日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●やっぱり、日本がいいわ。54

日本は9位に

        f:id:hs34728:20150610000515j:plain

2015年6月29日、韓国・ニューシスによると、韓国の観光競争力は世界29位で、9位の日本や17位の中国に比べて大きく劣っていることが分かった。

韓国文化観光研究院が同日発表した報告書「日中韓観光競争力比較分析―WEF2015観光競争力指数を中心に」によると、韓国の観光競争力は2013年よりも四つ順位を落として29位となった。

一方、日本は13年の14位から9位、中国は45位から17位に順位を上げた。



日本は豊かな環境造成分野、観光政策および基盤造成分野、インフラ分野で、中国は自然および文化資源分野で最も競争力の高い国家との評価を受けた。

また、報告書は「韓国の観光競争力を強化するためには、宿泊環境の改善、ブランディングおよびマーケティングの強化、観光統計資料の体系的な管理など、観光事業の脆弱項目に対する積極的な対応が必要」と指摘した。

 

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「さすが日本!」


「日本の順位は認める。日本は本当にきれいで清潔。ソウルに行ってみろ。どこにでもつばを吐き、煙草の吸い殻を捨てる。あまりに汚くて、ここは中国かと思ってしまうほど。観光資源の問題ではなく、まずは町をきれいにする努力をするべき」

「外国人観光客の立場に立って考えると、よほどの旅行マニアでない限り、当然韓国よりも日本や中国を選ぶだろう。韓国は今あるコンテンツを生かせず、規制ばかりする国だ」


「その国でしか感じられない、独特なイメージが韓国にはない。世界的にイメージが確立されている日本と中国の間で、韓国のイメージは曖昧なものになっている。韓国特有のイメージを見つけ、それを広報していくことが最優先だ」

「中国はこれからインフラを整備していけばもっと順位が上昇するだろう」


「韓国は文化財を管理するのが苦手だし、国民が優しくて親切なわけでもない。観光分野は韓国人が最も改善しなければならない点だ」

「韓国が29位?下から29番目なら信じられるが…。韓国のイメージはMERS、ぼったくり、整形天国。ビリじゃないことが不思議!


「韓国には伝統的な建物が少ない。今後はショッピングや食べ物をアピールしていくしかない!」

 

(翻訳・編集/堂本)

 

www.recordchina.co.jp

 

広告を非表示にする