日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●シャビは、サムライ。

素晴らしいアドバイスだ。シャビはサムライのこころを持っている。

                                          f:id:hs34728:20150610000515j:plain

f:id:hs34728:20150615101458j:plain

シャビがネイマールに残したラストメッセージ 「彼は真剣に考えないと」

Soccer Magazine ZONE web 6月13日(土)23時51分配信

 
 

 

高く評価するからこその厳しい言葉

バルセロナを今季限りで退団したMFシャビ・エルナンデスが、ブラジル代表FWネイマールに対し、身につけなければいけない「一流の流儀」について語った。スペイン地元紙「スポルト」が報じている。

シャビは、ブラジル代表のエースにたびたび苦言を呈してきた。

「彼は真剣にいかに振る舞うべきか考えなければいけない。国王杯のアスレチック・ビルバオ戦での彼のプレーに対する人々の反応も私は理解できる。あれを敬意を欠く行為と受け取る人もいるんだ」

ネイマールは、5月30日の国王杯決勝ビルバオ戦で3-1とリードした終盤、敵陣 でヒールリフトで相手DFをかわそうと試みた。マーカーはネイマールを突き飛ばし、これを食い止めた。そして、このプレーにビルバオ側は激怒。バルセロナルイス・エンリケ監督ですら、ビルバオの怒りに理解を示していた。

シャビは、こう続けている。

「こういうことはブラジルでは受け止められる。でも、スペインではそうではない。彼は尋常ならざる人間で努力家で謙虚だからこそ、反省が必要だ。彼はブラジル人でああいうプレーもショーの一部と考えている。だが、スペインでは敬意の欠如に映るんだ」

才気みなぎらせるセレソンのエースは、まだ23歳。人間として成長の余地を残しているという。

 

バルサの選手としてふさわしい振る舞い
 

バルサ一行はUEFAチャンピ オンズリーグ決勝でユベントスを撃破後、市内をバスで回り、3冠記念パレードを行った。

黒山のサポーターが祝福する中、路上に降りたネイマールダニエウ・アウベスがシャビを下ろそうと引っ張った。これに難色を示したシャビが、ネイマールの顔を何度も突き飛ばすシーンは地元テレビのカメラに収められていた。

シャビは新天地、カタールアル・サッド入団発表会見の場でこの一幕について質問を受けると、諭すように語っていた。

「彼らは私のブーツを脱がそうとしていた。バスに乗っているのに押してきた。“バカなことは止めるんだ”と言った。このパレードはファンみんなのためのものだった。ビールを3、4杯飲むのは構わないが、パレードはファンのため。感謝の気持ちを示すためのものだ。大騒ぎするためのものではない」

バルサ一筋のレジェンドはチームを去った。厳しくも温かいシャビの言葉ネイマールの胸にどう響いたのだろうか。

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

 

 

zasshi.news.yahoo.co.jp

 

 

広告を非表示にする