日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●特亜を反面教師にしよう。

特亜人と日本人の違い

                                     f:id:hs34728:20150610000515j:plain

2015年8月7日、韓国・東亜日報は、韓国では公共の場所などで他人に迷惑を掛けても謝らない人が多く、公共マナー教育が浸透していない、との外国人らの指摘について報じた。

韓国に住んで10年以上になる米国人男性は、「地下鉄などで誤って他人の足を踏んでしまっても、日本と違って、謝る韓国人はほとんどいない」と言う。ま

 

た、韓国の国内線に乗った米国人記者は、着陸後、ベルト着用サインがまだ点灯しているのに人を押しのけて行く韓国の中年女性を目にした。

 

押しのけられた外国人は、「なぜ『ごめんなさい』の一言が出ないのか」と首をかしげたという。

一方、ある韓国系米国人がソウルのレストランで目にした日本人夫婦は、泣き出した幼い娘をなだめた後、周りの人に頭を下げ、「うるさくしてすみません」と謝ったという。

 

これらの証言をした外国人たちは、公共マナーに反する韓国人の行動に、たびたび残念な気持ちになる、と口をそろえた。

 


これについて、韓国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。

「日本人は人とぶつかったときに『すみません』が口から出るが、韓国人はぶつかって振り返ると『ふざけるな』と出てしまう」


「韓国社会は狂ってる。厳しい競争のために、他人のことは無視するのが実情だ。勉強よりも大切なことが何なのか、真剣に考えるべきだ」


「満員電車から降りるときも、ただ押すのではなく『降ります』と一言あれば、みんなよけてくれるよ」

「日本に住んでたときに『すみません』が染み付いたので、韓国に戻っても言ってたけど、逆に『何かすまないことをしたのか』という目で見られて、言わなくなってしまった」


「ごめんなさいと素直に言うと、相手がかもだと思って偉そうにして来るからだよ」


「韓国で『ごめんなさい』と言う人は、本当に謝るべきことが多いばかだと思われる。それでも『ごめんなさい』を繰り返す私は、確かにばかだ!」

「現実は認めるべき。海外で韓国人が中国人と同様に無視されて、日本人が歓迎されるのはこれが理由だ。経済規模の大きい国が先進国ではない」


「韓国人に謝罪の言葉を期待するな。自分の間違いを棚に上げて、先に怒るのが韓国人だ」


「韓国は民族性からしてごみ。やることなすこと全部未開だ。西洋の先進国や日本とは比べ物にならない」

 

(翻訳・編集/和氣)

 

www.recordchina.co.jp

 

 

 

広告を非表示にする