日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●宮崎産、正気を失ってるみたいだね?

事実に対しては反省は必要だが、歪曲された歴史には謝る必要なし。宮崎産、もっと正しい歴史を学べよ。あんたは、とても左に寄り過ぎている、非常に危険だ。

                                 f:id:hs34728:20150610000515j:plain

f:id:hs34728:20150714164551j:plain

宮崎駿監督「侵略の歴史への反省、忘れてはならない」 インタビュー内容を中国メディア報じる

FOCUS-ASIA.COM 7月14日(火)12時29分配信

 
 

 

中国新聞網は13日、アニメ映画監督の宮崎駿氏が東京都内で同日、同メディアなどのインタビューに応じ、「日本は過去に中国を侵略した歴史を反省し、これを忘れてはならない」と語ったと報じた。

報道によると、インタビューで宮崎監督は「戦争に対する責任というものがあいまいになってきていると思う。やってはいけないことはやってはいけないと、はっきり認識するべきだ。

自国の利益のために侵略戦争をすることは、どのような理由を付けても、どのように美化しても、絶対にいけない。侵略は許さないという原則は必ず守る必要がある」と語った。

また安倍晋三首相が8月に発表する戦後70周年談話の内容については、「あの侵略戦争は完全に間違ったことであり、中国の人々に大きな損失と傷を与えたことを深く反省するという意思を明確に示すべきだ。戦争の歴史を絶対に忘れてはいけない」と強調した。

(編集翻訳 恩田有紀)

 

 

headlines.yahoo.co.jp

 

広告を非表示にする