日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●真実の歴史を学べば、今とは違う未来が待っているよ。嘘の教育は、止めなさい。

反日無罪の国が、一体、どうしたんだ?

                                      f:id:hs34728:20150610000515j:plain

015年8月2日、韓国・ソウル新聞はこのほど、韓国の20~30代の若者の間で、韓国や自国民族を嫌悪したり卑下したりする造語が急速に広まっていると伝えた。


韓国のソーシャルネットワークサービス(SNS)上では、

「ヘル朝鮮(地獄のような韓国)」、

「マンハン(滅びた)民国」、

「ケ(否定的な意味を持つ)韓民国」

などの新語が最近頻発している。かつて日本人が韓国人を卑下して呼んだ「朝鮮人」の語も再び使われ始めた。

 

「ヘル朝鮮」と題したサイトも開設され、過剰な労働時間や生活の質の低さなど、若者たちが置かれたつらい現実について意見交換されている。

 

昨年のセウォル号の惨事に始まり、相次いで起こった災難や就職難による社会への不安や疲労感が、「韓国人は何をやっても駄目だ」といった国民性の卑下につながっているようだ。

こうした現象について、社会変革のための積極的な動きを起こさず、嫌悪・卑下にとどまっている今どきの若者の限界を示しているという厳しい指摘もある。

 

啓明大学のイム・ウンテク社会学科教授は、「若者たちがもっと希望を持って、われわれの社会の将来ビジョンを発掘する努力をしてほしい」と語った。

 

 

これについて、韓国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。

「旧世代が若者世代の苦痛を無視するばかりか、ばかにしてるみたいだ」


「国がこんな状態で、こういう造語が出ないわけがない」

 

「それだけ生活に余裕がなくなったんだ」


「問題提起自体を問題だと言ったら、結局問題児が作られる。やっぱりヘル朝鮮だ」

「そういう言葉は好きではないけど、今の国の状態はまさに『地獄』。国民もちゃんとできてるとは思わないけど、上の人たちにも庶民の体験をさせるといい」


北朝鮮に生まれなかったことは本当に良かったと思っていたけど、最近は韓国に生まれたことも大して幸せじゃないと思うようになった」


「日本人に生まれたかった」

「そもそも、国の未来が見えない」


「こうした造語をなぜ若者だけが使ってると決めつけるんだ?世代間の問題にしないで、今の韓国が本当に住みやすい国なのか考えてみて」


「韓国は10年前の日本だと言われるけど、少なくとも日本は世界2位の経済大国だった。韓国には日本の問題点だけあって、日本の長所はない」


「歴史問題以外では、韓国は日本の悪口を言う資格がない」

 

(翻訳・編集/和氣)

 

www.recordchina.co.jp

 

 

広告を非表示にする