日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●日本人は、ウソが嫌いなのだ。素晴らしい事は素直に、褒めるのだ。当たり前。

凄いものは凄い。ただそれだけだ。

                                         f:id:hs34728:20150610000515j:plain

中国選手が金メダルを獲得したレースでの、「日本の実況」が大反響!=中国ネット「韓国の実況と全然違う!」「もし中国でこんな実況したら…」

 

Record China 8月8日(土)1時37分配信

 
 

 

2015年8月7日、ロシア・カザンで開催された世界水泳男子100メートル自由形で、中国の寧澤濤(ニン・ザータオ)が金メダルに輝いたことを受け、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で仁川アジア大会の同種目の日本の実況が話題になっている。


同大会を放送したTBSの実況は、レース終盤にリードした寧澤濤の名前を連呼し、トップでゴールすると「寧澤濤ー!!」と絶叫している。この放送に中国語の字幕が付いた動画が話題になっており、微博の検索ワードランキングで「寧澤濤、日本解説」が1位になっている。ネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「韓国の実況と全然違う!」


「日本は中国への賛辞を惜しまない。この点は韓国とは本当に大きく違う」


「日本は強者を尊重する。韓国はひがむだけ」


「日本は客観的だな。韓国は本当に偉そう」

「中国が派遣した実況じゃなくて?」


「我が国の実況は、これに比べるとひどく偏ってるね」


「見たけど、俺が言いたいのは、日本の実況は素晴らしいってことだけ」

「もし中国でこんな実況したら、愛国心がないと批判されるね」


「見てたら笑えてきた。振り返って、ここ数年、中国人は日本人に対して偏見を持ち過ぎ。日本の実況は客観的だ」


「昔のことがなければ日本が大好きだよ」

 

(翻訳・編集/北田)

 

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150808-00000002-rcdc-cn&pos=4

広告を非表示にする