日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●日本のいずも型護衛艦2番艦、8月27日進水。でも護衛艦ですから、安心して下さい。

f:id:hs34728:20150729163515j:plain

                                                 f:id:hs34728:20150610000515j:plain

日本のいずも型護衛艦、2番艦もほぼ完成・・報道に中国ネット民「もう2番艦できたの!?」「中国の空母はどこにいった?」

FOCUS-ASIA.COM 7月29日(水)0時4分配信

 
 

 

中国紙・環球時報が27日、海外サイトからの情報として、日本の造船会社、ジャパン・マリンユナイテッド(JMU)の造船所で進む海上自衛隊の「いずも」型ヘリコプター搭載護衛艦(DDH)2番艦の建造状況について伝えた。

記事では造船作業中とみられる写真を掲載し、「この大型の水上作戦用艦船はすでにほぼ完成しているとみられ、もうじき進水するだろう」と指摘した。



このニュースは中国のインターネット上で話題になり、中国のネットユーザーたちが続々とコメントを残した。一部を拾ってみる。

「日本のこのスピードは、戦争に向けた準備だから。中国と日本との戦争は避けられない。中国は準備できているのか?」


「遅かれ早かれ戦争になる。中国は国防に力を入れて国を守り、もう弱者にはならないことだ」

「敗戦国なのに空母建造? アメリカはそのうち後悔するぞ」

「ぶん殴りたい民族だ」

「専門家は、国の指導者に国としての意思をどう示すかをアドバイスすべきだ」

「愚かな島国め」

「沈めてしまえ。日本を徹底的に打ち負かし、降伏させなければ」


「日本の便座や車を買ったイヌどもが払ったカネで造ったヤツな」

「“準空母”数隻で何が言える? あと5年すれば中国海軍が必ず日本を越える」


「がんばって追い付け! 中国みたいな大国が造船で日本に負けるわけにはいかない」

「友達と話ししてると、みんな『生きているうちに中国が戦争で日本に勝って、地図を塗り替えるのを見たい!』って言う。オレの周りには日本車乗ってるヤツは誰もいないぞ」

「戦略上は日本を軽く見ていいが、戦術上はダメだ。アメリカは日本の技術まで潰さなかったから、造船もそこそこいける。中国はいつでも応戦でき るように準備する必要があるし、この敵国にいつも注目しておかなければ!」

「日本の造船技術、スゴすぎるだろ! もう2番艦できたのか。中国の空母はどこにいった?」

「日本を嫌ってもいいが、見くびってはいけない」

(編集翻訳 恩田有紀)

 

headlines.yahoo.co.jp

広告を非表示にする