日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●今こそ、脱亜論。1

どうしてこんな普通のことが、韓国では記事になるのだ?もっと自分の国の現状を見ないと国が滅ぶぞ。

                                            f:id:hs34728:20150417114730j:plain

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150523-00000007-rcdc-cn&pos=3

 

米国で知日派学者の勉強会を発足、日本政府の行動に韓国ネットは感心=「韓国人も日本に行ったら親日派になる」「朴大統領も一度参加してみたら?」

Record China 5月23日(土)5時41分配信

 
 

 

2015年5月22日、韓国・聯合ニュースによると、日本政府は日米関係強化への貢献が期待できる「知日派」学者の底辺拡大を目指し、中堅、若手の学者が参加する勉強会を発足させた。


在米日本大使館は21日、アジア関連の研究をする学者をワシントン大使公邸に招待し、初会合を開いた。

日本政府は日本に好意的な専門家チームを拡大させるため、米国はもちろん、東南アジアなどでも人材育成への支援を行っているという。

 


これについて、韓国ネットは以下のようなコメントを寄せている。

「日本は少しずつ、計画的に動いている。日本政府は嫌いだが、なぜか感心してしまう。韓国政府が少しでも見習ってくれたらいいのに

「精密で緻密な計画をこっそりと企て、それを必ず実行する。目の前のことに慌てず、20年、30年後を考える。韓国政府とは次元が違う

「韓国でも、奨学金をもらって日本に留学した人が、帰って来たら親日派になっていたというケースが多い」

「日本政府は頭が良く、レベルが高い。世論に振り回される韓国政府と違って、静かに、正確に、迅速にやるべきことをやる。クラスの模範生を見ているようだ」

「米国がどんどん日本に侵略されていく…」

「そこで何を勉強しているんだろう?日本の戦略を学ぶため、朴大統領も一度参加してみたら?」

 

(翻訳・編集/堂本)

 

 

 

 

 

広告を非表示にする