日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●言うべきこを毅然と表明しこそ、独立国家の姿勢だ。悪に絶対に妥協はしないぞ。

こういうことに、民主党共産党も何も言わない。朝日や毎日の新聞やマスコミも取り上げない。まるで、安保反対陣営は中国に遠慮しているかのようだ。

                                         f:id:hs34728:20150610000515j:plain

f:id:hs34728:20150722233232j:plain

中国の東シナ海ガス田開発施設が7年で3倍に、軍事基地化への懸念も=中国ネット「中国は日米に遠慮などしない」「次は日本海で採掘だ」

2015年7月16日、環球時報によると、日本の外務省の消息筋は15日、日本の安全保障に対する脅威になり得るとの懸念から、中国に対してガス田開発施設に関する情報を日本に開示するよう圧力をかける考えだと明かした。

 

日本と中国は08年に東シナ海のガス田を共同開発することで合意したが、その後中国の単独開発するガス田施設は4カ所から12カ所と3倍にまで拡大している。


中国の開発施設にはヘリコプターの発着設備があり、これにレーダーなどの軍事設備が配備されれば、恒久的な軍事基地に使われる恐れもある。そうなれば、中国はこれまで以上に自衛隊の同地域における活動を監視しやすくなると、中谷元・防衛相は話している。

現時点では、日本は中国に抗議を申し入れているだけで、施設に関する情報を収集している段階だが、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は7日、「施設の建設は中国の管轄する海域で行われており、日本からの抗議は道理に合わず、要求は受け入れられない」としている。



この報道に、中国のネットユーザーから多くのコメントが寄せられている。

「ガス田はガス田。あれこれ考えすぎだ」


「20倍に増やすべき」


「何倍に増えても関係ないだろう」


「驚くようなことか。中国の発展に必要だというだけ。東シナ海が終わったら日本海で採掘だ」

「軍事化しようがすまいが、それはこちらの話だ。首を突っ込むな」


「それはそうと、ガス田開発施設にレーダーや軍事設備を設けるというのはいい案だ」


「敗戦国がもう二度と中国に盾突かないよう、沖縄に中国軍を駐留させるべき」


「フィリピンやベトナムは子どもだが、中国は大人だ。子どもとは視点が異なる。日米は大人だ。だから中国は遠慮などしない」

 

(翻訳・編集/岡田)

 

www.recordchina.co.jp

 

広告を非表示にする