは得られない」

東北アジアの主導権はすでに中国か日本、どちらか」

「ギャグ?誰にお願いしたと?」

「また日本にくっ付いて国を売る気?」

親日派に民族という言葉は通用しない」

(編集 MJ)

 

 

 

 

 

広告を非表示にする