日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●審議の時間が足りないと言った民主党の中身はこんなもの。解党しろ。

この元外国人め、日本での破壊工作を止めろ。おまえは、日本から出て行け。

f:id:hs34728:20150217123138j:plain

                                   f:id:hs34728:20150610000515j:plain

 

原発再稼働は核保有のため? 民主・白、トンデモ質問連発

産経新聞 8月5日(水)17時35分配信

原発再稼働をする安倍晋三政権は核抑止力を持ちたいのか」。民主党白真勲は5日の参院平和安全法制特別委員会でこう質問し、原発再稼働と核開発を強引に関連づけた。

白は安全保障関連法案に関連し、自衛隊の海外派遣に際して武器・弾薬の輸送を民間会社に任せるべきだとも主張するなど、“トンデモ質問”を連発した。

白は質問で「毎日暑い中、電力不足との言葉を聞かない。だが、政府は原発を再稼働しようとしている」と指摘。

 

再稼働は民主党も原則容認しているが、それを無視した上で安倍政権はわが国独自の核抑止力を持ちたいのか」と脈絡もなく続け、原発再稼働が日本の核開発のためと受け取れるような主張を展開した。

白はまた、法案で後方支援を行う地域を「現に戦闘行為が行われていない場所」としていることを挙げ、武器・弾薬について「危なくないところで運ぶなら、自衛隊が行かなくていい。民間会社が行けばいい」と提案した。

さらに、政府が集団的自衛権の行使で想定している中東・ホルムズ海峡の機雷掃海に関し、6月に行われた日・イラン外務当局の局長級協議で「イランが抗議と遺憾の意を伝えた」と主張した。

 

外務省は即座に否定したが、白は情報源を明かさずに「私は抗議と遺憾の意が伝えられたと聞いた」と一方的な見解を披露。その上で、日本とイランが長年の友好国だとして、「向こうが戦争する気がないのに、こちらがけんかを仕掛けているとなったら大変なことだ。安倍内閣は先人たちの友好関係をぶち壊していることになる」と訴えた。

白の矛先は官僚にも向けられた。中谷元防衛相の答弁を補佐した秘書官に対し「後ろからペラペラしゃべらないでほしい」と批判した。

民主党政権でまともな答弁ができなかった田中直紀防衛相が複数の官僚や同僚から指示を仰ぎ、その様子から「二人羽織」「千手観音」と酷評されたことは忘れたようだ。

白は、安保関連法案で核弾頭の輸送が法文上は排除されていないことを声高に批判した。白の後に質問に立った藤末建三も「法律に書いていなければ輸送できるではないか」と述べ、政府を批判した。

藤末は「この法文上、核兵器も提供できるわけですね。日本が持つとしたら」とも訴えた。日本の核保有を前提とする飛躍した質問に対し、中谷氏は「わが国は(核兵器を)保有していないので提供できない。あり得ない」と当たり前の答弁をしても藤末は納得していない様子。

 

ついに「明確にいろいろな疑念を捨てるため、条文を変えなければいけない」と述べ、核兵器などの輸送を禁じるよう法案の修正を提案した。ただ、すぐに野党議員から「まず廃案だろ」との声が上がり、藤末はあわてて「まず廃案だ。こんなもの」と主張した。

  

   

広告を非表示にする