日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●いずも二番艦2015年8月27日(木)14時15分 進水予定、とても楽しみだ。

f:id:hs34728:20150729163515j:plain

                                                       f:id:hs34728:20150610000515j:plain

日本で2隻目のいずも型護衛艦がまもなく完成・・「日本人は造るって言ったら簡単に造る」「“爆買い”で落とした金が…」―中国ネット

中国・新華社は27日、日本で2隻目のいずも型(ヘリコプター搭載型)護衛艦「24DDH」の建造が進み、艦体の大部分が完成したと報じた。残すは上部の甲板の設置のみだという。1隻目のいずも型護衛艦はこれまでに数回、航海テストをしており、間もなく就役する見通しとされる。

「24DDH」については中国版ツイッターの「微博」で新浪軍事も、「まもなく完成し、今年8月には進水式が行われる予定。1隻目も来月、予定通りに引き渡される」と伝えた。

この微博上の情報に中国のインターネット・ユーザーたちが注目し、次々とコメントを寄せた。一部を拾ってみる。

「中国人観光客が落した金が建設資金に・・・」


「敗戦国が“空母”持っていいのか?」


「中国の巡洋艦は質でも数でも実力でも、日本に及ばない。釣魚島(日本語名称:尖閣諸島)が取り戻せないのも当たり前だ」

「中国の空母はどうした?」


「軍備競争っていうよりも、戦争の準備だな」

「日本に対して戦争の準備をしておかなければ、“歴史の教訓”を思い知ることになる」


「日本軍国主義が復活」

「日本人は造るって言ったら簡単に造る。羨ましい!とりあえず中国は温水洗浄便座をちゃんと造ることからだ」


「建造、速いなぁ!便座だけじゃないんだ」

「(中国の)東風21Dミサイル一発で撃沈だ!」

(編集翻訳 恩田有紀)

 

www.focus-asia.com

 

 

広告を非表示にする