日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●中国人が日本へ移住したがる、11の理由とは

つばを吐く人と反日国家の人はお断りである。誉めてくれるのは嬉しいが、しかし来ないでくれ、頼むから。

                                          f:id:hs34728:20150610000515j:plain

中国捜狐は1日、中国人が日本へ移住したがる11の理由を紹介する記事を掲載した。

【その1】清潔である
日本へ行って一番感じるのは清潔さ。大都市の大通りのみならず、小さな街の路地さえとてもきれいなのだ。

【その2】交通が便利である
日本では多くの人が自家用車ではなく、絶対的に時間に正確な電車や地下鉄に乗って通勤する。まるでバスのように利用できる鉄道網が発展しており、地下鉄やバスとの乗り換えも非常に便利。

【その3】静かである
朝の地下鉄は、洪水のような人の波とは対照的に静か。誰もしゃべらず、大声で通話する人もいない。革靴の音が聞こえるだけだ。

【その4】幼児教育を特に重視している
人格形成の時期として3歳ごろまでの教育を大切にしており、多くの母親がこの期間専業主婦となって子育てをする。また、過保護にせず薄着をさせることで抵抗力や自然治癒能力を高める。

【その5】仕事に対する意識が高い
デパートのエレベーター係は1日に2500回お辞儀をするとか。こんなことができるのは、長年かけて培われてきたプロ意識の賜物だ。

【その6】先進的な医療技術がある
日本はがん治療の最先進国。世界最高レベルの早期がん検診を実施しており、300種類のがんを発見することができる。CTやMRIなどといった先進医療機器の人口当たり台数も、世界最高レベルだ。

【その7】中国から近く、帰るのに便利

【その8】漢字を使っているから意思疎通しやすい

【その9】社会福祉制度が充実している

【その10】法律が整備されており、治安の良さがアジアトップクラス

【その11】アニメなどの文化産業が世界に普及している

(編集翻訳 城山俊樹)

 

 

news.livedoor.com

 

広告を非表示にする