日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●天に、そして世界にウソをつきまくるからだ。

 

f:id:hs34728:20150611155340j:plain

                                             f:id:hs34728:20150610000515j:plain

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150611-00000005-rcdc-cn&pos=2

平昌では雨乞いも!韓国、MERSの次は124年ぶりの大干ばつ=「MERSよりも深刻!」「歴史から何も学んでいなかった」―韓国ネット

Record China 6月11日(木)2時22分配信

 
 

 

2015年6月10日、韓国のテレビ局SBSによると、韓国政府が中東呼吸器症候群(MERS)の対応に追われる中、首都圏の干ばつも深刻な状態になっている。

首都圏の主な水源である昭陽江ダムの水位が1973年の竣工以来、最低に落ちこんでおり、緊急給水、給水制限が行われている地域もある。

2018年の冬季五輪開催予定地の平昌では9日、雨乞いまで行われた。一部では、朝鮮半島が大干ばつの時期に入ったという分析まで出ている。

釜慶大学環境大気学科のビョン・フェリョン教授の調査によると、干ばつには5つの周期がある。そのうち、一番大きな周期(124年)と2番目に大きな周期(38年)がぶつかるのが今年だ。

ビョン教授は「1910年に大韓帝国が滅亡しているが、それは今から124年前の1882年ごろから始まり1910年ごろに収束した干ばつの影響もあると考えられる」とした。

 


この報道に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。

「水を大事に使うしかないな」


「温暖化の影響じゃないのか?」


「指導者に徳がないから、災害が絶えないね」

「干ばつ、疫病、各種の大惨事…。国が滅びていく」


「MERSよりも深刻な問題だよ」


「過去の歴史から何も学んでいなかったということだ」

「もう何も考えずに、空だけ眺めていたい気分だ」


「この前、ソウルで雨が降っていたが、あの程度じゃダメか?」


「海水淡水化技術を利用しよう」

「国運が終わると出てくる現象だ。歴史的にも国運が尽きた国には、伝染病、不正腐敗、干ばつ、堕落した市民意識。今、韓国が再び立ち上がるには、ヒーローでも出てくるしかない」


「22兆ウォン(約2兆2200億円)も使って4大河川を整備したのに、なぜ干ばつが問題になるんだ?」

 (翻訳・編集/三田)

  

                                    f:id:hs34728:20150420233725j:plain

 

韓国人天才数学少女はウソだった?米大学が否定、韓国ネットは「なぜウソを?」「TVのインタビューまで…」

FOCUS-ASIA.COM 6月11日(木)0時31分配信

 
 

 

韓国・国民日報は10日、世界的な名門で知られる米・ハーバード大とスタンフォード大に同時進学が決まった“韓国人天才数学少女”の話が、事実ではないことが明らかになったと報じた。

大学側は、韓国人少女がもらったという大学合格証が偽造されたものだと明らかにしている。

記事によると、“韓国人天才数学少女”は米国バージニア州のトーマス・ジェファーソン科学技術高校に通う3年生で、ハーバード大とスタンフォード大からそれぞれの学校を2年ずつ通う特別なプログラムに招待されており、マーク・ザッカーバーグからも研究に誘われたということを多くの韓国メディアが4日に報道していた。


だが、ハーバード大は「大学合格証が偽造された」と発表し、スタンフォード大は「合格証を送っていない」と否定している。

 


この記事に対し、韓国のネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

「記者の問題。裏を取らずに、他の記事をそのままマネして書いているから、こんなことが起きた」

「史上初のハーバードとスタンフォード同時入学はウソだったか」

「米国は信用社会。トーマス・ジェファーソン高校を出れば、アイビーリーグに行けるのに、なぜウソをついたんだろう?」

「韓国の水準を見せてくれたみたいで恥ずかしい」

「彼女はテレビのインタビューにも出たのに。それもウソだったのか?」

「病気だよ。名門に執着する韓国の病気」

「韓国の国の品格を落とした」

「米国ではこういうのは大きな問題。大学に行けなくなっちゃう」

「こんなにすぐにばれるウソをなぜ?」

「こんな学歴詐欺に全国民がもてあそばれるほど、韓国は穴だらけ

「本当に天才だったかもしれないが、親が誇張してしまって、人生を棒に振った」

「10代がこんな詐欺を?」

(編集 MJ)

 

 

 

 

 

広告を非表示にする