日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●韓国人の日本への好感度はたったの13%だと。

日本は、アジアでは最も評価されていると結果がでているが。韓国は?

f:id:hs34728:20150814084059j:plain

f:id:hs34728:20150814084301j:plain

f:id:hs34728:20150814085511j:plain

f:id:hs34728:20150814101511j:plain

f:id:hs34728:20150814101850j:plain

                                             f:id:hs34728:20150331172721j:plain

韓国人の日本への好感度はたったの13%、10年前の半分に=韓国ネット「公正な調査をしたの?」「韓国には日本を嫌わなければならない雰囲気が…」

 

2015年8月10日、韓国・朝鮮日報によると、韓国人の日本に対する好感度が10年前と比べて約半分に下がっていることが分かった。


ソウル大学アジア研究所と同紙がこのほど合同で行った世論調査の結果によると、日本に「好感を持っている」と答えた割合は13%で、05年(26.8%)の約半分に下がった。一方、「反感を持っている」と答えた割合は55.40%で、05年(43.7%)より上昇した。

今回の調査で、世界の大国のうち好感度が上がった国は米国のみ。10年前の53.7%から54.2%に上昇した。逆に中国に対する好感度は10年前の39.3%から23.1%まで下がった。

また、韓国国民は「朝鮮半島の統一問題で、日本は何の助けにもならない」と考えていることも分かった。「日本は朝鮮半島の安定性を脅かす」と考える人は53.9%に達し、中国(42.1%)やロシア(37.9%)よりも高かった。

 

「どこの国が朝鮮半島の安定性を助けるか」との問いに対しては、米国が最も多く51.5%。次いで中国(19.5%)、ロシア(10.6%)、日本(9.2%)の順だった。

 



これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「日本は好感を持てる部分が一つもない。ひきょうな国というイメージしかないから」


「日本の右翼化と韓国領土に対する挑発、歴史歪曲(わいきょく)が原因」

「好感を持っている人が13%もいることに驚き」


「日本人も嫌いだけど、13%の親日派がもっと嫌い!」

「韓国には『日本に反感を持っている』と言わなければならない雰囲気が流れている。嫌いではないが好きでもないという人も実際は多いのでは?」


「今の日本を好きだという人の気が知れない。韓国内の親日派を消し去ることは不可能なの?」

「どうせ日本人も韓国を嫌っている」


「なぜ好感度が上がったのが米国だけなの?公正な調査をしたのか疑問だ」

 

(翻訳・編集/堂本)

 

 

www.recordchina.co.jp

 

広告を非表示にする