日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●「あなたの国が戦争に巻き込まれたら進んで戦うか」との質問に「はい」と答えた人の割合は、日本が10%で最も低く、中国は71%だった。

f:id:hs34728:20150807120815j:plain

                                              f:id:hs34728:20150610000515j:plain

「国のために進んで戦う」日本人10%、中国人71%

2015年3月18日、各国の世論調査機関が加盟する「WIN-ギャラップ・インターナショナル」は、自国のために戦う意思があるかどうかについて、64カ国・地域で実施した世論調査の結果を発表した。中国新聞社が伝えた。


「あなたの国が戦争に巻き込まれたら進んで戦うか」との質問に「はい」と答えた人の割合は、日本が10%で最も低く、中国は71%だった。

 



この話題について、中国のネットユーザーが多数のコメントを残している。

「最近の日本は軍国主義傾向が強いと中国でよく報道されるが、この結果を見るとどちらが軍国主義か分からなくなってきた」

「一般に、口で言うのと実際に行動するのは正反対さ」


「71%は口だけ」

「国のために進んで戦う人が71%もいて、なぜ政治家や官僚の汚職に反発しない?」

「国民の7割が国ために戦う意思があっても無意味。政治家や軍にその意思がないのだから」

「日本人は国のために戦いたくないのではなく、戦争そのものを望んでいないということだろ」

 

(翻訳・編集/柳川)

 

www.recordchina.co.jp

 

広告を非表示にする